斎藤一人の心に灯をともす経営

ひとりさん

今からですね、まるかんにとって非常に大切な話をします。
仕事に関することです。

まずは、基本的な仕事のことからちょっと話さないといけないんだけど、仕事っていうのはね、元々、よくいいものを作れば売れるんだっていうことが言われてたんだけど、事実上そういうことは、ありえないんだって。

昔は正しかったんだよ。
昔はろくなもんがない時代だったら物不足の時はいいものを作れば売れる、っていうことだったんだけど、事実上いまはどの車もほぼ同じように走り、どの車も、どの商品も似たり寄ったりの物は、実にいっぱいある。

各自どこでも自分のところがいい商品だとか、いいものだっていってるんだよね。

極端なこというと、セブンイレブンとローソンっていうのがあって、そこで売ってるものの、優越がどのぐらい違うもんかって言ったとき、そんなに中に違いがあるわけではないんだ。
ただ、1個1個作っている業者が、ほんとに自分のところの物はこれですごいと思ってるけど、お客から見ると微差であるということなのね。

それで、そういうものを仮に発明したとしてもそれを軌道に乗せて売るというのは、物を作る実は10倍以上のエネルギーとかがいるんだ。

だから特にお客に対する教育とかがいる。

大差がないとどうなるかっていうと、大差がない時代がきちゃうから、お客に喜ばれて一番分かりやすい方法が値下げということになってくる。
だから、明らかにうちの物がいいもんなんだって言ってもお客から見て大差があるわけではないんだ。

だから例えば、自分のところの車は普通は東京から大阪まで行くのに、6時間から8時間かかるとこを、警察には捕まらないで、おまわりさんにも捕まらないで4時間で行けますとか、2時間で行ける車でもあれば、これは大差だよね。

クッションがどうだとかああだとかは分からないんだよね。
ほぼ同じようにクッション計画してるし、ハンドルの良さも計画、全員が計算してるから大差ないっちゅうことを言いたいんだよね。

すべてが大差のない時代が来たから、どんどんどんどん値下がりしてっちゃう。
ひとたび値下がり競争に巻き込まれちゃうと、際限なく儲からない時代がきちゃうんだ、ていうことですよね。

それで、今からする話は、この話とは別に考えたほうがいいのか一緒なのかは分からない。

ただ、まるかんとして非常に大切な話だから聞いててもらいたいのは、今からうちがやろうとしてることはどんなことですかっていうと、よく商品に特許を取る、名前に特許を取る、中身に特許を取ったりいろんな事して守ろうとするけれど、事実上は似たようなものは山ほど出てきちゃう。
そうすると、商品を守るということはできないんです。

じゃあ、何を自分たちは売りにして守っていくべきなのかっていうと、それは、そこの会社独特の「システム」だ。

この「システム」をちゃんとできるかどうかによって、会社が大きく伸びるか、もの凄く苦労するかの違いが出ちゃうの。

簡単に言うと、まるかんはこれから何したいんですかって言ったとき、うちがやりたいことはたったひとつです。

健康食品、サプリメントだったらこれを売りなさい、って一種類にしよう。

 

商品は1種類ずつにしよう

 

それから、化粧品を使いたい、下地だったら、顔パワーと顔バタークリーム、これをつかってください。
それから、化粧のうわものだったらこれで化粧すりゃいいですよ。
シャンプーだったらこれ一点ですよ。
石鹸ならこれ一点ですよ、っていう風にしたい。

ところが、それだとしたらよそでも総合的にやってるとこありますよねっていうことになるよね。
ところが、うちの会社はそうじゃないんです。

人間の体っていうのは、「魂」と「肉体」の2つでできてる。

「魂」っていうのは考え方なんだよね。

この考え方、心に灯をともす。
心に灯がともって、体のほうを治していく。

体っていうのは食事で治すもんだから、食事のバランスを取る。

未だかつて、魂から、肉体、そして化粧まで、あなたが選ぶのは、健康になってきれいになったら、あなたの好きな服を選んでください。
服以外はうちの物でなんとでも間に合いますよ、っていう会社を作ったとしたら史上出たことがない会社ができる。

