斎藤一人の神様は平等を望まない話

ひとりさん

はい、ひとりさんのひとり言のコーナーでございます。

神様は平等を望まないっていうテーマでちょっと話します。

 

平等というものはない

 

人が幸せになる為に必要な心構えがあるんですよ。
それがですね、常に公平を望むと、人は幸せで生きられないんです。

例えば同じ日本に生まれたとしますよね。
同じ日本に生まれて幸せでしょっつったって、女の人だって、キレイに生まれる人もいりゃブスな人もいるんです。
これは公平じゃないんです。

同じ学校で勉強しても、同じ学校に行かせることはできるけど、同じ教科書で勉強しても成績はいい人と悪い人がいますよね。

もっと大きく言えば、戦争してるとこに生まれる人もいるし、全てがこの世の中に平等というものはないんですわかりますよね?

同じ親の元に生まれても、なんにんてどうも可愛がられて、俺はどうも可愛がられてないとか、ありますよね。
それを不公平だとか損だとかていう形に持ってくと、心は絶対に幸せになれないんです。

ちょうどいいところに生まれる

人間の魂って言うのは、ここから先は信じても信じなくてもいいですからね。
何度も何度も生まれ変わるんです。
そうすると、魂の修行のために出てくるんです。

魂のランクを上げるために出てくるから、その人の魂にちょうどいいところに生まれるんです。
そこでいろんな経験をしながら上に上がってくる。
だから魂が全部違うように、修行が全部違うんです。

だから、もし同じだとしたら、魂1個でいらないんです。
いらないんだよって事になっちゃうんです。

だから日本に生まれ、この親に生まれ、今の時代に生まれるのはその人にとってちょうどいいんです。

わかりますよね?
公平じゃなきゃいけないんだって、一時共産主義っていうのが出てきて、みな平等にしよう。平等にしようって言った結果、ソ連ていう大国もそうなんだけど、最終的には共産党のやつだけが通れる道があったっていうね。
わかります?そんな事やってどこにあるんですか。

最高の不平等しか生まなかったんです。
要は共産党員の方がいい思いしてる。

平等を掲げて国を作ったんだけど、国民はやせ細ってるけどそこの一番偉いやつだけ太ってる。
これは明らかに同じものを食ってない証拠なんですよ。

どんな事をしても平等にはなれない。

頑張ればチャンスは平等にある

だから我々の望む平等は何ですかって言った時、士農工商のように、生まれると同時に侍ですよじゃなくて、学校へ行きたい人はいける、商人になりたい人はなれますよ。ただ商人になっても、朝から晩まで頑張ってる人間もいますよね。
日曜祭日も働いてる人間もいます。

朝から晩まで働いて遊びに行く暇もないから、必然的にお金も残りますよね。
だからそれは、土日休みたいんですって人とは違いますよね。

だから商人になりたい人はなれるんだ。
サラリーマンになりたい人はなれるんだ。
社長になりたい人はなれるんだ。

なれるチャンスがあるよという事ですよ。
チャンスがあるという事ですよ。

だけど頑張んないで社長になりたいとか、頑張らないでサラリーマンになりたいって使いたくないですよね。
全然頑張んないで社長になりたいってそんな奴に使われたら社員はたまりませんからね。

だからそれは、自ずから平等にチャンスがあるという事。
それ以上の平等を望んではいけないんです。

望んでも構わないけど、必ず苦しみます。
もし自分が幸せになりたいんなら、神は平等を望んでないんだ、という事を考えてもらいたいです。

ヨーロッパの人なんかに、これは言っても怒られないと思いますけど、年取って死ぬ人いるよね。
家族に看取られながら死ぬ人もいますよね。

だけど、キリスト教では最高の神のイエスキリストが、磔になったぐらいですからね。
人は等しく平等じゃないんです。

あの人悪い事何もしてない訳じゃないんですよ。
神を語っただけで手に釘打たれて、磔になった人もいるぐらいですから、平等を唱えたから平等になるんじゃないんです。
その事をよーく覚えてて下さい。

その中で自分の幸せ、周りの幸せを考えていかなきゃいけない。
細かく平等平等って言いだすと、お母さんが、お兄ちゃんにあれとあれ買ってやったけど、俺は1回分少ないとかって話になっちゃう。

事実上そうなの。
平等平等って言ってるとそうなの。

あの先生は、どうもあの生徒だけに良くしてる、俺は冷たくあしらわれてるような気がする。
可愛くないんですあんたの性格が。

平等を唱えるようなやつってのは実にね、可愛がってもらえるような事してないんです。
権利だけ主張するけど、人に可愛がられる様な事を言えば可愛がってもらえるんですよ。
いつもニコニコしてるやつは、得するんですよ。

商いでもなんでも、平等じゃないんです。
自分だって、そういってる自分だって、平等にね、靴を平等に買ってますかって、気に入らないやつのとこで靴なんか買やしないんですよ。
自分だって。

それなのに一人だけ平等に平等にって言ってるけど、じゃあ自分がどれほど平等にしてるか、その辺を考えないと、商いも何も成り立たないんですよ。
幸せにもなれないよっていう。

これで平等の話は終わります。

この話はほんとはものすごい深いですから、1時間2時間終わらないんです。
あまり深く入れば入るほどわかんなくなっちゃいますから。

この辺でやめます。
はい、ありがとうございます。

 

斎藤一人の小石からダイヤモンド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。