斎藤一人の普通はつらいよ

ひとりさん

よろしくお願いします。
聞こえますか?

ありがとうございます。
今日はいろんな話しします。

いろんな話しをするというよりも紙を渡されました。
こんなにたくさんあります。
1時間半の予定です。

私1人でやってると時々飛ばしたりしますから付いててくれる人がいて、みてくれるようになってます。

では始めます。
よろしくお願いします。

 

光の玉に教わった話

 

今日は不思議な話しをします。

この話しが信じられない人は・・・普通の人です。
信じられなかったら私は普通でよかったって複雑に思ってください。

今の今まで私はこの話をしようかどうかすごく迷ってました。
今でも迷っています。

それとですね、私は東京なまりというんですけれども「ひ」と「し」が言えないんです。
この前も非常に聞きづらいということで会社までお電話を頂きまして。
自分で想像して聞いてください。

多分こっちは「し」だなとか「ひ」とか・・・
私は言えないわけじゃないんです、じに聞こえるんです。

それとですね、今ものすごく勢いよくライトを当ててくれてるんですけど、非常に暑いです。
もう少し落としてくれると助かります。

ありがとうございます。
だいぶよくなりました。

今まで、ごく、ほんとに1部の人にしか言ったことないんですけど今からちょっとだけ変な話しをします。
これを信じてくれというのは私は無理だと思ってます。
だから私はずっとこの話しをしなかったんです。

ほんとに小さい時の話しです。

これは私に起きたことだからみなさんに信じてくれっていうのは無理だと思います。
でも私にとってはこのことは事実なんです。

私は小さい時に分からないことがあると夜に光の玉が出てくるんです。
その光の玉に包まれると答えが分かるんです。

それでみんなに出てくるんだと思ってたの。
ある日聞いたら私だけだということが分かってビックリしたことがあるのね。
みんなはあの光の玉が出てこないと一体全体どうやって物事を教わるんだろうって、そのうちにこの話しは言わない方がいいんだっていうことに決定してそれからは私は言ったことがないんです。

その時にいろんなこと教わりました。
人って死ぬとどうなるのとかいろんな自分が分からないこといろんなこと聞きました。

それについては今日はお話ししません。
この次、そのうちきっと話したくなると思うんだけど私としてはその光の玉が出てきたって話しをするだけでほんとに勇気がいるんです。

私今世は商人をやってるんです。
商人って不思議な話するとダメなんです。

なんか不思議なことを言って物を売ってるように見えるからね。
うちのスリムドカンとかを見て不思議に思う人はいないと思うんだけど・・・なんか言ったらスッとしました。

今日は普通は辛いよっていうお話をします。
今日の1時間半のお話しのタイトルが普通は辛いよっていう話しです。
途中半分ぐらい聞いててもこの話しは分かりません。
最後のほうになってきてあーなるほどそういうことか、普通が辛いよってのが分かって頂けると思います。

では前半の分からないところから始めたいと思います。

日本の神様は素晴らしい

私はこの前、伊勢神宮へ行ってきました。

これもここで言うのは初めてなんですけど私3ヵ月前にとんでもない体が悪くなっちゃったんです。
今まで私いろんな病気したんです。
小さい時から。

お医者さんが死んじゃうと言っても私は絶対死なない、死ぬ気がしないんです。
ところがこの前はほんとに死ぬなと思ったんです。
まぁいいやって医者は二十歳までしか生きないって言ってたんだからそりゃこんなに生きたんだからもういいかなって正直に私そう思ったんです。

そしたら、こっから先は不思議な話しだからみんな信じなくていいよ。
これを信じろって言うのはほんとに無理だと思うんだけど、天照大神さんが出てきて伊勢神宮にいらっしゃいって伊勢神宮に来たら治してあげるわ。

でも起きられる状態じゃない。
それで呼ばれたからっつうんで両脇抱えられながら行ったの。

伊勢神宮の前でほんとに階段もあがれないような状態で私は支えながら行って階段上がって、そしたらある言葉が下りたの。
私はその言葉はっきり聞こえたの。
その言葉は教えられないんですけれど、それで、ともかく私はその言葉が下りたんです。

そしたらその場で激痛が半分ぐらいになったの。
それで今月いっぱいで治してくれるって。
それから薄皮はぐように楽になってあの状態からみたら考えらんないぐらいなんだけど、それで私なりに決心したのね。

