斎藤一人の手相・人相

ひとりさん

―― 今日は何かといいますと、ひとりさんの公演ということなんだけど、実は今日だけで終わりかもしれないね。後は個別に来てください。

―― で、簡単に言うと、ひとり先生っていうのは私たちの仕事の師匠なんですけれども、元々は精神的とか不思議なこととか魂的なことのお師匠さんで、仕事をする前からそういうのをずっと教わってきたんです。

―― それで、そういうことを皆さんに教えているんですけれども、今回何とですね、ひとり先生が実は人相とか手相とかを見れるんですよね。
その手相がパシパシ当たっちゃうんですけれども、本日皆さんに伝授します。
1時間で皆さんがお客様の手相を見れるまでひとりさんが教えていただける。

―― で、もうすでにやってる人もいるんですけれども、もうばしばし当たってて喜ばれてて、せっかくね今日皆さん着たんですからね、魅力をつけて帰ってもらいたい。

―― それで、たちまち喜ばれるのって大好きなのね、まず自分の手相を聞いてもらいたい人!

―― ぜひ、覚えたい人! で、覚えたら人にやってあげたい人!

―― 言いましたね!

―― じゃあ今日真剣に聞いてください、最初で最後ですからね。

―― それで、覚えて帰ったらひとりさんにね、お客さんの手相を見たら喜ばれましたよって報告をください。そういうことで、本当に当たりますので皆さん楽しみにしていてください。

これはね今まで教えたことがないんですよ。
私のじゅうにのころにちょこっと教えたということで、性格のこと、人の話。

特に弟子さんとか、すぐ仕事始めちゃいましたから、ああいうことってやらないほうがいいよ家族でさえ怪しんでるんですよね。

―― あの、どれ位すごいかって言う話を何個かしたいんですけれども、本当にひとりさんが手相を見れるって言うのはほんの一部です。波動も見るし、それから浄霊っていって、誰かにとり付いたものとか見れるし、見方も教えてくれるし、それから成仏しない人を成仏させることも出来るし、でもそういうのをずっと見てきたんだよね。

―― あれも目の前で見たことありますし、おかしくなちゃった人を、そーっと波動を送ってあるてぃえるにしちゃったっていうのを散々見てるんで、殺生も見れるし、とにかくみんなが知らないひとりさんのすごいとこっていっぱいあるのね。

―― 私はそういうもう皆に教えたいなと思って、実はそういう怪しい本を書こうと思っています。

―― 興味があって読みたいなって人?
っていうのが、怪しい感じがしてひとりさんにとっていい事はないんじゃないかってあるんですけど、でも本当なんだからしょうがなくって、いつもそういうわけじゃないんですけど、一部なんですけども皆に教えていこうって思います。

これからはなえちゃんが本を書いてくれるっていうことで、もう決まってるんですけれども私は反対してたんです。
怪しまれてる。

こちらは真面目に商売してるんで、商売ってあんまり新しいことしなくたってすることすればいいんですけれども、あんまり新しいことやると怪しいことしてんじゃんねえかって思われるってことなんですけども、手相や人相ぐらいはいいだろうという風に止められないんです。

で、マネージャーからその本の内容を見せてもらったら、多分いろんな人がやったことが一冊の本にまとめられててズルしてる風に思われているんだよ。
俺が見てても怪しいなって。

でも、まぁはなえちゃん曰く好きな人がたくさん読めばいいのでやな奴はそいつがいなくなればいいんだ。
うちはそういう話をして一人その人がいるから話せないだったら、それ嫌だったらその次頑張ってもらおう。
ということで、はなえさんはやるらしいんですよね。

 

手相の見方を教えます

 

で、今は本当に怪しい話でもなんでもないですよ。
大体、1時間あると手相人相が誰にできるようになります。
それでなおかつ、10年以上やってた人より分かります。

で、これは教えれば必ずそうなります。
で、今現在それをやってる人がいるんですけども、その人は本当に自分ではあんまり喋れない人なんですけども、「やったぁあんまり当たるんで、驚いた」って電話がかかってきたということで、おもしろいでしょだって、誰でも出来るから安心しててくれる。

今ビデオを撮ってて、このビデオを一発で済まして、終わりにしちゃおう。

まずですね、今から手相を見るんですよ、教えます。

ものすごい簡単なことなんですけども、まず基本的に手相に悪いものはないんです。
その人は悪い手相を持っているとか、いい手相をしているとかは、まず基本的にないんです。

なぜかっていうと、個性を表しているからです。
あなたの個性はこういう個性ですよって言ってるだけですから、いいとか悪いとかは基本的にないんです。
それを上手に利用した人が成功者になって、うまく使えなかった人が悪くなるっていうことです。
分かりますか?

だから別に私のお弟子さんになる人なんて何人もいるんですけども、別に誰が来ても意味があるんです。
顔を見てもこの人いもせいだなって、地に返してあげればいいなっていうことだけだから、基本的に悪い相はないんです。

じゃあだめな物は何かって言うと、神様が作った作品でだめなものはないんです。

ただ同じ車でもスポーツカーとダンプカーだと使い道が違うんです。
だからここぞってなったときに、ダンプカーを使うのに飛ばしちゃう人もいるよね。
スポーツカーなのに荷物の問題でデカイから、大概はそんなものだから、使い道ってこういうもんだなって分かればいいんじゃないかなってことなんです。

で、まず紙配ってるよな?
で、そう考えてこたえた時と、そういう人相があった後のように。

はーい、いいですか?

まず、覚えようとしなくていいからね。
簡単なことですからね。

まず、見てください、怪しいやつ。奇想天外。
まずこれをちょっと見てください。

それで、手相を見てあげようかという前に人間はまず顔を見るんです。

分かるかい?
ぱっと顔を見たときに、鼻から下を見て、豊かそうだなとか貧しそうだなって言うのがすぐに分かるんです。
何か信じてなさそうだな、分かるんです。
僕が豊かだなって言うと、子どもの時に大事に育てられたんだろうとかね、それが分かるんです。

で、口が入っているから、口よりを見るんです。
口を見たときに口がでかいのは生活力がある。
口が小さいのは生活力がない。

分かりますか?
男も女も同じだよ。

昔はほら男性上位の時代だから、口が小さい女は受けてたの。
ところが今の時代になってくると女が社会進出してくると、口のでかい、ジュリアロバーツとかね。
今井美紀とか口のでかい。
今井美紀さんって言うのは口がでかいから生活力があって言いたいこというんですけども、女らしい振りしてるってことなの。
性格に平等とか無理があるの。

だから中年期って言うのがあるの、顔を見たときに何を見るかっていうと、ここがでかばったときに、ああ中年期前にある、ついでに鼻がある。
鼻に力があるんだよ、例えば鼻に力・・・。

 

ありがとうを言おう

 

で、本当に修行って何ですかっていうと、うまくいかないことをかえりみるの。
これが本当の修行なんだよ。
みんながやってるのは修行じゃなくて我慢なんだよ、我慢と修行ってえらい違いがあるんだよ。

分かるまで、ちょっとねお時間がかかるんです。
だから、我慢したっていいことが一つもないの。
不安しか生まれないんだよ。

あのね、不思議なことやるんだけども、トランプをこうやって並べて、ハートの1がどれだろうってジーっと考えてこれですって言う人がいるんだけども、ねっくねっていうのは早くやるの。
ねっくねって分かるかな。
くだらないことやってろってことじゃないの。
時間の無駄なの。

で、スプーン曲げの時に、曲げるなっている人がいて、大切なものだから大切にするの。
まずスプーン曲げたり壊したりしないの。
で、手品とかしてるやつに関心とかしちゃだめなの。
スプーン壊しても、えらくもなんともないの。

