斎藤一人の天才の謎

ひとりさん

はい。おはようございます。ほんとに謎のテープなんですけど、ちょっと入れておきます。

 

活かせないものはない

 

この前、このテープを入れるきっかけになったのは、ちょっとした相談事があって、「ついてる神社でこんな相談があったよ」っていう話をされたんだけど。

そのときなんか女性で、身体の具合があんまり良くないんだって言うような話で。
親も「働け」って言うような話して、「だけど自分はもうゆっくりしか働けないし身体が具合悪くて」っていうような話されてたんで、それで「顔はどうなの?」って言ったら「綺麗なほうなんだ」って言うような話をしてたのね。

「そういう人ならホステスさんなると良いよ」
って言う話して、
「いやホステスさん、親に言われてやったことがあるらしんだけど、なんか手が震えちゃってだめなんだ。お店で辞めたほうがいいんじゃないの?」
って言われたっていう話してたんだけど、

もしそれだとしたらね、もっと高級なお店に行ったほうが良いよ。
不思議なんだけど男の人って少しくらい具合の悪い人が好きな人とかね、いるんだよね。
ただ、安い店行くと数こなさなきゃなんないから、中ですごく動き回らなきゃいけないんだけど。

それでなんか、「親が自分のことガミガミ言ったり、傷つけたりする」って言うんだけど、
「1日3万円とか4万円くれるような所に働きに行くと自分でもお金が稼げるんだってことがわかるし、それとまた高級な所、できるだけ高級なお店行くと良いよ」って、高級なところに来ている人ってお金持ちじゃないと来れないもん。

で、お金持ちでなおかつ女にもてる人って行かないからね。
お金持ちで女にもてないと、その中から適当にいい男見つけて結婚したりして、それはそれで幸せになれるんだよね。
性格の良さそうなの選べばそれでいいんで。

って言うことで病弱だったら病弱を活かせば良いんだよね。
だから普通の人って神が与えてくれたものを活かしきってないんだってって言う事なのね。
よく「私何やっていいのかわからないし、長続きしないし、なんでもかんでも中途半端なんです」って言うと、
その中途半端を「本当に神が与えてくれた才能なんだ」って言う風になれば、そんなに余所の会社で、トップ企業で、その中でベンチャーでバリバリやる人求めてるけど、社長自体たいしてやる気ないって思った。

出来てから何十年目とかになる100年目とか200年目とかっていう会社もあるんだよね。
そうすると「今いるお得意さんとか大事にしながらやっていこう」なんて言うのは、社長もやる気がなきゃ部長もやる気がない全員やる気がない。
それで、本当に目立たず、ずっとなんとか食っていこうなんて会社山ほどあるんだよね。

そういう所には本当にそういう人って向いているし、また面白いものでバリバリ頑張ろうって気の無いような人って不思議なものだけど、大欲もないの。
外車に乗りたいとか自家用飛行機に乗りたいとか、自分が社長になりたいとか、あんまり考えない人。
それはそれで才能だから、「そういところに勤めに行けばいいんだよ」って言うね。

変わる必要はない

だから、今あるものを精一杯このままをどうやって変えられるか、「変えたら一生そうなんですか?」ってそうじゃないよって。
人間ってやる事によって、毎回毎回経験ってものが生まれるんだよね。
その経験を今度加味して、それを活かすことを考えると、どんどん良くなって行っちゃうの。

今一番いけないのは自分に無いことを望むことなんだよね。
自分に無いことを望んだって無いんだからできっこなくて、だから今ある事の中でこれを才能だと思えるかどうかにかかってるんだよね。

だから、学校の先生なんていうのは勉強の事しか考えてないからそれで良いんだよ、学校の先生ってのは。
だから授業中にニコニコしてたらヘラヘラ笑ってると「勉強しろ」とかって怒るけど、本当にそういう人が受付なんか行ったりなんかすると、学校ってぶすっとしてっても成績が良かったら褒めてくれるけど、社会出たらそんなことって通用しないもん。
ほんとにニコニコしてるようがよっぽど良かったりするから。