私が決心したことだからここの中にはねそんな話し聞きに来たんじゃなくてね、いろんな宗教入ってる人いると思うし何やってもいいのよ。
私に起きたことを言ってるだけだからね。
信じられない人は普通ですからね。

その時に私は助けてもらったんだから残りは日本の神様の話ししよう、こっから残りの人生ね、日本の神様の話ししよう、ただうまく伝えないとね、ヒトリさんが言ったら余計信じられなくなっちゃうって言われたんじゃいけないからね。
助けてもらって迷惑かけられないから。

そんなことで、そして私が伊勢神宮行って帰ってきたら私が伊勢神宮にいるって知っててねいろんな人来てくれたの。
その人たちに待合室で私が話しをしました。
そしたら私の知り合いじゃない人まで一生懸命聞いてました。

きっと私を説明の人だと思ったんだと思います。
その時思い出してもう一回話します。

ここは伊勢神宮だと思って聞いてください。
よろしくお願いします。

そこで私が言ったのは、私たちって日本人だよね。
日本って日本の神様があるんだよ。
日本の神様って素晴らしいんだよ。

もちろんよその国の神様も素晴らしいんだよ。
でも日本の神様って特徴があるんだよ。

日本の神様って宗教戦争したことないんです。
インドからお釈迦様ね仏教が入ってきました、中国から儒教が入ってきました。
ずっとヨーロッパを経てキリスト教が入ってきました。
でも何にも入ってきてないときは日本には日本の神様がいたんです。

たいがいはよそからいろんな神様が入ってくるとそこで一悶着どころかもう百悶着ぐらい起きてずっとね殺し合いをするんです。
ところが日本の神様はそれをしなかったんです。
すごくおおらかな神様だって。

なんで日本の神様はよその神様と喧嘩しないんですかっていうと、日本の神様は八百万の神。
八百万(やおよろず)ということは800万って書くの。
800万の神様がいる。

いいですか。
国民の人口はその頃100万人いるかいないかなんです。
100万人に対して800万の神様がいるんです。

1人8人ですよ。
そしたらそこにインドからお釈迦様っていうのが来ましたよっていったときに日本の人たちは今でも800万いるんだからあと1人ぐらい増えてもいいじゃないかと。
こういう気持ちで受け入れたんです。

よくよく話し聞いてみるとやっぱしね、インドの方からわざわざ伝わってくるような話しだから聞いてみればいい話しなんです。
そうするとじゃこの部分お任せしようっていうんで今お葬式をお任せしたりね、いろいろやってるんです。

キリストさんが入ってきたときも、いいじゃないかもう1人ぐらい増えたって。
私たちはクリスチャンじゃないけどクリスマスやったりね、バレンタインやったりするじゃない。
適当にやってるんです。

すごくいい加減な神様なのかなっていうとそういう神様でもないんです。
日本の神様ってね。

日本は神様の教えを知らない

あとねちょっと面白いことがあんだけど、皆さんの周りにも神社っていっぱいあると思うのね。
神社には祀ってる神様が、御歳神っていうんだよね。

その御歳神を例えば、今三社祭とかありますよね。
あれ命がけで神輿担いでる人に、ところで御歳神は?
って聞くと知らないんです。

この前山形行ってもの凄い古い神社があってね、その神社で御神楽を踊ってる村の人たちにここの神社の御歳神はどなたですか?って聞いたら答えが素晴らしいの。

御賽銭の中に入れてくださいって。

面白いでしょう?
何百万とお守りして、なおかつよ御神楽まで踊っててここの神様誰ですかって聞いたら知らないって言うの。

キリスト教の人にねそちらの神様はっていうとキリストですとかマリア様ですとか、まず知らない人いませんよね。
日本の場合は知らないんです。
そして教えは?
っていうと教えがないんです。

わかりますか。
普通はねキリスト教だったらバイブルとかコーランとか宗教によってね仏教だったら経典とかあるでしょ。
日本はないんです。
教えがないんです。

神様の名前が分かんなくて教えがないんです。
すごいでしょう。

だから誰々のために命捧げてきたって捧げる人の名前が分かんないからね。
ちょっと捧げるのは難しいような・・・になるなって。
いい神様ですね。

先祖を大事にしよう

それでね、教えって何ですかっていうと日本の神様ってたいがいは神社に行くと鏡がある。
その鏡を覗くと神様が見えることになってる。
私も何回かやったんだけどたいがい自分の顔しか見えないんだよね。