使えるものは大切に使うの。

で、めくれば簡単に分かることを考えてるのは馬鹿なの。
ああいうものに感心するようになったら終わりだよ。

で、修行するってことは我慢することじゃないの。
だめなものはダメだよっていうの。

男の人と付き合って、その男のひとが何かすごくね豪放で感謝をしない。
感謝をしない人間って、私は感謝しないぐらいのやつだと認識するの。
ドライヤーを取って、はいって取ってあげるの。

ありがとう。
これが当たり前なんですよ。

ドライヤーとってって、ドライヤーが出てくるわけないの。
この人のおかげで、でてきたってあるはずがないっていうから、ありがたいって言えば、あるはずがないって言ってるの。
あたしがいなきゃドライヤーでてこないよって、それをありがとうっていえないってどういう贅沢なんだ。

みんなが大切にしてるの。
親に甘やかされているの。
てめえみたいに馬鹿になったら、親もよっぽど馬鹿なの。
これをいえなきゃダメなんだよ。

何もいえないようなやつと、仲間らと一緒にいることはいけないの。
修行っていうのは、ありがとうって言うのが修行なんだよ。
分かるかい?

それを我慢してたらいつか直る、いつか直るわけないの、頭の10%叩けば直るの。
あほだからそういうことして、言ったんじゃわかんないようなやつに言わないで分かるわけないの。

こういう言うのが修行なんだよ。
分かるかい?
いつか分かってくれる、いつか分からないような奴は、最初から分かれよ。

言えば分かるんだよ。
言ってもわかんないの、この人こんなこと言ってたらうちは終わっちゃう。

うちの会社が崩壊して、我慢重ねて言ってみたら、言ってもわかんなかった、馬鹿だから、決まってるんだよそんなこと。

親切にするのがいけないんじゃない、親切にしたらありがとう、分かった?
仲良くねありがとうねとか言うんだよ。
当たり前なのって一回も言ったことないの。

修行ってのはね、そういうことを言うの。
自分よりしたの人だろうが何だろうが、何かやってもらったときにありがとうねっていうのが修行なんだよ。

修行ってのはえばってんじゃねえんだよ、何でもありがとうね、ありがとうが言えないようなやつがもの頼むんじゃねえ。
てめえの親がどうな風に育ったか知らないけど、あたしは許さないよ。
それが分からないから、ぶん殴られたりするんだよ。

で、女のクセに弱い振りしてて、分かるやつにはそれで分かるんだけど、うまくいかねえからやめな、うまくいかないことがあったらおかしいよね、ね、おかしいよね。
嫁と姑で、おかしいとか、お母さんおかしいよねって。

 

運がいいだけのやつは成功者じゃない

 

そういうことをちゃんといえないとダメなの。
それがね、自分が半分聞くことが、不思議なことになんでそんなことが出来ないの。

芋の汁が100個に1個芋づるがついてるんだよ。
どれかに芋ついてるの。
で、芋をこういう風に頼む人見ると、芋取れるの。
分かるかい?
でも、芋がついてねえやつもあるの。分かる?

運よくいもついてるやつ取ったやつが、いかにも成功者って面してるの。
で、おめえなんて成功者でも何でもねぇ、ただ芋が目の前にあっただけ。
おめえが本当に成功者だったらその芋のつるが終わっても、次も当てられるよな。
次も当てられるんだったら、成功者だよ。

一概にいってそうじゃないんだよ。
百個やれば、必ずいもついてるやつあるんだよ。

運がいいってのは知ってるから芋が半分ぐらいなったらどこがいいか探してて、とっとと次のいもめくればいいんだよ。
分かるかい。
それを、一発で当たったら運がいんだよ。
運がいいやつは運がいいんだと思ってればいいんだよ、次は百やりますから。

そのときに芋50個とれたから、25個くらい蓄えちゃったら、その25個の芋を食べてる間に次のいけますよ。
それがまともな考えなんだよ。

俺は自分のやってることに不思議なことなんて一つもないと思ってるの。
俺なんてどこが不思議なんか分からないんだよ。
不思議だとか思ってないんだよ。
思ってないのに不思議だ不思議だって言われるんだよ。

俺は自分はまともだと思ってるの、まともだから仕事ができると思ってるの。
仕事に不思議なことなんていらないと思ってるんだよ。

あまりの速さにめぐっちゃうから、皆が気がつかないくらいの速さなの、だからちゃんとめぐってんだよ俺。
で、次の仕事バタバタバタと考えてんだよ。

ね、百発百中で見えるんだよ。
ちゃんとめぐってるの。

長年の勘で、芋ばっかりの畑で、芋がどこにあるか分かるんだよ。
そんなのはね、勘が冴えてるんだよ。
不思議だと思ってない、それが世の中あるんですよ。

オーラがでかくなるんですよ。
てめえが不思議だ不思議だ、不思議でも何でもねえんだよ。

それから本当にこの人にしようと申し上げたときに、いう言葉が浮かんでくる。

あっ俺のこと言ってるのか。
おっけーです、2時からね実践に入るからね。
終わりです。

 

手の出し方を見る

 

右手が離れてて、左手を下にする。
ここが離れている人、離れれば離れるほど大胆になる。
大胆な人は離れる。

私は左手がくっついてる、だから慎重物事を考えて大胆に行動している。
だからむちゃくちゃに大胆に行動してるようだけど、ちゃんと考えてやってるから失敗がないんです。

だからまゆみちゃんみたいのは両方とも離れてるの。
カンガルーみたいになっちゃう。
何を持って大胆か、今が大胆なんだよ。

だから私みたいのとくっついてると、よく根性入れてやってるから、非常に大胆で結構です。
はなえちゃんは生まれ持って大胆なんです。
だから女性らしくしてるけど、この子はくうばい持ってるの。
だから根が男心なんです。

だから表は女性らしくしてるけど、中身は男なんだよ。
だから時々、大胆が出ちゃうんだよ。

で、顔見て、手の出し方見て、指の形見て、そしたら総合点でクククってのどあたえるの。
そういうものなんです。

私は手相を見るときにだめな人の特徴があるんです。
なんでですか、世間の人が悩んでいることが、たいした事とは思えないんです。
どこが悩みなのか分からないんです。

男性と付き合うのを悩んでる、他にもいるじゃねえかいいじゃねえか。
相談してやる気になれないんです。

ちなみに、大変だなって思っていればいいんだけれども、結婚だって修行なんだからって思っていれば、悩みにならないんです。
分かりますか?
だから、手相見とかなれないんです。

で、お社長が日本で一番の金持ちに教わったんです、日本で一番のお金持ちになっちゃう考え方がある。
だから、手相とか見てもそんなにすごくはないんです。
考え方で人相なんか皆備わっちゃうんです。

成績が良くても通用しない

だから心の中に灯を灯してあげればその人の人相がどうだとか、しかみがなくて歩いてるやつなんか、しかみがあってしぼう持ってるやつは全然ちがいますよ。
それと、大勢に灯をつけだしてくると、あなたそういう風に考えな、そうやって考えなって言ってる間に勉強が進むんです。

ね、人の意見をこうやってるって話したときに、やってるうちにいつもおんなじことをいってられねえから、僕も一つ盛り込むようになって、だんだん脳が詰まってくれば、考え方も違ってきて、人相を変わってきて、いい顔立ちになってきて、ね、最初は運とか親とかいいやつは、可愛がってくれるとくれないとか親の問題なの、てめえの問題じゃねえんだから。

だからね、中年だってなんぼか払ってるんだけど、入るかどうかはその人間がどのくらい頭がいいかどうかなんだよ。
そういうのを実践的にだよ、学校で先生やってよかったですよっていうと、つかいもしねえ方程式全部勉強したって、馬鹿なんだよそんじゃそこらじゅうの生徒。

