斎藤一人の黄金の鎖

ひとりさん

おはようございます。
100回聞いてです。
100回聞いて下さいの話が始まります。

 

目立つことがないのも個性のうち

 

今日はですね、個性というものちょっと勘違いしている人が多いので個性について話ししたいと思います。

よく「あなたは個性がないよ」とか「あなたもうちょっと個性出した方がいいよ」という人がいるんだけど、それはちょっと違うんです。

何でかって言うとその人は、地味な人がいる、あまりを自分を主張しない人がいるとするとそういう人はあまり自分を主張しないという個性なんです。
個性は十分に出ているのに「あなた個性がないよ」と言われても個性は出ているんです。
そういう個性なんです。

だから例えば相手がね、「私個性を変えたいんだ」と言うんだったら、それは分かるんです。
個性が無いと言われちゃうと十分個性出してるしさ。
例えば伊藤さんという方がいて、「伊藤さんあなた少し個性変えた方がいいよ」って言って。

でも伊藤さんって分かったんだよね。
大勢いっぱいいる中で伊藤さんってあなた分かったんだよねって。
その分かるっていうことが個性なんだよね。

だから顔立ちだろうが、服装だろうが、ちゃんとその人って分かったっていう事は十分個性が出ているんだ。
相手の個性を尊重するっていう事は、「あなた良くないよ」とかって言うのは言ってる人の個性を押し付けてるんだよね。

あなたが個性と認めてないものは個性じゃないと思ってるんだよね。
でもそれってすごく傲慢な話しだよね。

だから相手は十分個性がある人なんだよって。
相手が「私もうちょっと明るくなりたいの」「あ、それだったらさ、例えば髪の毛の色変えたらものすごい個性的になるよ」とかそういうアドバイスが必要なんで。
相手が変えたがってないものを「ああしたらいい」「こうしたらいい」と言うのはおかしいんだよって。

だから個人的にそういう事を言うもんじゃなくて。
暗い感じであまり言葉がいいどうかしんないけど貞子みたいな髪の毛がペタっとしたのがいるとすると、なんか個性がないと言ういるけど、あれってすごい個性ですよ。
忘れられないぐらいインパクトがあって。
だからその人その人にあった個性を十分に出してるんだ。

地味な人はって地味ですよって感じで十分アピールしてるしね。
私は目立ちたくないんだいう人は目立ちたくないんだっていうすごい個性で、みんながすごいアピールしててね。

みんな私の歌で、みんな自分の花っていうのがあるんだけど、よく色紙に書かせてもらうんだけど、みんな見事に咲いてるの。
それでその中で相手が自分の個性を「あなたのように変えたいんです」って言った時だけアドバイスしてあげてください。
それ以外はみんな立派に咲いているんだ。
ものすごい個性だねっていう事で見てあげて下さい。

そうじゃないといちいち人の事否定してると苦しくなっちゃうからね。

みんな自分のセンスを尊重して下さい。
そして相手のセンスも尊重してあげて下さい。

お互いが尊重しあった時、この地球は天国になりますからね。

以上です。

 

類は友を呼ぶ。まず自分が変わること

 

おはようございます。
100回聞いて下さいってのお話です。

この世は地獄である。
そしてこの世を天国にするまでの旅立ちの話をします。

過程です。誰でも天国へ行くっていう簡単な過程です。

ある人がこの星は精神病院であるって言った人がいます。
この星は地獄であると表現した人もいます。

それはどういう事ですか。

今からちょっとだけお話します。

劣等感のお話、地球が天国になる話っているテープがあってそれを聞いてくれていると思うんだけど、中には聞いてない人もいると思うのでざっとお話します。

人って劣等感を受けるんです。
そうするとイライラします。
誰か親が劣等感を与えるとかそうするとイライラします。

例えばいじめっ子がいます。
そうすると聞くと家で親がすごくうるさいとか、家がものすごく貧しいとかそういう事ですよね。

例えばちょっとだけ考えてもらいたいのは江戸時代に、仇討っていうのがありました。
もしその自分の親が殺されただから仇を打つんだ。

ところが自分の親が殺されたから仇じゃない周りにいる人ね、周りのお百姓さんとかそういう人を切り殺しちゃったら、それ狂人できちがいだよね。
だって全然関係ない人を、何人も何人も切り殺したらそれ気が狂ってるよね。
今親の仇だって許されない時代なのに。
例えば江戸時代でも関係ない人切っちゃったらそれ狂人だよね。

それと同じことを今の人たちはしてるんだ。

何でですかって言うと、さっきもいったように家が貧しかったとか親が厳しかったとか。
強い子はかっこいいってイライラしているから弱いものをいじめるんだっていうけれども。

