絶対勝てる人、絶対負ける人!幸せの方へ向くことが鍵!

ひとりさん

はい、おはようございます。
今からですね、幸せになるための100回聞きテープっていうのを入れますよー。

よく聞いて下さい。
すごい簡単ですからね。
なんでこんな簡単な事を100回も聞かなきゃいけないんだってぐらい簡単な話です。

幸せとは幸せの方へ向かう旅路

まずですね、幸せっていうものはですね、誰かがこう立ってるとこを想像してください。
で、立ってて、歩いてる。

ところで、今立ってる場所から、不幸せな人は実は不幸せの方へ向かっているだけなんです。
で、その場所で向きをちょっと変える。

幸せの方にちょっと向きを変えると、幸せの方に歩き出すんです。
で、幸せの方に歩き出すと、幸せになるんだけれど、実はその場で幸せの方へ向いただけで幸せになるんです。

それで、幸せの方へ向かいだすとすごく幸せで、それで、その幸せの方に向かいだした時に知り合った人ってみんないい人で、幸せになるんです。

それで、幸せって、その幸せに到達した時ではなくて、実は旅路を言うんです。

で、その幸せの方に向かい、幸せの方に向かって歩き出した時に、心がすごい幸せになってくるんです。

ところが、なぜ人が幸せになれないかって言うと、とんでもない間違いをしてて、また幸せじゃあなかった人、幸せを掴めなかったような人がよく言う間違いがあって、あまり大勢が間違いを言うと、間違いが正しいような気になっちゃうんです。

で、それはなんでですかって言うと、不幸な方に向かってると、嫌な奴と出会ったり、苦労したり、仕事で大変な思いしたりとか、そういうことが出てくるんです。

で、その大変な思いをすると、その後に幸せが来ると思ってるんです。
だから、不幸せな方へ驀進してっちゃうんです。

で、その結果、一生が台無しになるほど不幸になっちゃうの。
それで、幸せというのは、苦労して、嫌な思いして、大変な思いしたその後に来るものじゃないんです。

幸せというのはもう心が向かっただけで、心の持ち方ね、それで、幸せのほうへ向かい出すと同時に、向くと同時に幸せになり、その道を歩きながら、幸せになる。

だから、自分が幸せにならないとしたら、ちょっとおかしんですよ。
うん、例えば「あれ!?これおかしいよ」って。

苦労の後に幸せは来ない

ね、それ、例えば、自分は看護師さんになりたいと。
「あ、なった。」

「幸せになった?病人さんに一生懸命に親切にしてんの、幸せになった?」って。
「ならない。」って。

「なんか心があれで、なんか同僚やなんかで、なんかいじめんのがいる」とか。
「それなってないよね。それおかしんだよ。」って。

そしたら病院変えるとか、要はその看護師さんまで辞めろとは言わないんだよ?
だけど、これ自分の幸せの道と違う。

「幸せは苦労の後に来ると思ってると、もし来なかったらどうなんですか?」って。

「苦労の後に待ってるものが苦労だったらどうなりますか?」って。

で、みんなが、あたかも苦労の後に幸せがくるような事言ってるけど、言ったとしてもあなたほんとに来ましたかって。

あなたすごい幸せになりましたかって。
それ、ほとんどがなってないんです。

で、幸せとは幸せの道をたどりながらさらに幸せになるものなの。
で、そんなことおかしいって。

そんなこと…うまく言えないんだけど。

昔って、将軍様ってのがいたの。
で、江戸時代百姓は百姓しかできなかったの。

で、百姓とかに生まれた人すごい苦労するの。
で、苦労して苦労してもするとやがて良い事があるからってずーっと年取るまでやってて、やがて年取って死んでったの。

ね。
で、もうそうなった人はずーっとそうだったの。

ところで、将軍様は幸せだったよね?
あんた、苦労して苦労して苦労して苦労して将軍になったんですか?って、そうじゃない。

ずーーーーっと生まれた時から幸せなんだよ。

あのね、「騙されちゃだめ」っていう言葉を使いたくはないの。
だって、ゆってる人も騙そうとしてるんじゃないの。

ゆってる人も知らないの。
幸せとは、幸せに向かっただけで、あー幸せ。

だから、もしこのテープがあなたにとって幸せを運ぶもんだとしたらこのテープを聞いただけであなた絶対幸せな気持ちになるはずだから。

ね。

んで、こういう「あー、幸せな気持ちになった。」っつって、そう意味で会社に行って、例えば、うちが出してるね、百回聴きのテープじゃないけど、「人の為に徳積もう」とか、「明るくしよう」とか「自分の機嫌とろう」とかってなって、あれが成功の道なんだ。

で、そうゆう風にテープを聞き、日常生活を送りだした時、幸せがどんどんどんどん来るの。

だから、幸せは苦労、苦労して苦労して苦労して、辛い思いして我慢して我慢した後に来るんじゃないんだよ。

その苦労して苦労して苦労した後に待ってんのは苦労だよ。
ね。

あのゴミの山の中に宝物があるような気がしてるけど、そんな事じゃないんだよ。

花園は花が繋がってるの。
で、いい人って出てくんの。

で成功の道に、嫌な奴とか悪いやつとか出てこないんだよ。
天国へ行く道にそんな奴いないんだよ。

それは地獄に行く道なんだよ。

変な奴が出てきたり、いじめっ子が出てきたり、そんな井原の道じゃないんだよ。
人が幸せになる道って花園なんだよ。

ね。
だから、そのことをわかってもらいたいの。
それで、こういうテープを聞いて、向きを変えてもらいたいの。

幸せの方に向かってもらいたいの。

そしたら、心が幸せになるの。
で、このテープを聞いただけで向いたとしたら、そのまま同じように会社いってみて。

で、「何も私変わってません」って。
「変わってるよ。だってこのテープあんた100回きいてんでしょ。」

もう違う人なんだよ。
同じ生活してても、これを100回聴く。

「あ、そうだ。100回聞こう!」

それはもう良い事に向かって100回聞いて、100回聴くんだよって歩きだした人は、幸せの道に向かって歩き出したんだ。

人生全部変わっちゃうの。
なんにも変えなくても変わってきちゃうんだよって、それを言いたかったの。

だから、100回聴くってゆったら、100回聞けばいいの。
99回とか1回じゃないの。

で、1回聴くごとに、幸せに向かって歩いてんだなってゆう、そうゆう気持ちになってもらいたいの。

幸せへ向いてください。
歩いてください。

そして幸せになってくださいっていう話です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。