1回も使いもしない、徹夜で覚えてましたって言ったら、絶対にあほだって言われるよ、本当はね。
日本は言わないよ。
テレビ出てて大天才な子供たちがいるけど、こいつら絶対に使えないぞって。
使えない顔してんのよ。
顔を見ると分かるの。

それを分からないから、うちの子は成績がよくないって言ってるけども、敗因は感情がしけてんだよ。
ね、自分でやってたって、出来ないの。
だからそんなのが感情になっちゃって、俺たちの指導しろ、指導なんてできる顔じゃねえんだよ、本当に。

悪いことは言わないよ、俺たち商人の世界では学校でいくら成績が良かったとしても通用しないよ。
袋叩きにあうよ。

日本が今まで中間だったわけ、中間って言うのは、この仕事はここしかやっちゃいけないとか、認可してくれるか、その認可を取るために資金が要るんだよ。
この認可がどんどんはずされていって、好きにやってくださいっていってもね平和な世界でやってもあっちの距離でやってこっちでやってて、ずっと戦ってるの。

そういうことなんですよ。
きせいかむってなんですかっていうと、この人とこの人が自由に戦っているんだよ、柔道の人と相撲の人とどうのっていう。

俺たちが本当にね強くなんないとダメだよ。
これから、とんでもないくらいの未曾有の不況が始まってきちゃうの。
その時に、苦しむ人と何となくなる人と2つに別れる。

それってなんですかっというと、魅力的ないい武器を持ってるやつにはなんでもないんです。
今ごろ引っ込んでるやつは、手相でも何でもみてもらいなよ、バンバン起こるかもよ。
それを金をかけて人を集めることができない時代がくるんですよ。
チラシをもってればいいんですよ、客を入れたければ。

そういう時代じゃない。
魂の時代なのよ。

魂の時代が来る

だから魂がちゃんとしているやつの所に行きたいと思うのよ、ここの自信をつけてくれる人の所に行きたいと思うんですよ。
そういういい時代が来ると、私は思っています。

それを今からだったら、チラシ撒けばいいんだとか、もっとバブルの時代とかはどんな値上がりしても、客がくるんですよ。
お金持ちになれるから、そういう時代じゃないんですよ。

魂の時代が来るの。
そのことを知っていれば何の問題もないんですよ。

なかったら、駐車場がでかいとか、品ぞろえがいいんだとか、ずっと真似ていっちゃうんだよ。
でも魂の時代なら、魂の問題なら絶対に負けないんです。
という時代なんです。

だからそれを教える時期だから教えるんです。
で、これだって仕事に関係ないとか、関係あるんですよ。

これからはそういう時代になるの。
時代の流れのことをやっていないやつが置いていかれちゃうの。
だからここで本当にね5人ぐらいいればいいんだよ。
何で5人なんですか、5人の呼び方見れば分かるの、本当に魂の時代なの。

それで、私はやりたくないんですけども、時代遅れなの、そういうものなの。
人に喜ばれてお金になるってこんなにいいことはないんだよ。

手相でも人相でも本当に当たるんだから、後は皆が実践すれば分かるの。
それを本で覚えたって、ちあいが見えないだろう。
顔とか手とか、そういうものの出し方。

波動なの。
それがぱっと見て洋服まで変えるんじゃないだろうって。

かみの毛生み出している人とか、書いてねえだろ。
かみの毛気になる人、かみの毛につやがなくてジョギングでもしてそれが全然意味がない、それは一瞬見て分かるんだよ。

愛があれば火を灯せる

悩んでいる人の顔なんて見れば分かるんだよ。
悩んでいるやつなんて顔見れば分かるんだよ。

どんなそうもないんだよ、全然違うなんて見れば分かるんだよ。
分かりますか?

手相を見てからじゃないと相手が聞かないんだよ。
心を開くための手相人相で火をつけて返してあげるの。
で、そのことまでやってたら、皆、人が嫌うの。

俺が教えてあげた人も、他の人が先生とか言われだして、今まで塩も買ってもらえなかったのに、塩を買ってもらえたの。
だって先生だもの。
みんなから尊敬されているの、毎日面白くてしょうがないの。

それが手相人相見て、4時間あれば涙流したりいろんなことしてて、本当にそういう魂の時代がきたんだよ。
うちの会社にとっては、こんなにありがたい時代ってないの。
うちはこれからまともに飛躍して伸びるんだって、喜ばれながらね。

本当に、ここで5人いて誰もやらなかったらどうなるのかというと、俺一人でやるの。

今年ね、朝これから何すんだろう、心に声が聞こえたの、あっこれが心に火をともすって言うことなんだ、で、ちっちゃくくるの。
そしたらその、うちの社員でうまくいかない人がいるから、嫌でもその人をよくしよう。
そしたらおもしろいの。

で、私は浮かばないの、浮かばないのは真剣にこの人に叱ってやるのが気だるいからなんだよ。
愛がないんだよ、愛がないから浮かばないんだよ。
それで、いくら増えてあげても俺たちは褒められることはないんだろう、だって何回も手相がいってるんだもの。

でも神様は、体だけは絶対にさせない。
本当に味方に来てくれるものなの。

で、いままで物売りだったのが、物売りから違うことしていかないと、と自分が繋ぐの。
ぜんやのひとは手軽い人だけがやるの。

誰もやらねえよひとりげっていうか、神ごとって言うのは二文字じゃないの。
やる人だけがやるの。

皆で仙人修行させると、俺は仙人やぶちゃって、仙人につくの。
その仙人が一人千人ずつに支持を起こせば百万人になるの。
その百万人が地位を持つでしょう、おれこんない楽しいことはないの。

ね、個人の発表も広がるんだよ。
俺が手な感じで、まえむきにしたって変わらないの。
個人の修行まで新聞で書いて、プライバシーの侵害だろって思うの。

今年、傷害問題のにおいがするの。
10年するやついないんだよ。
全てが日本一だと、俺の方が抜けないんだけど。

困ったことは起きないからって、心に秘めておこうって。

それだったら、皆に手相を教えよう、人相を教えよう。
どのくらいで教えられるんですか、一時間、本当に一時間で教えられるよ。

ね、こんなにハッピーなことはないでしょ。
では、大体いいですけども、向き合っておむろにしがとまう、まず手をつぼめて・・・。

で、もし全容が分かるくらい頭のいいやつがいたら、そいつは詐欺なんかやってるやつな気がするよ。
だから、同じように似てても耳の形とか見ないといけないよ。
そうすると、指導の仕方が違うの。

で、その言葉を分かりながら、あんたどうせ考えてもダメだから行動しろ行動しろじゃなくて、じっくり考えていくの。
だから考えるためにデータがいるから勉強しようねっていえば、ドンドン伸びていくの。

だから、人間って言うのはたいじんなくらい想像をするともっと伸びていくの。

だから、層が代わっていくの、今肺がダメなんだよ、だから本当にね頭のよさそうな人がいるの。
だから、今でそこくらいなの。

今でこそこれくらいだから、よくなっていけば問題はないの。

それで、何言いたいんですか、人の話しよく聞くやつとか聞かないやつは、めんようりょくが強いやつとか弱いやつがいるだけなの。
それで、頭使って努力する以外ないの。
それを運が良くて頭使わないで努力しないで何とかなるやつがいるけど、そんなことはないんだよ。

そんなこと考えていること自体が馬鹿なの。
わかる、運がいいってのは努力したら実るっていことで、努力もしないで実るってことはないもの。

で、すごく覚えていて、心に灯が灯せる。

あのね、まず出たときに人間ってのはまずせいびになるの。
テレビでたって、もちろんバランスとかみつぐちとか

 