あなたがそのいじめてるその人は、あなたの家が貧しい事と何か関係があるんですか。

あなたをイライラさせたのは親だったり生活だったりなんだよね。
全然関係のない人にそのうさを晴らすっていうのは、親の仇じゃない人を切り殺してるのと全く同じだよね。

会社で劣等感のある上司は、部下のことを見つけてボンボンボンボン文句言います。

家で嫌なことがあったかもわかんないから会社の人に当たり散らすけど、あなたが小さい時に劣等感を受けて与えたのは間違いなくあなたの周りにいる部下じゃないんだよね。
あなたが家で喧嘩してきて嫌な思いをしてきたのはあなたと奥さんの問題で、周りにいる部下とは全く関係がないんだよね。

関係のない人を切り殺すとか関係ない人に当たり散らすとか狂人と同じだよ。
あっちでもこっちでもそんな人がいたらこの星が地獄になっちゃうよ。

この星は天国として神様が作ったのになぜおかしなことが起きるんですかって言うと、あまりにも狂った様な人がいっぱいいるの。
であなたはどうしたらいいんですかっていうと、自分だけやらなければいいの。

するとよく自分がやらなくても周りがやりますっていうけれどそうじゃないの。
類は友を呼ぶって言って。
あなた一人だけでも、別に私が小さい時受けてきた劣等感と今の家の奥さんとか子供とか関係ないから。
私はやらないよって。

そういうことをきちっと明確に分けられる人、そうしたらそういう人ばっかりが周りから寄ってくるし、いつもそういう事をしない人が側にいたら周りも自然に変わっちゃうんです。
そうすると必ずそこに天国が生まれるんです。
もともとこの星は天国として出来た星だからね。
あの天国にしようっていう努力いらないの。
地獄にしてるのは自分の中の心なの。

クラブ活動でも先輩からいじめられてどうのこうのしたからって後輩にあたって、後輩は何もしてないんだよ。
あなたのことを不当にいじめたのは先輩たちでしょう。
そうすると仇じゃない人を切り殺すっていうのはやめたほうがいいよ。
それが変な伝統みたいになっているけど、そんな地獄みたいな伝統ってのを受けついじゃあだめだよ。

人にやられていやなことはしない、これはキリスト教根本的な教えなんだけど、世界の宗教どこだってそうだよ。
そういうこと自体はやめたほうがいいよ。

この星を精神病院にしちゃいけないの。
あなたは、だって本当の精神病院じゃないんだよ。
心の持ち方だけで狂ったことをしてるじゃない。
だからそうゆうことは辞めよう。

あなたが今あたっている人のせいで、あなたは劣等感をうけたんじゃないよって。

それからあんまり貧乏するとね、世間に仇をうとうとするの。
やっと金持ちになった人世間にえばり散らしてるけど、あなたが貧乏だったのはあなたの周りの人と関係ないんだよ。
それあなたの家の問題なんだよ。

俺はちっちゃい時苦労したからこうなんだ、それはあんたの自由なんだよ。
あんたの自由といったらいけないから、あなたの家の問題で、それからあとどういう風に生きたかってだって。

おんなじ貧乏でもあんたみたくならなかった人はいっぱいいるよって。
家が貧しかったから貧しい人の気持ちがよくわかってそういう人助ける仕事してる人もいるし誰しもそうなってるんじゃないよ。
そのことよく考えて下さいね。

この星は本当に天国として神様が作った星だからね。
そういうことを目覚めた人を宗教的にあの人は覚醒した目覚めた人だっていう。

だから目覚めて下さいっていう話です。

以上です。

 

賢く生きよう

 

はい、100回聞いて下さいです。
今から100回聞いて下さいという話を始めます。

この話はですね、すごい簡単なんですけど、ちょっとだけこう理解し辛いかもわかりません。
わかりやすく精いっぱい話してみます。

学校の成績と賢さは関係ない

人生で必要なのは賢く生きるということなんです。
なんか賢く生きるっていうとずるく生きるようなそういう捉え方ってあるんだけど、そういう捉え方はしないで下さい、この話においては。

賢いと頭がいいとは違うんだけど似ているんです。

例えば賢く生きなさいよっていうと自分はもう頭はよくないしとか、学生時代頭は良くなかったからと言うのと諦めちゃう人がいるんだけどそういう事ではないんです。

例えばですよ、学校で方程式をいっぱいやります。
でもその方程式ってほとんど社会に出て使いませんよね。
だから別にこれは学校用で使わないんだ、別に家で電気計算機があるから計算機でだいたい計算機でちょんちょんちょんってってやる程度の数学しか我々は使わないんです。

だから電気計算機でさえちょんちょんちょんと出来ればいいんで、別に方程式が出来なかったから俺は頭悪いんだって、思っちゃうのが賢くないんです。
わかりますか。

それでよくお金持ちになりたいって言う人がいるんだけど、サラリーマンの人で例えばお金持ちになりたいんですって言われてもサラリーマンの人ってお給料が決まっているから、サイドビジネスするとかそういう事しかないんです。
サイドビジネスを禁止されてる会社もあるからね。

だから株をやるとか例えばの話ですよ。
株をやるっていうことは、株って簡単な話あなたが1億円損すると、誰か彼かが総合計1億円損しているんです。
だって株屋さんがお金くれるわけじゃないからね。
分かる?

