斎藤一人の生まれ変わりは楽しい話

ひとりさん

おはようございます。
おまけです。

おまけであり続きであり、非常に大きいテーマなんですけれど、生まれ変わりは楽しいっていう話です。

ここで、おそらくビデオを聞いてる方テープ聞いてる方は、生きがいの創造ぐらい読んでるだろうぐらいのことで話します。
もし読んでない方がいたら、読んでみるといいですよ。

最近アメリカが生まれ変わりっての全く信じなかったんだけど、最近退行催眠やなんかやると、前世の話しやなんかする人があんまり増えてきてるんで、そちらの研究がずいぶん進んでる。
これはもう、生まれ変わりはあるのは当然なんだという認識にた…

つくんだと。

プロである。
商人は金儲けのプロなんです。

手段が、下駄屋であり布団屋でありまるかんなんです。
手段が違うだけなんです。

等しく商人の仕事は金儲けです。
しっかり儲けてボランティアを支え、そして国の福祉を支える人間になんなきゃいけないんです。

よろしくお願いいたします。

 

生まれ変わりは「ある」

 

おはようございます。
おまけです。

おまけであり続きであり、非常に大きいテーマなんですけれど、生まれ変わりは楽しいっていう話です。

ここで、おそらくビデオを聞いてる方テープ聞いてる方は、生きがいの創造ぐらい読んでるだろうぐらいのことで話します。
もし読んでない方がいたら、読んでみるといいですよ。

最近アメリカが生まれ変わりっての全く信じなかったんだけど、最近退行催眠やなんかやると、前世の話しやなんかする人があんまり増えてきてるんで、そちらの研究がずいぶん進んでる。
これはもう、生まれ変わりはあるのは当然なんだという認識にたって話ししてるんです。

魂は死なないんだよ。

現世にいて中間世にいて現世にきて中間世にいく。
これをくりかえしてる、っていうことですね。

死なないんだってことになってくるとどうなっちゃうんだろうかっていうことになった時、人間が体を持つ前から魂があったんだ。
ただ入りやすい場、体を探してた。

進化は「ない」

進化論ってのは、これは凄い話しだからね。
いうと同時に世界中の学者敵にまわして袋叩きにあっちゃうけど、変な人がいってるんだから勘弁してください。
論争する気はありません。

鯛。鯛は最初から鯛なの、ということなんです。
猿は最初から猿。
人間は最初から人間。

猿が進化して人間になったのではない、ということをいいたい。

シーラカンスというお魚がいるでしょ。
シーラカンスが魚の先祖だとしたら、シーラカンスがいるのはおかしいんだ。

シーラカンスがいるから、進化論が嘘なんである。
何故かっていうと進化してたらいるわけがない。
進化しないからいるわけで。

ガラパゴスとかっていう島を見た時、これで進化論が証明されたって進化してないんだから、進化しないんだということですよね。

どっちが正しいかはあと何百年かたつと分かるんですけど、それはどっちてもいいんだけど、人間がこんだけ、人間は人間として生まれたから人間として進化する。

もし猿が、進化して人間になったなら、常に猿と人間の中間がいなきゃいけない。
猿は今頃コンピューターか電卓ぐらいは持っている、ということだよね。
猿はバナナ食っても電卓たたかにないという、まあこういうこと。
分かりやすいよね。

必然的に神様が人間の魂が入りやすいものを作ってくれた。

鯛は鯛として作った。

昔の魚は時々合わなくなると絶滅するんです。

分かります?進化じゃないです。
いらなくなちゃう。
だんだんいらなくなると、新陳代謝される。
分かりますか。

諸行無常、生成発展

諸行無常というんです。
全ての物は常ならん、ようするに無常である。

諸行無常とかっつうと、また坊さんは仕事だからがんばっちゃって、この世の中はどのくらいあれがとかって、そんな気になっちゃうんだよ。
ただ、諸行無常っていうのは古いものが無くなり新しいものが生まれる。

それを生成発展するという。
人間が死ぬのは生成発展の過程なの。
ずーっと年寄りが生きてるわけじゃない。

だから会社も古い会社がなくなり、新しい会社が出来る。
古い会社も永遠と大きくなってくには、新しいアイデアが出る。
そうすると、新しいアイデアが出ると古いアイデアを引っ込めてる。

新陳代謝する、それが生成発展なの。

諸行無常ときたら、生成発展の元なんであると、いうように思えばよろしいということです。

だから諸行無常っていうのは、この世の中は無常なんだよ。
悲しいものなんだなんてお釈迦様がそんな否定的なことをいうわけない。
あとから解釈した奴が否定的なの。

世の中、生成発展としてる。
ここが天国なんだよ。

人間は究極に自由

話しがずっと横道それてきちゃって、戻さないと分かんなくなっちゃう。

進化論の話しは嫌なんだよ、本当は。

なにが、なにがね、魂が入りやすいものが出来るまでなかったかというとあったんだ。
魂は一番最初になにに宿ったかというと、鉱物に宿った。

鉱物だ、鉱物。
石とか鉄とかそういう貴金属、そういうものに魂は宿る。

その次に植物、植物に宿る。
そうすると植物に宿ると、植物ってのは、鉱物は全く自分では動けない。
たまに動くと火山の噴火ぐらい、ドーンと動く。
それ以外は動けない。

木も不自由なの。
不自由だけど種飛ばしたりとか、ある程度の自由はある。

動物に至ると行動半径がある。
ただ動物というのも、性欲とか食べることとか、非常に考える方に制約される。
行動は自由になるけど、考えは制約される。
だからあんまりボランティアとかやってない。

分かります?可愛いんだけど…
だからその縄張り内で生きてるんだよ。

動くのも実は制約されてる。
分かりますよね。
あんまり物をもったり道具使ったり、それもほとんどしない。

ラッコが石かなんかでカンカンカンってやってると、道具使ってるじゃないのとかって言うけど、そういうのなしね。
自動車作ったり人工衛星作ってない、高度な話しね。
なんだよと。

魂はだんだん自由をもらってる。
なぜかっていうと、自由って難しいの。
究極に自由が与えられた状態、これが人間なの。

分かります?