だんだん楽になる

 

皮ぐらいの厚さなんだよ。
ところがその皮ぐらいの厚さを突破するのに、一番エネルギーがいるの。

そうすると今は大気圏内にいるの。
ここを抜け出しちゃえばいいの。

なんですかっていうと、もうちょっと経つとおなばっちのファンがいっぱい出来るの。
簡単なこと言うとねファンって言うのは日本語で言うと信者なんだよ。
あなたのことを信じますって言う信者が何人いるかってのにかかってくるの。

で、信者ってどういう風に作るんですかって、作るんじゃなくて出来るもんだよ勝手に。
魅力がないのにファンが欲しいんですってそんなのできないの。
だから魅力があればファンは出来ちゃうの。

だからこういうことを一つ一つ覚えながらやっていくと、自然とファンが出来て、ポンっとね大気圏を抜けてきちゃうんだよ。
そうすると、後は面白いほどね燃料も使わずに、いっちゃうんだよね。

そのハザマに今いるんだよ。
ハザマだから苦しむの。

だからおばらっちも一生懸命物をやったり、教えたりするの。
だけど、そういうことが抵抗があるの。
抵抗を受けてから大気圏に抜け出せるんだよね。

だから、いいことしてたら抵抗がないわけじゃないんだよ。
いいことでもなんでも大気圏抜け出すまでは抵抗があるの。
早く抜け出すほど大気圏に行くときに抵抗があるの。

だから成功者ってのは絶対に苦労してるものなの。
当然なんだよ。
で、ある一点まで来るとすーっとうまくいくの。

だからね竹の筒だと思えばいいの。
たけってふちがあるじゃない。
で、人生で一番苦しいのは一番最初のふちなの。

それをすとんと抜くと、後は中間までスーッといけるの。
そうすると限界が来ると、その人の上にまたふちが出てくる。

ところが、次のふちの方が大変だと人は思ってしまうの。
上に行けば行くほど大変だと思うけど、上に行けば行くほどそのふちは薄くなってくるのね。
ところが下から見てると厚みがわからないから、すっごい後ろに見えるけど次のふちの方が必ず薄いの。

で、抜くとしばらくはすーっと上に上がれるの。
また、ふちが出てくるの。
そのことをだんだん少なくて知ってる人は、あれ抜きゃ上がっちゃう、ところがほとんどの人は一本も抜けないの。
自分のふちが。

だんだん難しくなるのは学校だけ

で、自分のふちを一本抜くとしばらくいくの。
また出てくるとだんだん難しくなってくると思うの。

社会には学校の試験なんかわざと難しくしてるの。
人生にはそんなものはないんだよ。
だんだん楽になるの。

それなのにやめちゃうんだよね。
だからもったいないな、何でこの人やめちゃうんだろうっていうと、勝手に下は抜けたけど次は抜けないよ、次はもっと難しいよ。
だから学校教育の弊害じゃないかと思ってるんだよね。

ところが、だんだん簡単になってくいるの。
俺もいまだに問題が出てくる。

手相人相とか教えてあげる、簡単なことなんですよ。
で、これはこれだと次の問題が出てくるの。
また超えればいいの。

それで、しゅうちゃんって人間は人の話をよくきかないように生まれてきたの。
だけど本当に聞こうと思ったときにこの耳の形が変わるの。
耳の形って変わっちゃうんだよ。
聞こうと思い出すと、こうやって聞くようになっちゃうの。

俺なんか福耳なの。
なんで福耳なんですかっていうと、俺が知らないことでも人がいっぱい知っていることはあるの。
それで、人に物のを教えだしたとき、今日皆に教えるとするでしょ、そうすると皆が得たものと同じものだけ俺が得られるようになるの。

得るってどういうことですかって言うと、こんだけの人にこんだけの熱意で話したのに3人しか聞いてなかったって言うと、すごい収穫なの俺にとっては。

例えばの話なんだよ。
だから、よく見てると収穫っていっぱいあるの。

だから次には言い方変えようとか、このあいだ駅の道迷って小学生が道を聞いてきたの。
だから、一番いけないのは自分の知らないことでも人は知ってる、聞けば楽なことっていっぱいあるの。
よく聞いたほうが特だと思うと、耳がだんだんこうなるの。
よく聞くようになってくるの。

よく子供の親とかの人相って、赤ちゃんが必ず耳で見るの。
耳は一生変わらないから。

オーラで見え方が変わる

でも耳すら変わるの。
まゆみちゃんも口が小さかったの、でも今のまゆみちゃんは口が小さく見えないの。
なぜかっていうと、生活力今は旺盛だから大きく見えちゃうの。
だけどよく見ると本当は小さいの。

それは何でですかって言うと、あばよくば嫁に行って食わしてもらおうと思ってただろうって言うと、実は昔はそうだったのっていったの。
ところが途中でそれが変化すると、小さいけど大きく見えたりするの。

分かる、だからこうやって見てて、あんた今バリバリやってるけどさ昔はあれでしょ、金持の嫁かなんかに行ってうまくやろうとしてただろうっていうと、そういう風になってるの。

あんまり不思議なことが起きないんだよ。

そういうのが途中で大きく見えて、途中なんか変化あったねとか。
だから、本当は耳はこういう形なのかもしれない。
でもちゃんと大きく見えたりするの。

美空ひばりがそうだったの。
あんなに小さいのに舞台では大きく見えてしまうの。
何か図抜けた何かをしたときに変化して見えちゃうの、それがオーラなの。

オーラがバーっとみえちゃうと大きくみえちゃうの。
目ってゆがんで見えちゃうの。
だから、写真でいい男じゃいなのにいい男に見えちゃうときがあるのよ。

それって出ているオーラが違うの。
オーラで顔立ちって変わっちゃうの。
分かるかい?

だから人間って顔立ちってどうでもなっちゃうぞっていうことなの。

かつやお前本読んだ方がいいよ、こういうのは手相を見たからいえるの。
学校の成績みてた人が本読めって言わないの。

分かるかい、だから人相見てたら違うの。
本当に必要なことなの。
手相見ていわれるから気になるの。

心に火をともすってそういうことなの。
で、この人が勉強してくるといいことがいっぱい起きるの。

だから、ある種かつやが今度人に師を付け出したときにかつやの周りが明るくなっちゃうの。
それをまんだらっていうの、まんだらっていうのは真ん中に必ず自分がいるの。
俺の周りに皆がいるんだよ。

でもしゅうちゃんからみたらしゅうちゃん周りに人がいっぱいいるの。
その中に一人一人が輝いたら自分の夜空が星空になるんだよ。

自分も輝いていない。
それから、人も輝いていないのが闇夜なの。

自分が輝いて人を輝かせると、その人はハッピーなの。

はい、これでちょっと話をして終わるからね。

 

大切にしたものが残る

 

それから、人を大切にすれば人が残る。
だけど俺には友達がいない、あんたは自分のことを大切にしていないからだろ。

それから、お金がある、自分が一万円貯金しよう、大切にしてるの。
そうするとお金大切にしてると、お金って仲間呼んでくるの。

そうすると、普通の人がなんでどうやってお金を溜めるのか、困ったことがあるから。
困ったことがあるからお金をためるというと、必ず困った事が起きるの。

60くらいの人がなんでお金溜めているのか、溜めているのではなく大事にしてるんだよ。
大事にしていくとどうなるかっていうと、ずーっとどんどん溜まっていくの。
収入が少なくなっていくと、まだ溜まるの。
どうなっちゃうんですかっていうと、使わないで死ぬの。