「かがみ」というのは真ん中に「が(我)」が入る。
我をちょっと取り除く。

我を取り除いて「が」を抜かすと私の後ろには親がいる。
で親の向こうにはまた親がいる。
でその親を親を親を・・・ってずっと辿ってくと天照大神に行き着くことになった。
でその後ろへ行くとイザナミさんっていうのとイザナギさんっていうのに行き着くことになってる。

それが日本の先祖なんだよ。
日本人の先祖なんだよ。

実は私はですね、幼稚園の時はキリスト教の幼稚園だったんです。
それでヒトリさんね、あなたの先祖はアダムとイブなんだよ。
何回も言われたんですけど私はある金髪の人を見てどうも違うんじゃないかと。
なんか体の形も足の裏側と違うんでこの人は私の先祖じゃないような気がしたんですね。

でもちろんアダムとイブを見てこの人が先祖だと思った人はいいんです。
最後は自分を頼るしかないんだから。

だから私は天照大神さんでいいかな~って思った方なんです。
ただそれだけなんですよ。

みんなね鏡見たとき自分が映った。
結局自分のために1番頑張ってくれるって自分しかいないんだよ。
みんなね、自分が神様なんだよ。

後ろに後ろって見てって先祖を大切にしようね。
日本の教えって先祖を大切にしようねってだけなんです。
それから神様に感謝しようね。

なんで先祖大切にするんですか。
お祖母ちゃんとお母さんが違うから。

お母さんと娘が違うっていうのは人間の細胞って分裂するとき細胞核まで分裂してポッと2つになるんです。
もし、このまんま2つになってたら人間っていうのはクローンになっちゃうんです。
同じ人間になっちゃうんです。

それがなんで違うんですかっていったときお祖母ちゃんとお母さんと違うのは、お祖母ちゃんとひいおばあさんが違う経験をしたんです。
だから子供が経験を通して違う経験をする。
だからお母さんと子供が違うのは違う経験をしてるから。

経験が違うから持ってる中身が違ってきてしまう。
だから人っていろんな経験をしながら生きてるの。

だから先祖に感謝しようねって何ですかっていうと私たちがいま生きてられるのはいろんな免疫があるから。
いろんな病気が流行った時にその病気で死なないでなんとか免疫を作っちゃった人がいたの。
その人たちの全ての恩があるの。
それで私たちは生きてられる。

なんでもいいから感謝が大事

この前本読んでたら奈良の春日大社の神主さんがいい本書くわこの人は。
その人の本を読んでたらね、太陽があって地球がある。

みんな太陽が明るいから地球が明るいと思ってんだよね。
太陽が温かいから地球が温かいと思ってますよね。

でもそうじゃないんだよ。
太陽と地球の間って暗いんだよ。
宇宙船なんか夜宇宙船撮った映像あるけどいつも夜でしょ。

考えたことある?
もし太陽が明るくて地球が、例えば太陽が温かくて地球が温かいんだとしたら日本で一番温かいのは富士山の上だよね。
日本で一番温かいのはヒマヤラの先端だよね。

だけどいつもあそこに雪がかかってるでしょう。
わかるかい?

地球で一番太陽に近いのヒマラヤだよね。
ヒマラヤが一番暑くてハワイより真冬でも暑くなきゃいけないよね。
ココナッツのプリンセス。
だけどいつも雪降ってるよね。

ってことはね、地球には空気がある。
その空気に太陽から来た物質が反射するの。
だからファ~っと明るくなって温かくなったら当然空気が薄いとこは寒くなっちゃうっていうことだよね。
だから地球に空気があるから太陽の光を、恵みを受けれるんだよね。