株屋さんが手数料とってるとしたら、もう少し損してる人がいるんです。
ただそれだけなんです。
それでみんなよりも少し賢ければ、株の話ですよ。
株をやっている人たちみんなより少し賢ければいいんです。

だから賢くなるために本読むとか勘を磨くとか、要は賢くなければだめなんです。
商売でも例えばお金が儲かってる人というのは賢いんです。

別に学生時代成績が良かったとかそういうんじゃないんです。
何でかっていうと根本的に違うのは学生時代って人のを見たら怒られる。
なんでも自分で頑張りなさいっていうけど、社会に出ると例えば繁盛店の社長の特徴は四六時中だいたいあんまりお店にいない人が多いんです。
しょっちゅう見て歩いてるんです。
遥かいうと海外視察まで行く、いろんなところ見て回るんです。

それで面白いのは繁盛店の社長も本来は忙しいんです。
ところが時間の使い方を、見て歩くことがものすごく大切だという形で時間をプログラムを組んでいるんです。

ところが儲かっていない人の特徴っていうのが必ず、うちあたり私たちの仕事を教えることがあるんだけど、例えば勉強会しようがなにしようが特徴はたった一人なんです。
勉強会にも出てこないで何もしないで、なぜですかって言うと時間がないんですっていう。
儲かってない人の特徴は必ず時間がないというんです。

何してるんですかっていうと、きっと売れてないお店にじっといるかもわかんないし。
面白いのは売れてない人ってお店の中埃だらけの人いっぱいいるんです

そしたらお店が汚かったらお客さんが来てくれないとか。
自分がアイディアがバンバンでるんだったら、それはそれで賢いんです。
でもアイディアも出ないのに良い所を見に行こうとしないんだとしたらそれ賢くないんです。

自分に向いてる生き方が賢い生き方

それで誰でも金持ちになる必要はないんだよって話なの。

この前あるところから取材が来たんだけど、私は誰でも金持ちになる必要はないよって。
だって食べていけて服着て、ある程度の普通の生活ができていれば十分だよねって。
誰でも金持ちになる必要はないよって。

私はそういうのに向かないから今の生活に満足なんです、っていうのも賢い生き方なんです。
だってはっきり言うけど、お金持ちになりたいからって仕事しても仕事が嫌いだと嫌いなんだよね。
嫌な仕事だから8時間も9時間もしてるともう嫌になっちゃうの。
だから長続きしないんだよね。

仕事が好きだったら普通の人が8時間で嫌になっちゃって、その8時間もだらだらやってるとこ真剣にやって10時間やってても疲れないの。
だから賢い人ってお金持ちになりたいよりも、仕事好きになるほうに努力するんだよね。
仕事がどうしても好きじゃないんだとしたら俺は金持ちにならなくていい普通に生きてればいい、それも賢い生き方なの。

この世の中で失敗している人って賢くないのかもわからないの。
だって天国言葉と地獄言葉があるよって教えてあげてもやらない人って、だから私今心の中が不幸なんですって言ってる人って本屋さんかなんか行けば心の問題描いている本ていっぱいあるんだよ。

それをずっと悩んでそれを言ってるとか教わってもやらないとか、そりゃ知らないことはしょうがないよ。
でも教わってもやらない人とか、今不幸なのにそんなついてるっていったぐらいで幸せになるわけないよとか、みんなが幸せになったって言ってるんだからやればいいんだよね。
それをやらないっていうのは賢くないのかもわからない。
それで学校の勉強やなんかとそれと違うものなの。

極端な話をすると私んち商人だったから、学校の先生がこの英語出来ないと困るぞっていったって、国内で商人するのに外人の客なんてめったに来ないの。
千人に1人ぐらいしかこない人間がいたら、だいたい人の国にきて言葉しゃべれない向こうが悪いの。
それをさも日本人自分たちが悪いと思っちゃうのがいけないの。