だってこうなったらそうだよね、著しいの、それだったら私が使ってあげる、てめえの金すら大切にしないで、全部使ってたよ。
人の大切にしてるものまで使うとはとんでもねえ、てめえに似てるから貧乏神なんだよ。

だから、大切にすれば物は残るんだよ。
お客さん大切にすればお客さん残るの。
仕事大切にすれば仕事が残るの。
大切にしないで残るものなんてないの。
あっちゃいけないの。

だから大切にしたものが残るんだよ。
だから自分すら大切に出来ないやつは、それだから自殺するんだよ。

大切にしたものが必ず残るんだよ。
だから損の問題じゃないんだよ、考え方の問題なんだよ。

勉強しても、努力して努力して頑張って努力してる人は上にあがり続けるんだよ。

頑張ってるのにあたしお金ないんです、必ずお金大事にしてない。

みっちゃん先生なんかもお金大切にしてて、お金の方でいくらか使えますよって言われてるんですよ、あたし使ってください、あたしちょっと使ってくださいよ、仲間呼んでるの。
使ってもね、お金さんの声が聞こえるんだよ。

そしたら、俺の所に着たら徹底的に働かせるから、あんまりこきつかうな、あんまりこきつかわないでうちに着てやってていいんだよ、て言えば大事にされてるんだなって気がつくんだよ。
それでこっちのチンピラをこき使ってたら全員が話し合っていなくなっちゃうんだよね。

だからそういうやつに限って最後まで全然変わらないんだよ。
本当だよ、全てのものには魂があるんだよ。
大事にしてないんだよ。

俺は大事にしてるやつ、増やそうじゃないの、毎日働いているのね、そういう風に働いているから怒るんだよ。
怒った分だけ大切にしてるんだよ。
ずーっと大切にしていたらどうなるんですか、人が死ぬんだよ。

困ったら幸せなんだよ。
もったいないで使っちゃうと貧乏人になっちゃうの。

俺は金持のままで絶対に死にたいの。
ね、死んでからもお金はかかるんだよ。
分かるかい、大切にしなって。
大切にしたものが残るよ。

大切にしたものが集まって来る

俺の周り人がいっぱいいるけど、人間を大事にするんだよ。
それから文学を頑張って、大切にしてるんだよ。

だから俺は特別だって言う人はいないんだよ。
それは物を大事にしてるだけなの。

最後までつかると風呂になってあげることもできないけど、俺が沈んだらさよならになっちゃうから、かわいそうだから大事に使うんだよ。
物を大切にする人はものがいっぱいあるんだよ。
大切にするものがいっぱいあればいいんだよ。

仕事が大切でお金が大切で周りにいる人間が大切で、大切な物に囲まれているからすばらしい人生なの。
だから大切なものが見えてないんだよ、てめえが大切にしても新しいもの買ったら目移りしちゃうの。
そんな人生、もっと大切なものがいっぱいあったらすばらしい人生なの。

俺なんか大切な物に囲まれているの。
だからハッピーなの。
そう考えれば豊かなの。

だから俺のお金なんて増え続けるの、増えて増えて使わずに死んでいくの。
だいそれてんの、俺なんて。

だから向こうの方からよってくるの。
なんでそうなったんですかっていうと、使うお金大切にするの。

すぐ使わずにここにいなって、休んでなって。
こき使われたんだろうって。
あっちこっちでこき使われたんだろう、俺のとこにいなって。

おれ自分の貯金なんて見たことないからね。
いくらかも知らないよ。

日本で唯一俺だけなの、銀行の人が預けてきてくれるの、せんかがいい使う人がいらないと申すの、俺が行ったら多分逮捕される。
だって銀行行かないと出し入れできないの、なぜか知らない間に出来なくなったの。
だからうちの会社って知らないことにしてるの、ということは銀行が唯一この人とこの人が着たらおろします。
特別な許可なの。

この人とこの人が来たときにおろしてくれるの。
それ以外の人が来てもおろせないし、逆にその2人が悪いんですかって言われると俺は文句言わないよ。
銀行さんのせいじゃないんですよね、いってるの。

あのね、溜めてるんじゃないの大切にしてるの。
大切だからここに着てるの。

魂に火を灯そう

本当だったらここは豊かなんだよ。
分かるかい、皆が大切なんだよ。
俺が手相を見る人は大切なんだよ、人間って言うのは心に火をともしてあげなかったら闇の中で生きていかなきゃいけないの。

苦しいんだよ。
ほめられたほうがいいんだよ、親にも怒られてばっかりなんだ、先生にも怒られてるんだよ成績が悪いからってうんどうがいがかけたって、中々いっちゃうときってとれないんだよ。

大概は足も遅いんだよ、成績も悪いんだよ。
それだって必死に生きているんだよ。
その人に仕掛けをともしてあげないから、幸せになれないんだよ。
そのことさえやっていればいいんだよ。

私お金持になれますか?
大切にすれば集まってくるって。

働きもしないで、大切にもしないで、金持になろうとしているのかよ、そんなふざけた人生はないんだよ。
俺たちがいってるのはもっと真面目にやれよって、金持になるために皆パチンコに行く、それがパチンコで金もちになるんじゃないんだよ。
ちゃんと働いて、仕事大切にして、お金大切にして、みんな大切にしたんだよ。
大切にする金も入ってるけど、大切なお金でパチンコやってる人間がふざけんなよ、だから金持ち集団から回収しろって。
分かるよね?

だから皆が賛同した人が、魂に火をともそうよ。
ふうすいじゃないんだよ。
ひろってくれるひとだけでやるの。

ありがとうございました。

なんでもいいや、誰か名前を漢字で書いて。
じゃあ紙に書いてさ。

みなさん、自分の心に火をともしてください。

その人の名前も書いて、自分がサインしただけですっごい喜んでるの。
その人の名前を書いてあげただけで喜んであげてるの。
人間ってさ喜んでもらおうという気持ちになれば、知恵って出てくるものだと思うんですよね。

成功補正の話

じゃあ成功補正の話をしよう。

すごくいいことがくれば、成功補正は一番最初にそのときやってきたのかなってつかれとき、私が15の時に本当に嫌だった。
本当に嫌だった。
どのくらい嫌だったっていうと、耐えられないくらいだった。

嫌なんです。
それがかかんされるっていうことなんです。
それで、ただでさえ恥ずかしいのに額に俳句飾ってあったの。

でもそれをやっているうちに、最近は字が書くのが楽しくなってきた。
字がうまくなろうとしちゃいけないんだよ、だけど、うまれいじな人はいっぱいいるんだけど、ひとりさんに入って欲しい人は、ひとりさんの字が良いんで、字がうまくなる暇があったら、仕事でもちゃんとしててね、日本で一番金儲けしている人の字が欲しいの。

字の練習してる暇があったら仕事をしろと思って字を書くようになってきたんです。
それで、本にはしゃくせいしゃくそうがでたとき、ものすごくグッと押し寄せてくるんです。

それでなんなんだろうな、もうじき結果が分かるような話をしていたら袋に強いるんです。
これがしゃくせいしゃくそうなんだよ。
中国語で出したりして、台湾で出て、中国語で出るんです。

この前の人生の話も、あれはね世界中にね心に火をともそうというような風潮が起きるかもしれない。
そしたら、ここから始まったということはすごい!