それで人生うまくいかない人っていうのは感謝がない。

天照大神って何ですかっていったら簡単に言えば太陽なんだよね。
天音って照らしてるってことだから。
あまねくアマテラスさんの然がきてるんだよね。

それいいですよ。
キリストさんでも誰でもいいですから私は別に人と争うこと嫌いとかね。
いいです。
いろんな然がきてます。

でも受けられる人と受けれない人がいる。
キリストは愛の塊だって、天照さんとは感謝の塊だって、だから感謝のない人ってのは何をやってもうまくいかない。

だから感謝しよう。
だから先祖に感謝するとか神様に感謝するとか。
だからみんな感謝しな。

感謝することないんです。
あっ、この人はいいことしたら感謝しようってなってる。
感謝ってのは目があって幸せとか、花があって幸せとか今あるものに感謝すること。

手があって幸せとかね。
なんでもいいの。

足の裏の皮剥いちゃったことがあんだけど、あの足の裏の皮がないだけですごい大変なんだよ。
気が付かなかったですね。
あの皮だけがないだけで歩きづらいし痛いしね。

だから感謝って今あるものに感謝するんだよっていうことなのね。
感謝するとほんとに自分の人生って光り輝いてくる。
不幸な人ははっきり言うけど感謝が足りない。

あのね、ここクーラーかかっているけどねクーラーなんつうものは徳川家康だって入ったことない。
秦の始皇帝も入ったことない。

ジンギスカンだってないんだから。
焼肉なんて熱いとこなんて。
今はねいろんなものが家にあるのに今ぐらい感謝しない時代なんて少ないよね。

昔に比べたら将軍様以上の生活しててもずっと不平不満を言っててまたこれがない、これがないってないものばっかし数える。

それよそう。

私たちは先祖代々みんな苦労しながらずっと免疫なんか作りながらね、私たちにバトンをくれたの。
そのバトンを私たち受け取った今最終ランナーとして走ってるんだよね。
このバトンを次の世代に渡さなきゃいけないの。
だから感謝しないとダメなの。

ちょっと前まで日本ってね、この前おしんって物語があったけどおしんだけが苦労したんじゃないよ。
おしんだって方、名前が違う方、苗字もおしんみたいないっぱいあったんだから。
だからみんなでこの命のバトンに感謝しながら渡そうね。

命は神様からもらったもの

今忘れたんでまた紙見ます。

八百万の神。
800万。

800万でないんだよ。
ハチってのはそっから多いって意味だよ。

分かるか。
ハチってのは末広がりだから八百屋ってのは800種類ってことじゃないよ。
うんと多いのをハチって言うの。
わかる?

だから血液型占いってよくするでしょ。
八卦ってハチでしょ。
ハチで始まるものは無限に広がるの。
だからハチというのはプロの領域なの。
わかる? ハチね。

800万の神がいるってのはどういうことですかっていうと日本の場合神様が持つのは命(みこと)っていうの。
わかる? 命って書くの。
何とかの命(みこと)っていうの。
わかりますか?

ってことは私たちは神様から・・・神様神様ってやたら言って申し訳ないんだけど信じてない人は全然信じなくていいですからね。
信じてる人だけで大丈夫です。

私たちは神様から命もらってるの。
これ分け御霊っていうの。

世界中の学者が集まっても生きてるものはタンポポの葉っぱ一枚でもできないんだよ。
世界中の学者が集まって人間がやったことっていうのは地球を何回ぶっ壊せるかっていう原爆を作った、水爆を作った。
この前計算した人がいて今ある原爆を一斉に爆発させると一人の上にもれなく50メガトン分爆発する。

ひとりだよ。散らばらずにね。
長崎の原爆の50倍。これがもれなく皆さんの上に爆発するんだっていうことを計算してた人がいるのね。

だから我々はもの凄い我がが発達したようなこと言ってるけど結局生きてるものって何もできないんだよ。
オタマジャクシなんてメダカだって作れないんだよ。

私たちは命というものをもらってるの。
これが命って書いて命(みこと)なの。

わたし命(みこと)ですよ。
みなさんも命(みこと)なの。

周り見たら人とか鳥とか虫とかいっぱいいるでしょう。
あれ全部命なの。
全部命(みこと)なの。

おにぎりあるでしょ。
ご飯粒1個1個生きてんだよ。
命が入ってるんだよご飯って。
おにぎりなんて命(みこと)の塊だよ。

中にタラコなんか入ってたら凄いよ。
もの凄い命(みこと)になっちゃうもんね。

おにぎり食べるじゃない。
私たちって生きてるものしか食べれない。
生きてるって生きてたものってことだよ。
この中でね私だけは絵描いたテーブル食べてますとか茶碗食べてるとか、という人いないと思うんだよね。