いや、勉強しちゃいけないんじゃないんだよ、黙々と勉強するのも才能だけどね。
いつもニコニコしてるのも才能なの。
「私暗いんです」っとかって言って暗くしてるんだったりしたら、同じ受付だと葬儀屋の受付からね墓石の受付まであって、自分の向いてる所に行けば、それはそれなりのかなりの才能なんだよね。

だから、山葵っていうものは刺身につければ良いけど、ケチャップに山葵になれったってなれないから、ケチャップはオムライスにくっつくとすごくいい味が出るじゃない。

周りの人の意見を聞き過ぎるの。

それでね、周りの人は周りの人で自分が山葵で成功した人は山葵になれっていうし、洋辛子で成功した人は洋辛子が良いんだってとか言ってるけど、人間って神様が作ってくれたものだから途方もなく色んな才能があるんだよね。
それを活かすか活かさないのかなの。

だから、あなたたちが見てるTVとか、ごく一部なんだよ?
その中で歌ったり踊ったり体操したりとかって言うあれだけを才能だと思っちゃうけど、世の中ってものすごい多岐にわたってるんだよね。

だから、ホステスなんたってホステスの長になる人もいれば、マネージャーになる人もいるし、お店始める人もいるし、そこに不動産屋でお店を貸している人もいるし、内装している人もいるし、ものすごく多岐にわたっているんだよね。

だから、自分がどうなったら良い、じゃないの。
自分に今向いている事って何だろう。
考えたら、あとは行動してみるの。

何回かやればわかるの。
やらないで考えたって分からないよ?

多分これが向いてるんだろうって思うもの5つでも6つでもやればいいの。
そしたら必ず見つかるんだよね。

それで、あんまり人に相談するのはよしな。
人に相談したら人は人の意見しか言わないから。
あなたが私に向いてるものって何だろうってことで考えて、「私暗いんです」ってこの暗さを活かせられないだろうかと。

活かせる場所を見つけよう

「私ね、病弱で手がこうやって震えちゃうんです」って、もう手が、もう手なんか、お客の前だと手が震えるくらい初心な子が大好きだってとか男、一杯いるんだよ。
図々しい女の中にそういうのが一人入ってると、それはそれで華なんだよ。
ホステスに向かないじゃないんだよ、それは向いてるの。

馬鹿しゃべりするって馬鹿な子が、「私馬鹿で色んなことしゃべれないんです」って、男って頭の悪い女大好きなの。
だって自分のほうが頭良けりゃいけんのって、阿保な意見でも「うん」って言ってほしいんだよ男って。
だからあまり利口になっちゃって男は俺のことやり込めて欲しいとか思ってないの。

もう手なんかこう震えながらお酌してくれて、自分の阿保な意見にも「そうなんだ」って感心でもしてくれたら、もう嬉しくて通ってくるんだよ。
それはそれで才能なの。

才というのは人に好かれれば才能だからね。
人をやっつけること、人に勝つことを才能だと思ってるけど、最大の才能っていうのは人に好かれることなんだよ。

銀座かなんか行って気に入った人10人くらい好かれりゃいいんだよ。
10人くらい好かれて指名してくれりゃそれでもう。すごいね。優雅に暮らせるの。

チャカチャカチャカチャカ働きたい人とかいるのよ。
そういう人は安い店に行きゃいいんだよ、安い店にいって数こなしてれば良いんだよ。

どれが悪いってじゃないんだよ。
同じホステスだったって言ったって色んなのがあるんだよ。
ホステス1回やってみて「私向きませんでした」って「どんなとこ行った?」って「何行った?」って、もうちょっと自分に合ってること考えないと駄目だよってっていう事なのね。

「私職人です」って言ったって色んな職人がいるんだよ。
マニキュアでこうやって爪に絵を描いてる人だって職人なんだよ。
家建ててる人もビルの工事してる人も職人。
だから自分に向いてる事ってものすごくあるはずだからその中から絞り込んで探す旅なの。

だから自分探しの旅だよね。
その旅をこう楽しくやって行くと面白い自分に出会えたりね。
そうするとまた、そこであった事を活かす、今の自分を活かせれば次の経験も必ず活かせる。

人生失敗しちゃう人は自分に与えられているものを活かしきれないの。
「自分が小っちゃいとき病気だったから駄目なんです」じゃなくて、「自分が病気だったから病人の気持ちがわかるんです」とか、病気のことを活かせない人っているんだよね。

