斎藤一人の漢方のツボの話

ひとりさん

笑顔で老化を防ぐ

そうそうそう、漢方の話。

漢方ってのはツボがいるな、その中の一つ。

 

ここにしわを寄せるとたちまち老化の……老化のホルモンだか酵素だかかわかんないけどこう、出てくる。

だから眉間にしわを寄せてると、非常に年とるのが早い。

老化を促進する、わかりますね?

 

 

では、なぜそれを止めることができるかっていうと、笑う。

ここのところ、ここに、老化を止めるツボがあるんですよ、わかりますね?

だからこれを、こう、いつも笑ってる人はここを、ここを刺激してるから若いんです、わかりますね。

ところがここの筋肉が弱っちゃってる人はそれができない、オッケーですね。

 

 

それともう一つ。

漢方のツボってのはいろいろあるんだけど、実にね、にこにこしてる人の方が老化が遅かったり若くみえたりするんですよ。

ね、いつもこんなになってる人はどんどんどんどん年取ってっちゃう。
悩み事するとねしわが、白髪増えちゃう、シワも増えちゃう。

 

そう、なぜかっつとこうやってぐーっとこうやってこうやって考えてるから。

考えたってんな出てくるほど頭よくねえんだから、やめだやめだ。

そんな頭がいいくらいで、考えて出るくらいなら解決してんだから。

ついてるから大丈夫くらいのこと言ってる方がいい、で、ニコニコしてるとここなんだよ。

分かるね、これが老化なんだよ。

 

 

相手を受け入れ包み込む

じゃあ病気はどうやって防ぐんですか?

病気を防ぐ方法っていうのは、……なるほど。

下がった、これが良いんだ。

これをやると免疫力が上がっちゃうの。

 

ところが、そうじゃない!

これをやるとだね、免疫力が著しく弱っていく。

……分かります?

 

 

こう、首を横にばっかし振ってると、免疫力が弱っちゃうの、病気になりやすい。

それより、なるほどなるほど、嗚呼、そうかそうか。

そうかそうかっていうのは頷いてんだよ、そういう意見もあるのか、そういうことを考えている人もいんのかって。

 

賛同しろっつってるわけじゃないんだよ、私は。

世の中って色々な意見があるんだって、それを、受け入れるだけの度量を持つ。

あんたそれ違うよとか、それはどっちが正しい論なのとか。

そうか、こんなすごい意見でもこの年まで生きてきたのか、とか、それは何考えてもいい。

 

でも、世の中には動物だって色んなのがいるんだよ。

蝙蝠もいればキリンもいるんだよ。

こんな首が長くても生きられるんだとかいろいろあるわな。

 

それを蝙蝠がいけないとか、キリンの首は長すぎるとかそういう論争じゃないの。

俺はあんな首が長いのは嫌だとか、あんたになれっつってるんじゃないの。

 

 

その点のことを考えて、これを包み込みというの。

相手をわーっと包んじゃうの、自分のオーラが出てる。

拒否するの、そうしてきたらとげの形になってくる。

 

そ、その人を飲み込んじゃうの。

飲み込んじゃうってとだんだんこっちの波動になってきて言うこと変わっちゃう。

 

海が迫る、海ってね一番低いところにあっから一番デカイ。

海より低いところはないんだよね。

皆入っちゃった海。皆入っちゃうとみんな海の水になっちゃう、もう、真水もクソも関係ない。

あそこに入っちゃうとみんな塩水。やってけねえんだ。

 

それと同じように、どうもデカイやつがいた、あいつに会ってると、うんうん、つってるだけなのにだんだん巻き込まれちゃって、そうですよね、なんてっちゃって、そのうち相手と同じ意見になっちゃったりするんだよね。

 

相手を拒否なんかしたってどうにもなんないの。

海の水ってのはこの水は入れないとかこの水を入れちゃダメとか言ってないの。
何でも考えてない、入ってくれば塩水だから、ね。

 

それと同じように、首を、うんうんってこうふること。

振ることっていいことだよ、まえ、商人は良く頭を下げるんだよってこれもさぁ、ね。

家にふんぞり返ってる奴の方が病気になったりする、そうするとまた病院に怒られたりするけど。

 

会社もデカくなって、いろんな人がテープ聞くといろんなことで怒られちゃって。

俺この前ねぇ、怒られて、全く反省したもん。

 

もう……、なんつーか、占いをめちゃくちゃ気にする人がいんの。

その占いもいいこと言ってくれりゃいいけど、否定的なこと言われるとずーっとそれで人生狂っちゃう人もいるの。

だからついね?

あの寒いとこへ、一日立ってなきゃ食ってけねぇような人の言うことを聞くなって俺が、つい言っちゃったの。

そしたらそれを占い師の人が聞いて、俺、ひどい目にあって怒られたんですよね。

勿論反省して謝りましたけど。

 

もう、これが大きくなって非常にね、あっちもこっちも気ぃ使えねえって、……大変なんだよ?

 

うん、だから本当に言い方とか気ぃ付けないと、でも、ほんとはその人も一生懸命やってるから、誰にも傷つけないで話ってあるんだよね。

その人が言ったわけじゃないんだよ、それもわかってんですよ、えぇ。

ただ追々、みんながどっちが楽しいだろうっていう生き方にしていかなきゃいけないんです。

 

 

今、テレビでやっているように、誰かを……なんての、裸でおいといて飯食わせないとか、なんかでわかんないけど、ああいういじめみたいなの観て楽しむんじゃないの。

ほんと、全員が楽しめることってあるんですよ。

だから、ああいういじめみたいなのはよしましょう。

ということです、いかがでしょう、よろしいですか?

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。