私たちは命もらって食べてる。
そしたら食べるとどうなりますかって。

この命はおにぎりさんがこっちの細胞になるの。
で私として生きるの。

だから命頂いてるのに不平不満とか言っちゃいけないの。
愚痴、泣き言とかって言わないで感謝して食べてね。
食べようねっていう話しです。

面白くて楽しくて涼やか

人生ってのは鈴があります。
あれ、魔除けです。

チリチリチリってこうやってやるでしょ。
ほんとはお賽銭入れてチリチリチリ、それで2回頭下げて拍手2回。
でもう一回頭下げるってのが正式ですからね。

日本の神様は煩いこと言いません。
間違ってても全然平気です。
800万ぐらいいると細かいことは絶対に言わないですからね。

神道は考え方は一個だけあるんです。
いいですか。

面白くて楽しくて涼やか。
いいですか。
あと100回しか言いませんよ。

面白くて楽しくて涼やか。

面白くて楽しくて涼やかに生きてるとそれだけで自分がもう魔除けになっちゃうんです。

ヒトリさん方位とか方角とかって気にしますか。
気にしないよ。
私がいるとこがいいとこなんです。

ありがとうございます。
ささやかな・・・
みんなもね、面白くて楽しくて涼やかね。

面白くって何ですか。

しっぽが白いじゃないよ。
表面の面ですよ。面に白く。

だからといって白塗りにしろとかそこまで言ってないですよ。

面白くってのはね、暗い顔の反対。
暗い顔してないで明るい顔してな。

それから楽しくってのは手が伸びる、自由ってことなの。
だってあんまり自由じゃなかったら嫌でしょう。

手延べしいっていうんだけど、中国なんかだと楽しいって字は踊り踊ってる字があるの。
踊り踊ると楽しいよ。

例えば、ここでダンスやってる人がいるかどうか分からないんだけどダンスやってる人の中で例えばワルツ踊りながら旦那の文句ずっと言ってる人とか、タンゴ踊りながら泣き言ずっと言ってる人とか、そういう人はいないんです。

だからねある程度自由にしようよ。
ただね楽しきゃいいんだからって暴走族になって夜中ブンブンブンブンやっていいんじゃないよ。

面白くて楽しくて涼やか。
みんながもし困った問題があったら面白くて楽しくて涼やかに解決する方法はなんだって考えるのね。
そうすると思いつかなくても解決しちゃう。

だいたい確率的には半々ぐらい。
思いつくときとつかないときと。

でも思いつかなくても見事に解決しちゃうの。
面白くて楽しくて涼やか。
これしかないの。

日本は感謝の国

日本の神様ってね、すごい人出てこないんですよ。
外国の神様だと海を割っちゃったとかだけど、そんな凄い人全然出てこない日本の神様って。

日本の神様は困ったことがあると八百万の神が全部集まるの。
それでいろんな意見を出し合って決めるんだけど、これがまた失敗が多いんです。
一応古事記なんかを読んでるとそうなってるんですよ。

そうするとまた集まるんです。
そして知恵を出せる人は知恵を出す、力がある人は力を出す。
これって何ですかっていうと今の民主主義と同じなんです。

だから特別な人は出てこないんです。
だけど集まって今みたくいろんなこと決めていこうねって、だから元々大和の国っていうのはみんなで力を合わせて輪になって生きてこうっていう国なんです。
日本って感謝の国だもん。

ヒマラヤ、エベレストを征服したって言葉あるでしょ?
あれは外人が言う言葉なの。
日本人は違うの。
感謝して山に登らして頂いたなの。
だって一通りエベレストが怒ったら人間なんか吹き飛ばしちゃうんだよ。

ちょうどいい天気で運よく上がれた。
やっとのこと、やっとのこと上がらせて頂いたのに一人ぐらい上がったからって征服したとかって言ってっから山が荒れるのかもわかんないです。
わかる?

よく地鎮祭ってあるでしょ家建てる時。
あれ、そこに元々いる神様がいるんだよ。
その人にここに建たせて頂きますよってご挨拶してるだけなんだよ。

ご挨拶してよろしくお願いしますと言うと悪い霊を守ってくれるっていうことで、はなから悪いものがいるからこうやってやってるんじゃないんだよ。
やってもやんなくてもいいんだけど意味合いはそうなの。

昔は富士山でもいろんな山を登るときも、登らして頂いてるって感謝だったの。

神社は先祖に感謝するための場所

あとね、神社行ったらお願い事しちゃダメなんだよ。
覚えておいてね。
神社はお願い事するとこじゃないの。

よくうちの息子が大学受かりますように、お願いしますっていっても、御先祖様だからね。
御先祖様大学行ってないかも分からないんだから。
今更そんなこと頼まれたって出来ないよ。

そうじゃなくて、行ったとき息子も大学行く歳まで無事に生きてきましたって、ありがとうございます、なんでもいいの。
感謝すると日本は言霊の国だから、感謝すると感謝をもう一回したくなるようなことが必ず起きるの。