そういう人って健康になっても健康を活かせないよって、子供の時から健康だったらその健康を活かせば良いんだよね。
「私無口なんです」ってその無口を活かす事を考えれば良いんだよね。
そうしたらまた次の展開が出てくるから。

必ず人間って今を活かせる人は次も活かせる。

ずっと不幸な人は、無いものねだりするんだよ。
自分に備わってないもので「こうだったら良い」「ああだったら良い」って、ずっと言ってるけど、そんな事してたら不幸になるだけだよ。

だから自分のしっかりと神が与えてくれたものを活かしきる。
喋れないんだったら喋れない事を活かしきる、「喋れるようになろう」じゃないの。

「私無口」なんだったらこの無口を活かす方法ってないだろうか、ホステスやって「こう手が震えちゃうほどあれなんです」って「緊張しちゃうんです」ってそれを活かす方法は無いだろうかって、きっと安い店行っちゃったんだよ。
安い店って数こなさなきゃなんないからマネージャーたら「あんた向かないよ」って「あんたはうちの店に向かないよ」なんだよ。

だからそのことを考えて、今の自分を活かしきる、変えようとしちゃ駄目だよ?
変えられないから今あなたそうやってるんだよね。
活かしきったら人生変わるからね。

以上です。

「できない」のも才能

はい。追伸です。

なんか今日はホステスさんの話とかしてびっくりした人もいると思うんだけど、私は仕事というのはね、泥棒とか詐欺とかそういう仕事を除いてね、法律に触れてない仕事ってなんだって皆平等なんだと思ってるんだよね。

みんな一生懸命仕事して一生懸命食べてるんだって思ってるの。
だから「何やっても良いよ」って言う風に思ってます。

それと、だからホステスさんになれって話してるんじゃないよ。
自分の才能っていうのを出来ないことをやろうっていうんじゃなくて、例えば英語の話もそうなんだけど、これは信じる人と信じない人いるかわからないけど、人間って何回も生まれた時、今世はとても英語を喋らない人生の人っているんだよね。
その喋らない人生の人って喋らないから喋れないようになってるんだよね。

使わないものを一切受け付けないっていうのは凄い才能なんだよねって、だって使わないものを一生懸命勉強しちゃってたら人生めちゃくちゃになっちゃうから、出来ないっていうのは才能なんだよね。
だから、子供が恵まれるっていうのもこれは神の恵みだけど、世の中には恵まれない人もいるんだよね、子供にね。

だけど、それも恵みなんだよね。
それと同じように「英語が私全然出来ない」っていうのは、やる必要がないことができないんだからそれはそれって才能なんだよねって。

人によってはすごく霊感が発達しててあれ見てて「ああ霊感ある人、私いいな」って思うけど、自分に無い人は無いことが才能なの。

いらないの。

なんでかっていうと世の中って才能のある人って才能あって良かったねとか、英語喋れて凄いねとか方程式出来てすごいねって、言ってほしくて一生懸命やってるんだよ。
だからできない人はただ言ってあげれば、それでいいだけなんだよね。
褒めるって「凄いね」って素直に褒められたら凄い才能なんだよって、それだけで立派に生きていけるんですかって生きていけるんだよ。

不思議なものなんだけど、自分が英語できない人って英語できる努力するより「英語出来て凄いね」って言ってると、なぜか英語が出来る人より良い生活が出来ちゃうの。
その才能がある人を妬んだ時に貧しい生活になって行っちゃうだけなんだよって。
だから自分にできない事を出来る人がいたら素直に「凄いね」って、この素直に褒めるってものすごい実は才能なんだよって。

だから神様は出来る人と出来ない人を作って不公平にしているんじゃないの、出来ない人やる必要がないの。
ずばり言うけどひとりさん英語なんか全然できないしやる気もないの、方程式もできなかったの、だけど別に困ってないの。

だけど俺「人が無駄だよ」って言うんじゃないの、出来る人に「凄いね」とか、「頑張ってるね」とか、「英語できて凄いね」とか言うよ?
凄いね、方程式とかあんななんか訳のわからないものいっぱい出来てさ、それはそれで凄いんだよね。

それは「凄いね」って言う事で、その「凄いね」って言えればそれ才能なんだよって言うことなんだよね。
だから人間って無いもの「私はなんであの人たち出来て私は出来ないんだろう」じゃないんだよ?
いらないの。見事に要らない生き方ってあるの。

「凄いですね」っとかって言うことで十分なの。
不思議なもんだけどね、人間って何でも出来るんじゃないよ?