普段だったら100万人くらいいるけど、元はここなんだよ、たった何十人の中に入ってて、その時にこれ貰ったやつなんだよって楽しいなって思うのよね。
素晴らしいのは、あらいちゃんのやつもそうなんだけど売れなくてもいい物を作りたいね。

みんなが本当に不思議なことが起きたとき、本当に信じてるんですか。
僕の中に写真が入ってないよね。
楽しいじゃないの。

体験談を読んでてさ、あるようこちゃんが本当に身近なもので作っていきたいね。
本当に俺たちに必要なもので楽しめないものだったら、、きっとそれは楽しめないものなんかじゃないかな。
楽しめるものでやっていきたいよね。

どんどん楽しみながらやっていければ、絶対にうまくいくよ。
じゃあ次にいくとおもしろいって、そういう風に知っていたら楽しいんだよ。
わくわくするの。

心に火をともして帰るとね、ものすごくワクワクするの。

本当にね、最終的にね最高の楽しみはね人の役に立つことなの。
人に喜ばれることをすると、すごく楽しいの。

だけどそういうのもね仲間になってやっていったらね、すごくはじけているんだけど、本当に自分の考えだからね。
しっかり逆向きに向かってさ。
みっちゃんがいつも頼んでくれる楽譜が多くもらえたらいいな。両方で。
うちで取引している楽譜屋さんなんだけど、本当に安くてね、皆が探してる楽譜があるの。

自分の名前だからね、大切にしたほうがいいよ。
あのね、名前ってね不思議な歴史が多いの。

名前って本当は親がつけたものじゃなくて、本当に神様がつけたものなの。
今度そのうち名前はふしみはなのひとつで、5分の1のお弟子さんはそういうことをやってたんだろうね。

さっきの大切にしたものが残るんだよって話ね、これも一つの一種なんだけど変えられない。
それと・・・・・。

―― だってみんなが何見たらいいか分からないからな、これは中見なくて良いから、これとけんらんきょうは置いてかないと、そういう話にならいんだよ。
置いとくときに、いかにも手相を診て分かるやつがいいから、やる人はこっちで用意するので、ほしいひとは、いいよ書かなくて。
一番いいのを注文してあるので、欲しい人は言ってください。

じゃあ、本を探したけれどもめんどくさいからここに来ている人は楽譜も全部いる、本も全部いる。で、全員でやる。
名前を書いた人の話し、だって名前を書いた人でやるんだから。

―― いちおう100円ショップのはちょっと軽い感じにしているから。こういうのを探すといいね。

―― で、中は読まなくていいからですね、余計なこと覚えると混乱するから。置いておくね、手段として。

―― ちょっといいかなっと思ったのを漫画にしたから。だから、こっちを読んでこっちは読まない。

あのね、心に火をともすということのためにやるんで、こっちにはまっちゃうと、これと同じような人はいないんだよ。

だって人って全員違うんだよ。

―― で、コツは見る前に塩を舐めて自分のことをはなくす。

―― だって自分が暗いと、へんなことを言っちゃうから、まずは塩を舐めて、その人に「全てのよきとこが起きるように」と思って、そしてこの人に火をともす言葉を。自分じゃなくても降りてくるから、信じて。

みっちゃん先生も最初はね、手相をやってたお弟子さんなの、それでね、あられちゃんのご家族のねお父さんが乱れてるのを作って、あられちゃんじゃないよみっちゃん先生もね、そのときみっちゃん先生お墓のそばにつきがうまれてて、その木がすごく立派になってて、しぎあんでるから苦しんだよっていって、根が巻いててそれをみっちゃん先生が掘り起こして、はずしたら、楽になっちゃう。

不思議なことっていっぱいあって、いぬがって言う話があって、怖いものには原因と結果があるので、別に怖くともなんともなく、なんで怖がるのかよく分かんないんだけど、都合のいいやつがいるからじゃないかと。
それでね、さっき修行の話をしたと思うんだけど、結婚して修行だよ、修行っていうと我慢してることだと思っている人がいる。
それも修行なの。

その修行をやるとどうなるかというと、我慢してても無駄なことしか生まれないことが分かるの。

 

顔を見ると大体わかる

 

機関車と同じなの、酸素吸い込んでると馬力が強くなるけど、そうじゃなくて、それが力強いって絵に描くから見えないけど、それが力らが抜けたときはすぐに分かるの。
で、分かる人は次に進みます。

で、次に目を見る。
目をぱっと見る、目が大きいね、目が大きいことは大体そういうことだ。
で、女でも目がぐりぐりってしてるのも、なんせ早めにその方へ進むんだよ。

で、後そのね、前ののこりいしとおやといまこなのよ。
で、これをいじくりかえしていると嫁に行ったりすんだよ。

で、濃いところは裏で縁が非常に濃いから、一家の家でこう見て、これが一番濃いと思ったらそれが一番大事な親のめなんだよ。
ちなみに言っておくけどね、今日は何人かいて、一番可愛がらなかったやつの世話になると思ってるのは今しかない。

で、今日ね一番可愛がったやつは次さっさといなくなる。
大体可愛いがんなかったやつに面倒見るの。
うちの娘、可愛いから浮気したりして、大体いなくなるなってことだな。
分かるかい?

この下絵を見ると、ここが豊かそうでね、俺頭使うとね頭のよさそうな色がかかってくるんだよ。
最後に頭がねよくないとダメ、頭って何かつめないとダメだから何か詰め込まないとしょうがないんですよね。

で、頭ってねだんだんと良い形になってくるんですよね。
だから、ものがもどって、したいのかたちが良ければ、あんた大器晩成とか言われるのね。
分かるかい?

何を見てあげるかっていうと、手相見てあげるかっていったときは顔を見て八割がた分かるの。
顔見た時点で分かるの。

後はね、ここじゃ叱ってて何ぼなんだよ。
多分つやが濃いかなとつやが出てるかな、それでみる人がいるの。
で、これで神であんなに勉強して、本なんかで勉強すると本にはつやとかねそれがあんまり出てないので勉強するとダメなの。

大まかに分かれるの。
手相を見てあげようかと言った時点で、もう8割は分かってるの。
目もみてやろうかって言わないとだめなの。

オッケーですか?
そう、全部みてから言うんだよ。
分かっても見てられる。
これコツなんだよね。

で、それだけでいんですかってよく聞かれたりするけど、頭はげあがってればいいの。
頭はげてるとしわがちゃんと出てるから、そこなんだよな。

で、次にですね手相に入ります。
オッケーですか?

手の出し方を見る

まずね、手相見るからね、手出して皆。

はい、そのまま手を動かしてください。

いいですか、必ず手相を見る時に、はい手を出してって言われたときに、広げる人とつぼめる人と真っ直ぐな人、三種類いるの。
それで、大胆な人ってたいてい手を広げているの。
それでね、人の目を見るひとは大体真っ直ぐなの。
それで、怖がりな人は必ず手をこうやって、だからね。
だから顔を見て丸ばっかり出してっていたら、器用なの。
分かりますか?

それで、ここが問題なんだけど手相に悪い相がない。

それで、手相がこんぼんって言うのは心に火をともすって言うと所なの。
心に火をともす。

でね、普通の人は、むぎょうの世界、光のない世界で生きるの。
その人にあなた勇気がある人って言うの、分かるかい?