そうするとまた感謝する。
だから感謝してる状態がずっといいことが起きるの。

ところが、ああしてください、こうしてくださいってのはある意味不平不満を言いに行ってる。
愚痴とか泣き言、不平不満を言うとまた言いたくなることが起きるの。
だから不幸の人はエンドレスで不幸。

もう嫌なことは全部起きるの。
そういうのを魔寄せっていうの。

魔寄せみたいな人っているわ。
愚痴とか泣き言とか願い事とかそんなんばっかしてるの。で感謝がないの。

感謝から始まらない人ってのは、そういう人ってのはこっちの方角行こうがこっちの方角行こうがあんたがいるとこがダメなんだよ。
あんたが魔寄せなの。
だから匂いの元道だよほんとに。
あんたがいるとこに問題があるんだよって。っていうことです。

じゃ、どうしたら面白くて楽しくて涼やかに生きれるか。
その話しを今からします。

負ける人は悲しそうな顔をする

私ねこの前テレビ見てたの。
ほんとはテレビあんまり見ないんです。

テレビ見てたらK-1らしきものがやってたんです。
K-1かどうか分からない、途中から見ましたから。
今いろんなものがりますから、それをこうやって見てたの。

そしたらなんかね、5分か10分で終わるのね。
だから総集編なんだか分かんないんだけど、それを見てたの。

旅先ではなえさんがいたからそれをずっと見てて、私、人相見だからじっとこうやって顔見ながら、こっちの人が勝つよ。
それで何対何で勝つよとかノックアウトはノックアウトだよって言うのね。
で何対何で当てたら全部あたったの。
何点差まで当てたからね。

そしたらはなえさんはビックリしてたのね。
私はやらなきゃ分かんないと思うだろう?
でもほんとはやる前に決まってんだよ。

インチキしてるわけじゃないんだよ。
コツを教えるからね。

始まったらじーっと両方の顔を見るの。
で負けるほうは必ず悲しそうな顔をするの。

一瞬ね、ふっと悲しそうな顔したの。
その悲しそうな顔で何点差ってつけると、当たるんですよ。
ふっと自信がなくなる。

よく就職試験でもね、なんでも何か自分落っこっちゃう人はきっと試験官の前でふっと悲しそうな顔してるの。
あれは負けちゃう原因ですね。

それで面白くて楽しくて涼やかっていう考え方なんですけど、これのコツを教えます。
じゃないと涼やかに生きなさいって言ったって何が涼やかですかって分かんなくなっちゃうでしょ?

できないことは、必要ないこと

例え話なんですけど私、実はカスタネットの天才かも分からないんです。

根拠がなくて言ってるんじゃないんです。
実のこと言うと私、小学校の時にカスタネットを全員でやらされたとき、才能のない人から他に辞めさせられてトライアルとか他の楽器になっちゃうんだけど私だけ最後まで実はカスタネットだったんです。
これはもしかしたら自分はカスタネットの凄い才能があって先生が見抜いてたんじゃないかなって。
そんなこと私考えてたんですね。

中学校の時私、方程式やらされたんですけど、やる気が起きないんです。
やる気もないし、分からないんです。

先生はサイトウ君は方程式ができないと思ったんです。
ところがサイトウ君は一目見たときこれは要らないと思った。
そしたら社会に出でから一回も使わないんです。

私の方が結局正しかった。

英語もそうです。
私英語見たときね、これ要らないと思ったんです。
先生ができないと思ってる、私は要らないと思ってる。

そしたらなんと社会に出ても外国との取引は一切ありません。
外人の彼女も出来ません。

人間てのはパッと見るとこれは要るか要らないか分かるんです。
要らないものを受け付けないという才能があるんです。

わかりますか?
そういういろんな才能を私は持っていました。

教習所行った時もね卒検みたいなのあるんだよね。
私よく落ちました。

未だに私あのS形の次にすぐにクランクになっていきなり踏切が出てくる道路、私今まで見たことがない。
あんな道路会ったことない。
自分は何回か落っこったけど同級生でも一回で受かる子がいっぱいいました。

