斎藤一人の覚悟の話、無から有を生み出す話

ひとりさん


おはようございます。

100回聞いてくださいの話です。
この話は本当に大切な話なので、是非100回聞いてください。

 

 

嫌なことは受け止めて外に出さない

時々ついているとか、嬉しい楽しい感じがしていますとか、幸せありがとう許します、天国言葉言うんだよということで、ちゃんと私言っていますとか、言ってるんだけど、いまいち心がなんかまた辛くなっちゃうこともあるし、否定的なこととか考えちゃうこともあるんですよ、って言う相談があるんですけれど、人間というのは悩みというのは実は、無くならないんです。

 

はっきり言うとお釈迦様って言うのは、物凄い大天才で凄い頭のいい人で、もう本当に心も最高の人なの、その人が悩みというものを無くそうと滝にも打たれたの、物凄い断食もしたの、難行苦行、本当に死ぬ寸前まで自分を追い詰めたの、それでも実は悩みというのは無くならなかったの。

 

ただ、お釈迦様が難行苦行の後に言った言葉が無駄である、人間というのは難行苦行しようが無くならないんだよということが分かったのね。

 

 

それで、私が何を言いたいかっていうと、お釈迦様もそうなんだよ、仏の顔というのがあるよね、阿弥陀さんでもみんないい顔しているよね、ということはどういうことですかというと、悩みがあってもいいんです、無いような顔をしてください。

 

それで、悩みがあってもいいから、言葉から天国言葉を喋ってください、それで、いつも幸せそうにしててください。

そうすると、あなたの周りの人が、あなた幸せなんだ、良かったねって周りがみんな安心します。

 

どんなストレスがあっても、例えば、部長から言われようが、周りから嫌なことを言われようが、自分で受け止めて自分は絶対に外に嫌な顔を出さないでください、地獄言葉を吐かないでください。

よくそういうことをすると、ストレスが溜まっちゃうという人がいるのだけど、溜めておいてください。

よくストレスが溜まると早死にする人がいるんです、死んじゃってください。

何を言いたいかというと、ダラダラダラダラ長生きしながら、地獄言葉を周りに撒き散らすと、迷惑なんです。

 

 

幸せになるための覚悟

徳を積むということは嫌なことがあっても、自分から絶対に外には出さない。

どんな嫌なことも自分で受け止めて、人に出すときは良い言葉、良い笑顔でしか絶対に出さないという覚悟なの。

その覚悟をすると、初めてその人に奇跡が起きるの。

 

だから、みんなに奇跡が起きないのは、あまりにも覚悟が足りないの。

その覚悟で奇跡を起こしたいといっても、起きないよ。

 

今日から自分が絶対に嫌なことがあっても人に出さないんだ、孔雀明王というのがいてね、孔雀というのは蠍だとか毒虫だとか、毒ヘビなんかみんな食べちゃうの。

だけど、その毒にあたることなく、鳥の中で一番綺麗なの。

だから孔雀明王の、だから今から私が言ってるのは、孔雀明王の仕業なの。

この事さえ、しっかり分かって絶対に今日から私が何があっても、幸せそうな顔してるんだって、幸せな言葉を話すんだ、周りの人からあなた苦労した事ないでしょと言われたら、自分の勝ちなの。

 

なぜかというと、顔とか言う言葉が苦労に負けてないの。

だから、嫌なことが起きようが何しようが、絶対に言葉に出さない人は、必ず苦労に負けない人なの。

 

だから、まず覚悟しなくちゃダメなの。
しっかりお腹を、腹を決めてやるぞと思った人に必ず奇跡が起きるの。

だから、幸せになる覚悟をする、しなくちゃいけないよって、この覚悟が決まったとき、明日からでも奇跡が起き出すからね。

頑張ってやってください、必ず100回聞いてください。

短い話ですから簡単だと思います。
よろしくお願いします。

 

 

 

無から何が出来るか

おはようございます。

ひとりさんの100回聞いてくださいというお話です。

 

この話は物凄い究極的な話です。

最近、私のお弟子さんになりたいという方がいるので、そういう人にも話します。

 

それで今から話す話は、仕事の成功法則です、それと、もう一つ精神的なことの成功法則です、それで二つとも同じことです。

これがわかると、仕事でも絶対に成功できます。
それから、精神的な成功もできます。

これが、私のお弟子さんに教えていたことで究極的に言うと、私が教えることはこのことしかないんです、だから、そのことをやってくださいね。

 

 

まず、皆さんが成功しない、心が幸せになれない、理由はたった一個なんです。

それは、無と言うものの使い道を知らないんです。

いいですか、これから無と言うものの使い道を教えますよ、いいですね。

 

では、簡単にあなたが、ラーメン屋さんだとします、ラーメン屋さんをやっていると思ってください。
仕事はなんでもいいですよ。

その時に、自分のお店を見渡して、ここの売り上げを上げるのに、1円もかけず、一銭もまずかけないで、お客さんを呼ぶことが何個できる、要するに、アイデアを何個出せるかということをまず考えてください。