あなた臆病だね、臆病だからこうやってだして、なおかつ手を出してくるの。
落ち込むような人に臆病だねって言って、心に火がともるってことはないの。

だからそういう人がってみたら、手がつぶれてたらこうやって見てて、裸で勇気のある人だね、普通はね、見てご覧、この人手を縮めてるでしょ、震えてるよね。
こういう人は臆病で怖がりなんだよ、だけどさらにそれを乗り越えて命に向かって手を出してるの。
こういう人が成功するんだよって言ってあげたときに、心に火がともるんだよ。

分かるかい?
だから手相っていうものは愛でやるものなの。

ね、それからぱっと見て暗い人が来たとしたら、あなた明るくしなくちゃねって言うの、それ説教なの。
説教しちゃ絶対にダメなの。

この人は明るくなればいいなと思ったら、相手見て、あんた明るい人だね。
当人が否定したら構わないの、えー私暗いって言われるんですよ、それは中押しじゃないんだよ、私は何千人の手相を見てるから外れかどうか分からない。
何か本当はね、明るい正確なのに暗くなっちゃう、親がやたら動くから。

何かして何か理由があるの。
だって本当は明るいんだよ。

プロというのは必ず笑う前に、ほらあんた笑顔がいいねっていうと、言われると必ず笑うの。
ほらその笑顔がいいんだよって言って、光をともして返してあげるものなの。

それをね、もうちょっ笑わなきゃだめだよとか明るくしようとか、そんなこと百万回言われたってそんなやつの手相なんか見ることないんだよ。
手相を見る乗ってなんですかって言うと、手相なんか見なくたって顔見れば分かるの。

それよりも手相をずっと見て人相を見て手を出してご覧って言ってこうやって見るの。
その時に、説教ってのは俺の考えでいってるんだよ。
そうじゃないんだよ手相ってのは、あんたがそういう人だって言ってあげるのが、心に火がともるんだよ。

誰でもねろうそくを一本ずつ持ってるの、火が消えてるの。
俺たちが火をつけてあげるの。

説教しないで励ましてあげる

このことだけを絶対に忘れないと、相手の守護霊とこっちの守護霊が話をするの。
だから言うべきことは頭にちゃんと浮かぶの。
だからその通りにいえばいいの。

たった一時間で存在できるようになるの、で、教えてあげたら本当にぽっぽ、ぽっぽといろんなことが分かるから当たる当たるって、向こうの守護霊とこっちの守護霊が話をすれば、何したらいいかすぐ分かるの。
分かるかい?
知恵ともすための道具なの。

それなのに、それをくだものに接近したりあんたこういうことに気をつけなさい、絶対によくない、やっとついてるよねって言うやつがいるけど、そういうやつは見る資格がないの。

あのね、これしなさいあれしなさいって心に火がともってないやつにそんなこといたって動けないんだよ。
それより相手ずっと見てて悩み事の度合いを見てると分かるの。

軽い悩みだと、あんた一ヵ月後には悩み消えるよって言うと、あっそうだって。
でも今自殺しようってやつ、自殺しようってやつがいたら、あんた今どん底だよね、あと2年経ったらあんたのやってること全部報われて全てうまくいくようになるよって楽しみにしてなって言っただけど、人は死なずにすむんだよ。

何するのかっていうと、愛の実践なの、それを本気になって本を買ってきて、人間がしわに左右されて生きてたってどうしようもないんだよ。
手相見るだけでいくらでも変えられるんだよ。

なんでこういうこというんですか、皆知らないと、覚えてないと怪しまれるの。
本当だよ、そこでも裏目じゃないかと思うんだよ、そんなこよ相手が考えてることもわかんないから当たんないんだよ。

これ何するんですかって言うと、お店のとことにてんがんをこうやって置いておくんだよ、そうするとチラチラ見ててくるの。
そうすると必ずチラチラ見てくるから見られてきたら、俺手相とか人相やってるんだけど全然お金取らないから見てあげようかって始まるの。

後、名刺にね手相とか人相無料って書いておくと、じゃあやってもらおうかしらってなるの。
だから、どういう風にすれば相手が見てくれるか、そんなことも分からないから手相も人相も当たらないの。
この前本出してやってたら、こうやって置いておくんだよっていってたら、全員話を聞かずにずーっと座ってるの。

それから話をすると、今まで用があるから帰った人が3時間くらいいたの。
本当に暇なの。

今になってみたら、そういう人が仏壇かうかどうかで、そしたら相手が仏壇やフロアとかだんだんそれがいくと、仏壇の中ってこうやって整理するんだよ。
そんなことをだんだんと教えてもらえればいいんだけど、元々は、らくに相がなくて光がともしてあげるのってのが前提なのね。

そうすると態度を変えて、相手のためになることになんで修行がいるんだ、そんなの修行なんているわけがない、てめえがかね持ってるから修行してるんだろうって、人にいいことするのになんでそんな物がいるんだよっていうことで、その人も事実上1時間かかってないの。
だけど俺の字気にしなくて、俺に見て欲しいって人が直接教えてあげてんだから、うちの自慢じゃないよ、うちの先生がって言ってんだから、先生いくら欲しいんですかって聞いてきたから、とりあえず先生あご叩いたの。

指の形を見る

いいかい?
この手を見る、ぱっと手を出してって言ったらまずは指の形、そうそう、先がすっととんがっている人。
それから、やや四角まで真四角だよ、それがえらばこになってる。
先の薄い人っていうのは、手相とか人相とか調べていたら芸術的なこと、そういうのが好きなの。

これはね、気が配ってる人は働き者なんだなと思う。
で、えらがたの人、これは器量。
わかるかい?

手相見てあげるって言ったら手の出しか見て、そしたら指の形見るの、おっけーですか?

後、長いか短いか。
で、長いやつはよく考えて、短い人は即行動する。
別に両方悪くない。
ただそうなっているだけだから。

後は混じってるのがいる、混じってるのはこんぼうがた。
これは、世間で俗に言う器用貧乏。

で、器用金持ちってなんですかっていうと、絵を書いたりゴングをしたり、自分の趣味に走ったりするの。
ところが、今の役に立つことをやるやつが金持ちになるんだよ、ただそれだけなんだよ。

だから、おおよそ使い道が違うだけなんだよ。
おっけーですか?

それで、雪が流してとか、細くて長くてとかっていうと、はまにせまったことだよね。
先が細くて働けたって無理なんだよ。
で、無理なこというから人生きつくなっちゃうんだよ、だから俺は、はないちゃんは考え事してればいいんだから、考え事してなって言うの。
してりゃいいんだけど、それしかできないんだから活躍は。

出来ねえことやならねえやつはダメなんだから。
で、皆考え事する人もいれば働く人もいるんだよ、いろんな人もいるんだよ。

これが愛なんだよ。
それをいちいち同じにするから、難しくなっちゃうんだよ。

あんたみたいに指先がずっとする人は、霊感があるんだよ。
じゃあ霊感しかないんですか、それは分かるかよ。
霊感がある人って言ったら、猟師で熊がどこにいるか直感で分かるから今があるんだよ。

ね、霊感が強いやつは霊感を使った仕事、今の仕事に使うんだよ、野球選手だって外野だってね、テレビで見るより見えないんだよ、カーンって打つと同時にバーっトかけだして待っているんだよ。
あれ直感なんだよ。
見届けてから行ったんじゃあ、球に追いつかないんだよ。

プロって言うのはそういうことなんだよ。
分かるかい?
だからそれをまじていけばいいよっていうことね。

おっけーですか、昔もなんともないんですよね、上から行くよ。

それとね、はい両手出してっていったときに、左手と右手、左手っていうのは持って生まれたもの、右手って言うのは自分が開発していくもの、それだけなの。
分かった、持って生まれたのはこっち、いいかい?

人差し指の下、ここのかっていう。
ここの肉付きを見る、ここが膨らんでいるやつは名誉力が強いの。
名誉心がつよいの。
で、名誉が強いのが悪いんじゃないんだよ。

名誉心が強い人は自分に名誉心を向けて自分が頑張ればいいんだけど、子どもに向けたりだんなに向けたりしたらね、これ人に向けると迷惑だからね、気をつけなよ。

子どもに二千冊、本読ませる努力するやつあんたが二千冊読みなって、親が本読んでいる姿見せないで子どもだけ本読ませちゃいけないんだよね。
分かるかい?
自分が向上心持つことは悪いことでもなんでもないんだよ。
おっけーですか?