そういう子は必ずお前何回で受かった?
とか聞きます。
あわよくば自慢しようとしてます。

嫌な性格ですね。
私はそういうことしません。
自分が落っこった側ですからね。

社会に出るとね、やっと免許取った人って大事にしてるんです。
免許を大事にして人のことバカにしなかったらいいに決まってるもん。

みんなはね、ふっと悲しい顔するってのは小さい時に何かで自信失ったんだよね。
だけどみんなが自信を失ったことよく思い出して。

自信を失ったこと、出来なかったこと、その出来なかったことって社会に出でから一回も使わないことだよ。

みんな要りもしないもの出来なかっただけなの。
なんで要らないことやれなくて自信を失わなきゃいけないの。
そうだよね。

学校じゃ自分は虐められてて自信失うけど、虐めてる奴よりよっぽどマシだよ。
虐める奴が悪いんだよ。
悪い奴の方が自信持ってるんだよ。
そんなのおかしいんだよ。

私は駆け足も遅かったけど、未だに人のこと追っかけたこともなきゃ、駆け足で抜いたこともない。
なんにもそんなの関係ないよ。
みんなね、涼やかに生きるってのは要らないものをやらなかっただけで何か悪いですか。

要ることがあればみんな出来るようになるんだよ。
みんな出来るものだけで生きてるんだよ。

それなのにいちいちあの人はあれが出来て、駆け足が遅くてって関係ないよ。
俺が猟師で熊でも追っかけてるから別だけど、猟師でもない駆け足が遅いからなんですか。

それをちっちゃい時からね、僕だけカスタネットでって泣き言行ったってしょうがないんだよ。
カスタネットから一個出世してトライアングルになったからって30過ぎてトライアングルたたいてる訳にはいかないんだよ。

なんですかそれは。
馬鹿馬鹿しいことやめな。
もっと幸せに考えようよ。

そうやって言っても不幸な人でも、でもでもでも・・・って。
でもこうなのよって。

あんた全力をあげて不幸になってるよ。
全力をあげて、持てる力を全部使ってるよ。
持てる力全部使って不幸になってんだよ。

そのことやめな。
もっと自分のために自分の心使おうよ。

私今みんなにこうやって向かって話してるんだけど、私小学校の時あんまり先生のいうこと聞かないから先生の隣でずっと授業をしてたんですよね。

だから常にみなさん方向いて過ごしてきた。
だからちゃんと神様は将来の事知ってるから。

涼やかに生きるってのは自分が自分のこと語って楽しくて、人が聞いて楽しきゃ涼やかなんだよね。

あれができない、これができないじゃないの。
あれも要らない、これも要らないたったこれだけで生きれれるんだ。

うちの母がね、私があんまり勉強しない学校行かなかったからうちの母がおまえは学校向きじゃないから社会に出てたら出世するよって。
世の中何にも向かない人なんていないんだよ。
だから学校向きじゃないお前は必ず出世するよって、うちの母ね育ててくれたの。

ほんとに嬉しいです。

使命感を持つこと

では今から心の御柱って話しをします。

えー、一個飛ばすことになりました。
心の御柱って話しはこれはします。

御柱ってなんですかって。

雨もみやしらっていうんだけど諏訪大社、長野の諏訪大社でこんなデカい材木を山から落っことすのを知ってるか。
それに人間が乗っかって落っこったりね。
なんかするんだけど、知らなくても結構です。
知らなくても話は続く。

雨って雨が降ってるんじゃないよ。
天国を雨っていうのね。
雨のみやしらっていうんだけど、早い話が柱立てる。
柱を立てるとそこに神様が降り来ますよっていう話しなのね。

信じても信じなくても構いません、一応そうなっております。
ところでみんなのね、心の中に御柱立てようよ。

みんなが例えば自分は皿がないです。
つまんない仕事にだな時給いくらだ言ってるけど、実は皿って後からピロっと流すと石鹸なんかちょっと付いてても分かんないんです。

ただ自分の子供に食べさせるならもうちょっと綺麗にするよね。
自分が食べるんだったらもうちょっと綺麗にするよね。

あなたも知ってるし天も知ってるんだよね。
あなたがちょっとしか洗わなかったことをね。

人間てね自分のやってる仕事に使命感っていうのがあるの。
綺麗なお皿で食事してほしいんだ、コックさんなんかもその方が働き甲斐があるしお客さんも喜んでくれるんだ。
自分が車のスプリング作ってんだ。

油だらけで嫌になっちゃうなっていうけど一応車のバネがないと車ってね振動で壊れちゃうんです。
お尻もダメになっちゃうんです。
そしたら自分が車を守ってるし、お客さんの命守ってるんだ。
車を運転してる人の命守ってるんだって使命感を持つと、なぜかいいことばっかし起きるんです。