 

まずお金をかけない、0ということです。

そうすると、お店を掃除しようとか、味付けを良くしようとか、愛想を良くしようとか、貼り紙なんかの書いてる文字を変えようとかそういうことを考えます。

 

それで、まずそれをやってみます。

近所の人に愛想を良くしようとか、タダでできることがいっぱいあるんです。

 

まずそれをやってみます、そうするとそれだけで、ハイのお客さんに笑顔でも、もっともっと笑顔って良くなるんです。

どっからみえたんですかと声をかけるのもいいです、そういうタダでできることを徹底的にやります。

 

その、それで、売り上げがどのぐらい上がるという、無という人が無い人に初めて無ができた時に、じゃあ、一万円あげるからって一万円でお客さん呼ぶことを考えてごらんと言ったら、クーポン券を出そうとか、ゆで卵を一個あげようとか、トマトあげようとか、それはなんでもいいのよ、その一万円の使い方がわかるの。

 

 

無を使えなければ有も使えない

無の使い方がわからない人間に、お金を渡しても基礎がないから、一番仕事で大切なのは、無という笑顔であったりとか、タダでできることなの。

タダでできることをやっていない人に、お金を渡すと、そういう人がお店直したいとか、他所がどうしてるとかってやると、必ず脳を使えない人にお金をかけさせると無に戻るんです、わかりますか?

無というものの使い道が分かってないんだということ。

だから、そのことをしっかり分からないと、仕事ってできないよ。

だから、まずお金を出さず知恵出しなっていうのは、まずお金を出さずに無というもの使えなきゃいけないよ。

 

 

それから、じゃあ、サラリーマンの人ね。
精神的な今から話だよ。

 

サラリーマンの人が僕こういうところに勤めてて、こーです、あーですと色々言うけど、あの部長が、うるさいことを言わなくなったら自分は幸せなんだ。

 

自分は車買えたら幸せなんだではなくて、全く現状を変えないでください、何も手に入れないでください。

 

それで、部長がいくらガミガミ言ってても構わないんだと、僕は山の中で修行しているつもりで、部長の滝とかに呼ばれてて、滝に打たれているつもりなんです。

それから、自分はガンガンガンガンいくら言われても、人に自分は嫌なことを言われても、人に嫌なことをしない修行なんだ。

だから、あの人が嫌なことを言ってくれないと、修行にならないんだ。

僕のために言ってくれ、今日も言ってくれ、明日も言ってくれ、それでも私は周りの同僚だとか家に帰っても、絶対に嫌なことを言わないんだ、そういう修行なんだ。

 

要は、何にも全く変えずに、幸せにその会社でまずなってください、この環境でなってください。

 

それから、そこでも幸せになった人が就職変えるならいいよ。

だけど、それも出来ないで、就職だけ変えたとすると嫌な奴ってどこにでもいるよ。

 

だから、何か手に入れたら幸せになるというけど、そしたらまた次のものを手に入れなきゃならない。

次々に追っかけ回しているうちに、あなた破産しちゃうかも分からないよ、借金だらけになっちゃうかも分からない。

 

それより、しっかりと、今で何にもなくても幸せ、これが出来れば商売をやっても幸せなの、どこにいても幸せなの。

幸せを無から作りださなきゃダメなの、わかる?仕事だとしたら、無からね。

そりゃ、ちっちゃい最初にお店作ったりとかっていうのはお金かかるよ。

だけど、そこを繁盛させる知恵というのは、無から生まれるものなの。

 

無がちゃんと使いこなしてから、有を使わなきゃなんない。

だから、何にもなくて幸せだって一生懸命働いてたら、車、軽自動車でも一台買えたら幸せなの。

 

それが、物を欲しがる人は軽じゃ幸せじゃないんだ。

ただ、軽でも軽一台手に入れたら、お休みの時はどっかドライブに行こう、だって、車から外見てるんでしょって、あなた車見てるんじゃないよねって、外の景色って別にロールスロイスから見たって、軽から見たって同じなんだよ、海の色って。

そう思えた人が、次の幸せをまた手に入れられる。

 

 

必死になれば知恵は出る

それで、よく仕事で無から有を生み出すんだよと言うと、私は例えば自分がパーマ屋さんでもいい、魚屋さんでもいい、無から有を生み出す知恵だしなというと、いくら考えても私出ないんですって言う人がいるの。

そういう人が絶対に出る方法を今から教えるからね。

 

まず、出ない人、例えば愛想を良くしようとか、わかる?お店を掃除しようとか、店の周り綺麗にしようとか、アイデアってでますよね。

 

もしそれが出ない人がいたとしたら、まず自分のことを怠け者だと思ってください。

怠けてるんです、だって、本当にあなたでないと思っていますよね?