ね、上から環状線、環状線って言うのはチラチラとか見られない。
ね、チラチラチラチラ読む線がない。

これが全部でてると神経質なだけってことだよね。
分かるかい?
ぱっと見たとき、ああ神経質なんだな、それが知能線。
知能線が長いとか短いとか言う人がいるけど、そんなの長くたって短くたっていいの。

なぜかっていうと、人間の頭なんていうのは100分の1も使わないの。
だからこれが頭が良い人とか悪い人とかっていうのは、ほとんど関係ない。
この前見たら、立派な社長さんだけどすごく短い人がいたの。

本当だよ。
そういう人っていうのは、直感で勝負してるの。

直感型の人は悩んじゃダメ

直感が早いの、直感が良いやつの、大体頭が良いやつで直感でやってるやつのほうが成功する率が高いの。

それは一つの法則があるの。
だけど迷ったときにじっくりと考える人とぱっと決める人がいるの。
迷っている人で50対50だから迷っているのは、本当はどっちでもいいんだよ。

分かるかい?
会社があって迷うわけがないの。

彼氏選ぶときに、片方は紐男で金がないのと、片方は良い男でお金持ちでどっちを選びますかって、そんだけ大差ついていれば、いちいち迷わない。
それを悩んでるやつなんていうのは大体似たものなんだよ。

仕事でも何でもそうなの、こっちとか決めてあってるんですかって、あってないと次はこっちのが早いんだよ。
だから片方がずーっと迷ってる間に仕事が終わってるんだよ。
だから大体直感型のほうが仕事がうまくいくんだよ。
分かりますか?

で、稀にうまくいかないやつがいるんだよ、直感型なのに。
自分が本気ですごい人間だと思っちゃってるからなんだよ。

すごくないから直感を使ってるだけなのに、2,3回やっただけで、直感すげえっと思っちゃうと外れるとみっともねえっと思っちゃうんだよ。
だから、1で続けて7強いんだよ。
どうせたいして頭よくないのに、はいこっち、はいこっちってやれば当たるようになってるの。
たいてい遅いの。

だから途中でどっかに遅くなるの、速いのがとりえなんだから、速くぱっとやらないと間違ってちゃはい次、あっこれ間違ってたよとか、どっちか分かんないからやってみるよとか、これがうちの会社の方針だから。
それが3回も当たっちゃうと、てめえで天才だと思っちゃうやつがいるんだよ。
てめえの学校時代の成績見直してみろ、天才でもなんでもないんだよ。

結婚線の見方

はい、おっけーですよね。
で、ここ見て、環状線見る、環状線の上をぱっとみると、ここにこんくせんとが出ているの。
分かるか?

で、こんくせんとが出てて、真ん中が大体22、これまぶしさの話だよ、今の人の話だよ。
だから、今これが大体25くらいだよ。

要は結婚式とかあると、だんだんとませてくるから、もっとダサいときは真ん中を例えば、二十歳とかって見た。
今二十歳くらいの子だと、冷めていかなきゃならないんだよ。
分かる、だから必ずこの手相でも人相でもかびてる人のその日に見るとズレが出てるの。

分かるかい?
今だんだん早くなっているからね、だいたい22くらいで見ていれば、今の35,6まで大丈夫。
それ以上になってきたらちょっと上にしてあげるの。
分かりますか?

真ん中でも時に一本でも出ていればいいの、そうすると結婚がよくなるの。
しっかり2本でてると離婚するの。
それで、17くらいの時に一本あると結婚しそうな男がいるんだねとか、そういうこと。

で、この結婚というのが、戸籍上っていうことじゃないの。
結婚しようと思ってたのと、同棲してたってのは、その人にとって結婚してたのと同じなの、世間でいうなれば。
で、私は語威力がないんだけども線が何本でもあるから、これはいくらでもいけますよ。

省みもないし、省みになったところで変わるんだけどね。
分かりますか?

ここを見ると、結婚すれば分かるんだな。
大体2本線でてると離婚だなとか。

で、結婚に良い結婚ってあるんですかって、結婚に良い結婚もないの、結婚ってのは修行です。
誰と修行するかだけなんです。
で、結婚して別れるととまた修行なんです。

長く結婚しない人がいるんです。
結婚しない人は会社で人間関係がうまくいくんです。

結婚は修行の始まり

結婚って言うのは、元々は人間関係の修行だからほぼ99%相性の悪いやつと結婚するの。
相性の良いやつと結婚したって修行にならないから。
まあ結婚で境界のチャベルが鳴ると、ゴングが鳴って試合が始まるの。

ゴングがなるまではまだ別なの。
でもゴングがなると別の人になるの。

嫌なこと全部やりますよ、自分に対して。
相手もそうだしこっちもそうなの。

で、稀の稀に仲の良い夫婦がいます。
必ずそういうのがどっちかが大事にするの。
だって、好きな人がいなくなるオチは嫌なの、結局はそいつが嫌なことして死んでいくんだよね。

どんな形にしろ嫌なことをしていくんだよ。
そういう風に思っていれば大体おっけーですね。

で、どうせ修行するなら誰と修行しようかってことですから、好きな人と結婚した方がいいですよね。
嫌なやつと修行してるとボケになっちゃいますからね。

ちゅうぜんね、短くたって長くたっていいんですよ、長けりゃよく考えるし、短いやつは直感で行くんだな、ただそれだけのことですよ。
で、短いのに同じのとろうとか、あんまりふざけたこと考えるやつがいるの。

それからね、次生命線。
生命線って言うのは、大体ここから始まってここの終わりまで100だと思っていればいいんだよ。

で、途中に切れている人がいると、切れてたって下につながってた場合はなんとか頑張って長生きするの。
分かるかい?

それで、くだらないこと言うやつになってくると、あんたここで余計なこと言わないの。
あんた本当はここで死んじゃうはずなんだけど、俺の方が強いから下に出てるんだよ。
だから、長生きするの。

 

安心させてあげよう

 

心配になるようなことを言っちゃあだめなんだよ。
人に心配かけるやつは悪魔の使いなの。
人に光を照らして安心感を与えるやつが神の使いなの。

だから手相を見ながら悪魔の使いにもなれるの。
俺たちは心に火をともして安心感を与えるの。

だって半端にいいね、そうだねって言ってるならすをあげないよ。
だってあんたがいいねするの。

俺がいいねしてあげてるんじゃないの、だから本当に人を信じ続けていると疲れるよ。
疲れてみんな見て欲しがるけれど、必ずああいうやつはね脅かしてるの。

生命線のここ見るとふくらみがあるの。
ふくらみがある人は人情味があるの。
人情味があればいいって物じゃないの、人情味っていっても環状線に乱れがあると情に流されるんだなって見ればいいんだよ。

頭の中にこんだけのこと入れといてバッと見ると、答えがどんどん出てくるの。
分かる?

やる前にドンドンたってしようじゃなくて、前面以外に波動が降りてくるから、じぶんで守護霊をはなし、この人に火をともしてあげよう、こんだけのことが分かっていればこれでどんどん働くの。

それで、私に出来るかしらって私にするのかな、あんたに出来ない。
これってあんたが出てきちゃダメなんだ。
ただひたすらこの人に光をともすんだ。

だから守護霊様が話をして何も言ったらいいか教えてくれるんだ。
たったそれだけなの。

で、教えてやったら当たりだすの。
で、その人よりかいをかってきた人が、わたしは手相人相を10年以上やってるおばあさんが入ってきたとき、へっと引いちゃったの一日目で。

それが神様の試験なんだよ。
あんたがやってると思うから引くんだよ。
それ以上私もやってるんですよ。

 

斎藤一人の義と仁の話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 09日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。