斎藤一人さんのお弟子さん〜遠藤社長の話〜

お弟子さん

言霊の魔法

 

―― 続きまして、遠藤ただお先生です。
遠藤先生は、どんな頼み事をしても二つ返事で引き受けてくださる頼もしいまるかんのお兄さんです。
講演のタイトルは「言霊の魔法」です。
遠藤先生、お願い致します。

皆さん、こんにちは。
遠藤ただおです。

本日の私の話は、たった一言で私の人生が変わってしまったという、実際に私に起こった話。
言霊の魔法、聞いてください、お願いします。

私と一人さんは、今から二十年前、はなえ社長がやっていたトムソーヤという喫茶店で出会いました。
出会った当時、私は一つ悩みを抱えていました。

そしてその悩みを一人さんに聞いてもらおう、一人さんだったらその悩み、私のこの悩みを解決してくれるんじゃないかなと思って打ち明けました。

「一人さん、私は今悩みがあります、聞いてくれますか。」
と言うと、一人さんは
「いいよ。ただおちゃん、話してごらん。」
と優しく言ってくれました。

私は今そこの自動車教習所に指導員として勤めてるんですね。
その教習所は指導員が100人いるんですけど、その100人の内、一人さん、たった一人なんですけど、私の事を嫌ってる人がいるんですよ。

100人の内、一人だったらいいじゃないかって一人さんは思いますよね。
でも、実はそうじゃないんです。
100人の内、そのたった一人というのが私の上司なんです。

上司から受けた嫌がらせ

上司だとなぜ悪いかって言うと、実は今私は今自動二輪を教える資格をあるのにも関わらず嫌われているから、教えさせてもらってないんです。
また、学科を教える資格があるのにも関わらず、嫌われているから学科も教えることが出来ないんです。

それから、朝です。
朝って一人さん、一番スタートですから、やっぱり爽やかに気持ち良く仕事したいですよね。

その朝私は、その上司に対して、おはようございますって挨拶をするんです。
そうすると上司は私にこう言います。

今からちょっとだけやってみますから、一人さん見ててください。って言って、一人さんに見ててもらいました。
今から実際にやりますから、見てください、皆さんも。

私が朝、教習所に行きます。
上司が前から歩いて来ました。

私は立ち止まって、上司の顔を見て笑顔で「おはようございます。」ってその上司に言います。
そうすると、上司は私に向かってこう言います。
「お。」

小さな声で、「お。」だけです。

でも、他の指導員が上司に向かって「おはようございます。」って言うと、一人さん、その上司はこう言うんですよ。
「おはよう。」

これはひどいですよね。

私の悩みというのは、実は挨拶をしてもらいたいという事じゃないんです。

今実際に私は自動二輪を教える資格があるのに、嫌われているからやらせてもらってないんです。
また、学科を教える資格があるのにも関わらず、嫌われているから、学科教えられないんです。
この悩み、どうにか解決できませんか。

って一人さんに聞いたら、一人さんが私にこう言ってくれました。

「ただおちゃん、解決できるよ。
じゃあ今からその解決方法をただおちゃんに教えてあげるから、よく聞くんだよ。
これから話す言葉は魔法の言葉だから、ただおちゃん覚えてくんだよ。」

と一人さんが言いました。
私は「はい、教えてください。」って言いました。

「いいかい、今から言うよ、よく聞いてよ。
明日その上司に会ったら、一言笑顔を添えて感謝してますって、ただおちゃん言ってごらん。」
って一人さんは私に優しく言ってくれました。

感謝してないのに「感謝してます」

その時私は一人さんにこう答えました。

一人さん、絶対に言えません。
私、一人さん、申し訳ないんですけど、その上司にこれっぽっちも感謝してません。
ですから一人さん、言えません。
うちの母親は私にこう言います。
心にもないこと言うんじゃないっていつも言いますから、心で思ってませんから、感謝してますって一人さん言えないんです。

って私が言ったら、一人さんは優しくこう言ってくれました。

「ただおちゃん、いいかい。
人間心で思ってから口に出して言うんだとしたら、十年二十年言えないよ。
だから、心で思ってなくてもいいから、口に出していいな。」

って言われた時、私、「はい。」って言いました。
そして次の日、教習所で言う決心をしました。

実際に次の日になったと思って皆さんも聞いてください。

朝上司が前から歩いてきました。
私、歩いて行きます。

立ち止まります。

にこっと笑って、その上司に対して「おはようございます。感謝してます。」って言ったんです。
そしたら上司が思わずこう言いました。

「おはよう。」

私すっごく嬉しくなりました。
教習所に入って初めておはようって言ってもらいました。

そしてドラマはその日のお昼休みに起きました。

私、その上司に指導員室に呼ばれました。

「遠藤君、君は確か自動二輪教える資格もってたよね。」って言うんです。
私はこう言うんです。
「はい、持ってました。」
「そろそろやらないかい。」って言うんで、「やらせていただきます。」って言いました。

そして続けざまにこう言われました。
「学科も教える資格もってたよね。そろそろやらないかい。」って言うんです。
私はまた続けて「やらせていただきます。」って言いました。

そして指導員室を出る時です。
その上司が私にこう言いました。

「遠藤君、今晩一杯飲みに行かないかい。」
「喜んで。」と私は二つ返事で飲みに行きました。

教習所に入って飲みに連れてってもらったのが、その時が初めてでした。

なぜ「感謝」なのか

私が実際にその上司に対して感謝してますって言いました。
でも私の心の中はどうだったのかな、その当時どうだったのかなって思いますと、本当にこれっぽっちも感謝の気持ちなんか持ってません。
嫌がらせをされてる人に感謝なんかしたくないもんね。
思ってもいなかったんです。

でも実際に言葉に出た「感謝してます」という事が相手に伝わり、奇跡が起きました。
今では、私は心から「感謝してます。」という言葉が毎日出るようになりました。

これが、私に起きた言霊の魔法っていう話なんです。

実はつい先日、この話にはびっくりするような後日談がありまして、その後日談を一人さんに私はつい先日聞かされました。
その話を皆さんにこれから聞いていただこうと思います。
よろしくお願いします。

つい先日の事、一人さんに「感謝してます、と一言言っただけで、なんであんな奇跡が起きたんでしょうね。」と私は一人さんに尋ねました。

そしたら一人さんが私にこう言いました。

「ただおちゃんは、家庭の事や親の事も色々あったよね。
体も人一倍大きかったし、ケンカも強かったし、正義感も強かったから人助けもたくさんしたけど、弱い者もいじめちゃった事もあるよね。

強い人間って、ずっとやられた人の気持ちがわからないんだよ。
だけど、そこに就職した時に、自分の上司がただおちゃんに意地悪をした時、初めて弱い人間はいじめられた時にこんな気持ちだったんだろうな、全く嫌な上司だなと思うのは、人間界の言い方なんだけど、その上司の事をこの人が観音様の化身なんだ、この人が自分に嫌なことをされた人間の気持ちをわからさせてくれたんだ、あぁありがたい。
この人は観音様だと思ったら、ありがとうございます、感謝してます、と自然と出るよね。」

と一人さんは私に教えてくれました。

私は二十年経った今、当時の感謝してますというわけがわかりました。
そして、こんなに深い意味のある話だとは知らずに話をしていましたが、そのわけを知った今、私はこの話がますます好きになりました。

今日は私の話を聞いてくださいまして、皆様に心より感謝致します。
ありがとうございました。

―― 遠藤先生、ありがとうございました。
もう一度大きな拍手をお願い致します。

 

斎藤一人の知らないと損する不思議な話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。