人間になった後は、魂の修行

だんだんだんだん順番で、人間にすぐなれるんですか、そうじゃないよ。

植物に移り動物に移る。
動物もだんだん高度になっていく。
その後、人間に進化する前に雲になる。

雲になって少し色々見る。
こっちも雲見たりなんかすると、あれ羊に似てるなって。
あれ羊だったって。

あれでんでん虫に似てるね。
あれはでんでん虫だったんだ。

人間に彼はなろうとしてる。
人間に波動が一番近い。

あの雲消してやるからね。
雲消したりする。

特別な人間だと思われる、誰でも出来んだけどね。

人に出来ないことで出来ることは少ないね。
私が出来ることはたいがい出来る。
雲の消し方ね、そのうち教えますから、見てる人ね。
これ百発百中誰でも出来るから、雲消したりする。消えたりする。

以心伝心ってきくんだな。
さすがにこれから人間になろうとしてるやつだな。
でもやたら消しちゃうとかわいそうだから、よそうよということなの。

で、人間になる。

人間になった時、日々起きていることが魂の修行なんだ、ってこうやってとらえていくといろんなことがあるんです。
結構楽しいんですよ。
だから今日もビデオ取るよ、お願いします。

修行だと思ってる。
修行です、これ。

この前に、機械に向かってこうやってしゃべってる。
この前も、お社長パーティでしゃべってる時いいからあのようにしゃべってください。

あれは人がいるんだよ。
大勢いて、こちらものるよね。

機会と録音機の前ってね、ついね、オーバーアクションなっちゃう。
オーバーアクション取っちゃう。
ただ魂の修行だから、色々やるんです。
出てきたものをいろいろやる。

今世、商人になった人は商人一生懸命やる。
前は侍だったかも分かんない。

それが、魂はどんどんどんどん進化します。
でも、まれに逆戻りする人がいる。
浮遊霊になっちゃう人。

人間界の上が幽界っていうの。
霊界ってのもある。
幽界にいる人ってのはなんですか。

すぐ上、これが浮遊霊になっちゃう。
浮遊霊ってなんですかっていうと、死んだら終わりだと思てる人はたいがい浮遊霊になる。

生まれ変わりはない。
生まれ変りがもってるやつってのは霊界に。
分かります?

変な人のいっている事だからたいして気にしないで。
そういうことなんだよということなの。

一生懸命働いて魂を向上させよう

それで、人間としての修行を積んでかないと、まれにだよ、まれにもう一回一からやろうよとか、やり直して君、斉藤君一からいってみようとか言われると、ちょっとやかな。
人間はおもしろいからやですよね。

あのね、ワープ知ってる?

ワープする。
ここにあったものが、ここに瞬時で行く。

これはなんだろう。ここに、魚がいる。
魚がいるんだ。

この魚が、魂を得ながら人間になるまでには凄い大変なんだ。
ところがひとりさんに食べられちゃうとこの細胞は魚からひとりさんの細胞になっちゃう。
ワープしちゃう。分かります?

魂をいただく、ワープだからあんまり残しちゃだめよ。
命いただいてんだ、ちゃんとおいしく食べないとだめなの。
残すときはごめんなさいっていうの。

なに食っちゃいけないかに食っちゃいけない、何でも食べてる人は健康ですよ。
分かりますね。

それから、なんかを一杯食べるよりもまた心が幸せな人の方が健康なの。
牛乳は飲んでる人より配達してる人の方が元気なの。

分かりますよね。
人間ってのは誰かの役に立ちたい。
一生懸命働くんだ、これ健康なんです。
そういう人がまた、きっと牛乳を飲んでるんでしょう。
それでまた元気になるということね。

私たちは魂を向上させてく。
進化させる。
波動を上げてる。
波動を上げれば上げるほど、人は幸せになる。

これはなんですか、目の前に現れた人のために笑顔を作る。
自分が出来ることを話しする。
役に立ちそうなことはを頼まれたら、やな顔しない。

一生懸命やる。

自分の目の前に現れる人って、常にそんなにいるわけじゃないんです。
その人たちにお役に立つ。
魂を向上させていくんだよ。

そうすると、天国と地獄に分かれていく場所が違ってくる。

斉藤君、木からやってみようとか。
もう一回木からいってみようとか、いわれないようにしていきたい、っていうことなんです。

こうやって考えると、生まれ変わりって楽しいな。

おとぎ話みたい話なんですけど、このおとぎ話を頼りにポツポツポツポツ生きてく。
非常に楽しいことです。

ありがとうございました。

 

斎藤一人さんのお話〜進化論〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 28日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。