オリンピックだって「ああやって出来たらいいな」とか「フィギュアスケートだってあんなに出来たらいいな」とか本当にね人間ってそんなに出来ないの。

だけど必要ないんだよ?
あれはあれで出来た人は朝から晩まで氷の上に居て身体冷えちゃってるか分からないんだから。
それだって一生懸命やってるんだよね。

俺たちは出来ないことを活かせば良いんだよって、出来ないことは出来ないじゃなくて必要のないことを出来ない。
だからもう神様ってあなたの人生のことよく分かってるところがあるの。
だから神様はあなたに必要ないから出来ない。
必要のない事をハナっから「もういやいやいやいや、やらないよ」ってすごい才能なんだよっていう事が分かってくれれば良いの。

だから出来ることだけが才能じゃないの。
出来ないことも才能なんだよ。
それを出来ないことを活かせば良いの。

「出来ないことを活かすってなんですか」って言ったら出来る人に「凄いね」って賞讃のこの一言はできる人には絶対できないの。
だって「俺も出来るもん」て言っちゃうから。

出来ない人は出来る人に「凄いね凄いね」って言ったときにその才能がなぜか活かされて天からご褒美が山ほど来るんだよ。
出来ない事を無理に出来るようになろうって言うのは、すこし神の道からは外れてるよって。
もっと自分を愛してください。

以上です。

人の才能を褒める才能

はい。おはようございます。

今からあなたに備わっている天が与えた凄い才能の話をします。

ほとんどの人がこの才能に気がついていません。
ところが、この才能は凄い才能です。
他のどんな才能よりも凄いですから、覚えておいてください。

あのですね、方程式ができる人がいます、英語ができる人がいます、歌のうまい人がいます、人使いのうまい人がいます、天才的な人ってのは何人もいます。

ところで、よく「自分にはそういう才能は無い」って言う人がいるんだけど、才能というのは、凄い才能だねって褒めてあげると才能を持ってる人が寄ってくるんです。
だから、あなたの周りですよ、人っていうのは、遠くの人を褒められるんです。

いいですか?遠くを褒められるんです。
だから、ゴルフで世界一になったとか、野球でなったとかって言うと身近な人じゃないと褒められないんです。
身近な人じゃないと褒めれるんです、簡単に。

ところが身近に、あなたの周りにちょっとした才能を持ってる人は一杯いるんです。
そういう才能を持っている人がいると、こっちの人にも凄いね、こっちの人にも凄いねって言ってると、その人が10人集まったぐらいの成功者になれるんです。

それで、才能の中で一番すごい才能は、人の才能を褒められるという才能なんです。

この才能というのは、実はもの凄く力があるものなんです。

昔は武士というのは、己を知る人のために死ぬんだって、武士は自分を知る人のために働くんだって、人が刀構えてる中に切り込んでいくって、とんでもない勇気とか才能なんだよね。
じゃあ、殿様がその豪傑よりもっと強いですかって言うと、殿様って豪傑より強いわけじゃないの。
ただ豪傑のこと、お前凄いなって言ってあげる器量のある人が名君なんだよね。
で、その周りにそういう人が必ず配置されているはずなの。

ところが一番いけないのは自分も「ああなりたい」自分もなろうと努力するんで人を褒める努力をしない人がいるの。
これが大体苦しんでしまうの。

で、それより自分にそういう才能あるとかないとか、普通の人は何をするかというと、自分が褒められるための努力をするの。
そうじゃなくて最高の才能っていうのは人を褒めるという才能なのね。

ただ、最初は自分より凄い人を褒めればいい、そのうち自分より普通と私と同じ人でも褒められる、逆に言うともっと自分より自分以下の人を褒めるようになったら大変な才能なんだよね。
で、これに勝る才能って無いの。