 

それで、今から絶対に出る方法を教えます。

三日間のうちに良いアイデア、要するに無から有を生み出す良いアイデアじゃなくても良いんだよ、アイデアを出してください、五つ出してください。

 

お店を綺麗にするとか、何でも良いんだよ。

味付けを良くするとか、パーマ屋さんだけど、うちはシチューを作ってて出しますとか、なんか何でもあるじゃない。

 

私の言ったことでも良い、他所の真似しても良いの、もし一つも出なかったら、三つ出してください。

三日のうちに三つ出してくださいって言って、もし出さなかったら、あなた銃殺ですって。

 

本当に自分が銃殺になっても出ないのかといったら、一時間で五つぐらいでるから。

だから、あなたはもし銃殺ですって銃を向けられた時に、慌ててこれやります、これやりますって言うはずだから、だから、本当は怠けてるんです。

 

良いですか、必死でやるというのは、やらないと必ず死んじゃうと思えばいいんです。

 

わかるかい?商人と言うのは、小さくても経営者なんだよ。

経営者というのは、舞踊なんだよ、手足だけ動かしてたんじゃダメなんだよ。

もう、今日から経営者となったら、職人の時、パーマ屋さんで職人を覚えようが、板前さんで覚えようが、経営者になったら、経営を勉強しなきゃなんないんだよ。

それを腕一本でいくいうのは、怠けてるんだよ。

 

いいかい、板前が料理が上手いのは当たり前なんだよ、パーマ屋さんが頭を上手く出来るのは当たり前なんだよ、それだったら、ずっと職人でいな。

経営者になるということは、ちゃんとそのことを考えて、人を使い、税金を払い、国に納め、国が潤い、また働く人がそこに来て、若い人が就職して、上を見習うんだよ。

 

だから、私も随分弟子を取ろうかと思ったんだけど、弟子を取ってももうこれ以上教えることってない。

 

後は、最終的に淡々とあなたがやり続けるしかないの。

やり続けられなくなった時、自分が頭が悪いんだじゃないよ、自分が怠け者なんだって思いな。

 

怠けちゃいけないんじゃないの、怠け者なのに頭が悪いとかっていうと、頭に失礼だからね、脳細胞は同じだけついてるの。

銃殺するよって言ったら、あなた答えが出せるんだよ。

だから、やらなくてもいい、やらなくてもいいけど、自分が儲からないのは、自分が怠け者なんだ。

手足使うのはいいけど、頭使うのは嫌なんだっていう風に思ってください。

厳しいようだけど、プロの世界ってそういうものなの。

 

 

考え方を変えて無を使い、有を生かす

それから、精神論なんかもそうなの、あーなってくれたらいい、うちの旦那がこうなればいい、奥さんがこうなればいい、ならないよ。

それより、全く変わらなくていい、この人このままでいい、あの人あのままでいい、自分の考え方を変えちゃえば良いんだ、それが精神論なんだからね。

 

精神論は、あっち変えたい、こっち変えたいじゃないよ。
自分の心の持ち方を変えるということなの。

 

だから、本当に部長の滝は今日はふらないのかなとか、一つの修行だと思っていれば、今まで嫌だと思っていたのも、嬉しくてしょうがないの。

それは、「俺は負けないぞって、いくら部長に怒られたって、絶対に負けないから他所で泣き言とか絶対に言わないんだ」って。

「おたくの部長うるさいでしょ?」

「いや、うるさくないですよって、僕のために一生懸命頑張って言ってくれているだけで、ありがたいと思っていますよ。あのお説教聞かないと寂しいくらいですよ」

って言った時に、ものって変わるんだよ。

 

「この前、30分怒られちゃったじゃない?」
「なんだ、最近部長は30分しか怒らなくて根性が無くなったな」って、

「2時間くらいは頑張ってもらいたいな」って、ぐらいの勢いになった時にはもう、ものは変わるんだよ。

 

無というものの使い道が分かった時初めて、有を生かせるんだよ。

無を使えない人間が、最初から有を求めると、必ず無に返しちゃう。

 

若い人はお金が無いんです、お金のありがたみを知らないから無いの。

月に僕2万円くらいしか貯金出来ないんですって、年間24万か、1年働いて24万なんだって重みを知らないの、だから神様は重みを知れって言ってるの。

そういうお金で貯めたお金で、ちっちゃいお店を出すから、どんなちっちゃいお店でも宝に見えるの、この店潰したくないって思うの、どんな罵声でもここに客を呼ぼうと思うの。

 

だから、「お金が無いからできないんです」、お金が無かったら貯めるの。

「少ししか貯まらないんです」ってその少しずつ貯めている間にお金のありがたみがわかるの。

自分の罵声の店にでも来てくれた人に心からありがたいって思うの。

 

だから、全部あなたのためになってるの。

今ないことを活かしきってないの。無を活かした時初めて有が活きるんだよ。

あることだけを望むんじゃないよ、そしたら苦しくなるからね。

 

どうもありがとうございました、長々聞いていただきまして。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。