私いいことがないんだっていうけど、アンテナを立てないでうちのテレビ映り悪いんですって言っても当たり前だよね。
特にこの日本っていう国はしっかりとした御柱立てないと。
仕事に使命感も持たずにやってたらうまくいかないよ。

もしかするとアメリカでもそうかも分かりません。
だから自分がしっかりとしたね心の中の御柱立てようよ。

私はこの仕事でこういう風に使命感を持ってます、自分の使命感ぐらい言えるようになろうよ。

どんな仕事にも使命感ってあるんです。
だから使命感を持とうねって、心の御柱の話しを終わります。

心を柔らかくする方法

次です。
心の凝りの話しをします。

心ってのはコロコロ溜まるから心っていうんだよ。
これもそうです。
でも心は、こころ、肩が凝るより凝っちゃうんです。

心って固くなってちっちゃくなっちゃうんです。
固くてどんどんどんどんちっちゃくなってきちゃう。
うんと固まっちゃうと死んじゃうんです。
だから自殺しちゃったりする人いるでしょう。

この心の凝りを取る方法が2つあります。
覚えておいてくださいね。

1つは、人と話しをすること。

話しをすると離す。
だから掴んでたものを離すんです。

昔は話しってね、いっぱい話してたの。
だからおしんの頃の貧しい時、自殺者が少なかったの。
みんなで話ししてた、井戸端で話ししたり。

ところが今はテレビばっかし見てるから。
テレビって評論家がいて、なんかこれが正しくて、これが正しくてって言うのね。
それを見過ぎちゃってるから話しができないの。
今の人って。

話しをして会話をしに来てるのにじっと聞いてて裁こうとするの。
あなた、聞きながらそれはそうじゃないよ、こうじゃないよ。
これをやられると余計凝っちゃうんです。

人の話の粗探しをしない

だからあの人と話ししたくないっていう人いると思うのね。
そういう人ずっと見てて話しをしてるんじゃないの。
話しをじっと聞きながらあなたはどこがいいとかここが悪いとかこの考えじゃダメだって言おうとしてるの。

あなた裁判官ですか?
聞いてる人は被告ですか?

だから話しを余計しなくなっちゃうの。
だから凝って凝って凝り固まっちゃうの。

今私一生懸命喋ってるんはここに来た人が握ったものを少しでもパッと離してほしいの。
それで心が柔らかくなって、人を受け入れられる様になって、八百万の神はね、外国からインドから何かから来た人みんな受け入れたの。

よっぽど柔らかい気持ちだったの。
いいよ、ここにいなって。
迎え入れたんだよね。

それと同じように俺たちも心をファっと柔らかくしたいの。
だから話しをしたらここに来た人はお願いだからね、話しをしてあげてほしいの。
目的はこの人の心の凝りを取ってあげたいの。

それでもまた凝るよ。
嘘言ったら。

でもまたこの人たち、ここに来てる人たちにまた会いたい。
そしたら話したらファっと緩む。

自分を許そう

あとね、相手のこと許すの。

いろんな嫌なことあったよ。
反撃することが出来ないで泣き寝入りした自分が許せないんだよ。
だから苦しいんだよ。

それで誰かにこの気持ちを分かってもらおうと思って話しすると、話しじゃなくじっと裁こうとしてる奴。
素敵ですね。

ここの人たちはそういうことよそう。
話しを聞いてやろう。
凝りを取ってあげよう。
そして、広い心で生きられるようにしてあげようって。許すの。

どうしても許せない人がいたら、許せない自分を許すの。
あの人許せないけど、自分だけは許します。
自分が大好きだから。

これいうと自分が許せない人いるんですかって。

いるよ。
ほとんどの人は自分が許せないんだよ。

なんでかっていうと、虐められてる人がいる、虐めた奴は許せないよ。
だけどもっと許せないのは言い返すことが出来なかった自分なんだよ。
そういう風に思ってください。

勇気を出して一回だけ、自分を許しますって言ってみてくださいね。
そしたら人生ほんとに変わります。

それで虐めてた奴がいけないんだ。
駆け足が遅いからって笑った奴がいけないんだ。
俺たちは猟師でもないのになんで笑われなきゃなんないんだよ。
駆け足が遅いぐらいで。

なんで一回も方程式が出来ないぐらいで、ずっと一生嫌な思いして生きなきゃなんないの。
英語ができないからってなに。
ここ日本だよ。

 

斎藤一人の愛の話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 12日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。