だからよくアメリカなんかでも、ものすごい大金持ちになっちゃった人やなんかで、そういうとこって意外と使われている人のほうが色んな才能があるもんなの。

でも、なぜかその人のほうがはるか上になっちゃう。
で、よく見てると、人を褒めるという才能があるの。
で、この才能に勝る才能は絶対に無いの。

褒められないのは妬んでいるから

それなのに普通の人は褒める才能よりも、その人と同じになる努力をするの。
要するに、褒める努力じゃなくて、褒められる努力をするの。
で、これが不幸の元なの。

だから相手を褒める努力をしたとき、世の中ってもの凄くあなたに味方してくるの。
で、才能は認めてくれた人のところに集まるようになってるの。

ところが心の狭い人っていうのは、遥か野球の選手だとかね、アメリカで誰が活躍してるとかって、そういう人は褒められるの。
あなたのすぐ傍にいる周りの人、これを褒められないんだよ。

神様があなたにくれた最高の才能は、人を褒めるということなの。
だって自分に色んなもん備わってないんだったら、褒めれば良いだけでしょ?
この努力が何故出来ないんですかって言ったら、心の狭さと妬みなの。

だから、今あなたが成功していないのは、たった1つなの才能が無いからじゃないの、才能が無かったら人を褒めればいいの、それが出来ない心の狭さなの。

周りの人から褒めだして見て行ってみな、凄いねって。
自転車が乗るのがうまい人がいたりとか、色んな人がいるの。
一輪車乗れる人もいればね、「ああ俺あんなのやりたくない」「あんなのやってどうすんだ」とかってくだらないこと言っちゃ駄目だよ、自分が出来ないことが出来たら褒めてあげるの。
そうすると色んな人が寄ってくるの、だんだんだんだん褒めてくれる人のところに才能のある人は寄ってくるんだよ。

あなたが、あなたに、絶対必要なことは、周りの人を褒めることなの。
褒められる努力をするんじゃないよ、褒める努力をするんだよ。
褒められる努力をしたら、あんたより才能がある人は山ほどいるんだよ。

オリンピック見ててもなんでも分かるでしょ、褒めてもらうって大変なことなんだよ。
神はあなたにそれを与えてないの。

あなたに与えられてるのは、人を褒めるという、その言葉とか心の広さとかそれを与えられてるの。
それを活かせば良いの。

あなたは、空飛びあがって空中で3回転出来るとか、書道書いて人がびっくりするほどとかって、そういう才能は無いの、あれば開花してるから。

これからそれに向かって努力しても駄目だよ、それより人を褒める努力しな、何かやりたいんだったら褒める努力と一緒にしな、必ずあなたに幸せをもたらし、富をもたらし、幸せすべてをもたらすのは、人を褒めることなの。

努力しないと歩けない道は間違った道

その褒める才能は持って生まれてるの、それを使い切ってないの。神があなたに与えた最高の才能とは、人を褒めることなの。
褒められる努力をするんじゃないよ、褒める努力をするの、間違ってるから幸せじゃないんだよ。

今あなたが幸せじゃないのは、間違った努力をしてるからなんだよ。

なんか熱こもっちゃって喋って、聞きづらかったか分からないんだけど、本当に不幸な方に歩いている人多いです。

気が付いてください。
努力とか根性とかって言うけど、人を褒めるのに努力も根性もいらないよ、努力だとか根性だとか言ってるのは間違った努力だよ。

自分が苦しくなるような努力じゃないよ。
ろくな開花しないよ。

努力して偉くなった人っているじゃないかって言うけど、本当にその人が才能を持って成功に向かってるときは、その人は辛くないんだよ。
傍から見て辛い練習してるように見えるんだよ、当人は楽しくてしょうがないんだよ。

苦しみながら成功する人っていないんだよ。
傍から見て苦しいように見えて当人楽しくてしょうがないんだよ、それが天の道なの。

あなたも一度周りの人を褒めだしてみな、楽しくてしょうがないの。
それが神様が与えてくれた才能なの。

なんか力んでしまいました、落ち着いて何回も聞いてください、いい話だと思います。

 

斎藤一人の成功の道失敗の道

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 27日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。