海外行ったら困るじゃないですか。
困らないように現金もっていけば困らないの。
手振り身振りだってお客さんだからね、相手にしてくれるの。

だってアメリカだって英語できない人、国に入れないって言ってないの。
アメリカが入ってほしくないのはお金持たずに入ってきた人なの。
お金持って入っていけばそんなこと言わないんだよって。

だから私は親が方程式使ってるところも見たことないし、だから私はいらないと思っている。
いる人はやればいい。

だから学校がこれを覚えなさいよっていったものが、出来ないのは自分がバカなんだっていう考えは止めた方がいいよ。
そういうことじゃないの。
そう思っちゃうことが賢くないよって言っているの。

社会に出ると良き先輩やなんかっていうのは仕事が良くできるっていう人は人間性もあるもん。
だからその人に教えてくださいって言ったらよく教えてくれるもんなの。

自分は人仰ぐっていう人はいるの。
それから見に行けばいいの。
たったそれだけで幸せになるの。

幸せになるのも豊かになる方法もいくらでもあるの。

それでそれができないっていう理由は自分がもう少し賢くならなきゃな、賢いというもう一つのものがあるの。
それをそぎ落としてっちゃうの。

だから学校でダメだったら会社でも駄目だったじゃなくて、でもちっちゃいお金5万、10万とか20万でも株とかできるから株やなんかやる人はそのことで一生懸命やってみたら、そのことで賢いかもわかんない。

時間を無駄にしないこと

この前もこういうことがあったの。

会社で呼ばれてったから楽しく働きたいんだけどどうしてもだめなんだ。
だけど会社辞めるわけにいかないんだ。
会社を辞めるわけにいかないんだっていうんだとしたら、辞めたいけど辞められないぐらいグズグズしてるあなたにぴったりの職場なんだよね。

それが悪いんじゃないの。
会社辞めて家族路頭に迷わしとっくていう話しをてるんじゃないの。

その中で自分はせめてなんていうの、あなたが会社が楽しく努力で何と何をしましたかって書きだしてみると一つもしてないの。
そうすると、せめて私は明るくおはようって言ってます。
じゃその明るさもっと研究してごらん、もっと研究してもっと研究して。
自分がおはようってもっと明るい声を出してたら、会社の中がどう変わりましたとか、そいたら一冊の本書けるようになっちゃうの。

あなたと同じくらい辞めたくて辞められない人いっぱいいるの。
そういう人に例えば一人さんの本じゃないよ、たくさんの本読んでこうなったよとかああなったよとか一生懸命教えてあげる。
そしたら同じようなことで困っている人っていっぱいいるの。

その人から一でも道に出て教えてあげたらお師匠さんだし慕ってくれる人がいっぱいいるし、だから神が与えてるものっていうのは、つまらなさを与えられたらこのつまらなさをどうやったら利用したらいいんだろう。
あいさつをしない職場だったらあいさつを明るくしたらどうなるんだろう。
だからやることはいっぱいあるから、自分なりに自分って賢さを使ってないんだって。

本当はだれでも賢いの。
本当は誰でも賢いんだよって。

だけど学校の勉強みたく記憶力が無いってだけで、弱いってだけでその人の事をあんたはバカなんだっていう扱い方をすることだけは絶対だめだよ。

賢いっていうのは時間の使い方をうまくやるの。
お店が暇で売り上げがないのにずっと居ることよりもどうせ暇なんだからそれだとしたら週2回休んじゃって一生懸命売れてるとこと同じ業種のところ見に行くとかそういう風にした方が売り上げってずっと上がるんだよ。

そこにずっと居ても上がらない売り上げが上がるわけがないんだよ。
週1日しか休みがないんだったらその休みの日を同業者で流行っているところとか他人目で流行ってるとこを見に行けばいいの。
たったこれだけで劇的に変わって劇的に豊かになるの。

だからあなたが賢さというものを使ってないの。
誰かがあなたを賢くないって思わせちゃったんだよね。

賢さっていう別のものがあるの
要は株やってる人が相手より賢ければいいんです。
商売やってる人は同業者より賢ければいいんです。

賢さとは頭と違うんです。
世間が言ってる頭の良し悪しと違うんだよっていう事です。

非常に明確するには難しいんだけど、賢さというものがあるんだよ、賢く生きようねって。

以上です。

すいません。ちょっと言い間違えたところがあります。

あなたが株で1億円得したら誰かが1億円損してるんだよっていうことをいったんだけど。
あなたが1億円損したら誰かが損してるって、あなたが損したらって言っちゃったんだけど、あなたが1億円得したらねって、誰かが。
だって1つのお金でグループでやってるわけだからね。

そういう事なんだよって話です。

台本無しでしゃべってるもんですから、間違えてしまいました。
どうもすいませんでした。

 

斎藤一人の天才の謎

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。