それだけじゃない。
心に灯をともすだけじゃない。

あなたの周りに今現在起きてる問題は、あなたの言葉、口から出た問題なんですよ。
だから、ありがたいをいっぱい言いましょうとか、ありがとうございますをいっぱい言うことによって、人生こんなに変わりますよ。
って喋り方まで教えてくれる会社を作ったとする。

それはもちろん、お客さんに誓っといて、みたいなのもある。
大切にしたものが残るんですよとか、ありがとういっぱい言うと、きっと良いことが起きますよ。

普段ありがとうって言わないでいいや、こちらのお客さんが何相手に対してありがとう、お客さんなのに相手がありがとうって言ってくれる前にこっちもありがとうねって言う。
ありがとうって言うべきところじゃないのにありがとうって言うと、ありがたいことが起きるわけがないところでありがたい現象が起きるとか、そういうことまで教えられる。

ただ、おたくは何してんですかって、私はまるかんやってますって言っただけで、あぁ、まるかんさんっていい商品だよね、それからまるかんやってる人って一味違って頭きれるよねって言われるようなお客さんを作っていく。
その人たちで仲間になってやってかなきゃいけない。

その為の第一段が、今、手相人相心に灯をともすっていうことをやってるの。

そしたら次は何するべきかって言ったら、サプリメントならこれですよ。

今みたく何種類もあるとどれを勧めていいかわからないの。
それを統一していったとしたら、心、肉体、化粧、シャンプーから石鹸に至るまで持ってるもの凄い史上現れたことのない会社が出来上がるんだ。

そこにこれからまるかんが向かうんだよって言ったときに、ものすごい夜明けに向かってるんだよっていうことがわかると思うのね。

そのことを各社長が頭に入れてください。
このテープ何回も聞いてください。
おそらく7回聞けばわかると思います。

以上です。

 

怒る人生から褒める人生に

 

はい、続きですよ。

それとですね、勘違いしないでもらいたいのは、ひと種類にするって今までの物全部なくしちゃうんですかっていう風に捉えないでください。

例えばこれから新しい美容師さんや何かとったときに、うちはこの一点ずつを勧めればいいんですよ。
例えばまるかんで全部揃えますとかっていうカタログみたいなの作っといて、こういう人にはこういうこと。

で、もしこれが閑語だとすると、美容師さんでも新しい特約の人でも、1日だけ入ったときに一個ずつうちのもの教えて、帰りには手相のテープまで聞かせて、手相まで見れるようになっちゃう。

挙句の果てに、今いる人たちに、20人ぐらい、いい手相してますねとかってて言ってもう20人ぐらいまた教え込んじゃって、残りの80人、また帰ったらやってくださいぐらいのつもり行けば、もの凄い簡単になる。

今までのやり方っていうのは、チラシを基準にして物を集めてる。
これからチラシが撒けない時代になってきてるよ、その時に、チラシのやり方ではもう通らないんだ。

新しい時代にしていかなきゃいけない。
だから、今来てる人たちに全部出してかなきゃいけない。
全部ってことは、10人のお客さんがいるんだとしたら、10人の人に出して行けばいいんだよね、っていうことだよね。

もうちょっとわかりやすく言うと、全部に効くサプリメントってなんですかって言ったとき、例えば、本当はうちのひざこしも全部に効くんです。

だけど、そういうものに、例えばひざこしじゃなくまいちゅうみたいなのにアガリクスみたいの入れちゃって、ガンの予防として、これずっと飲んでればいいよとか。
例えば細胞元気とかいう名前つけちゃって、髪の毛から顔、頭、肝臓、腎臓、体全部は細胞でできてますみたいな、膝とか書いとけば、お客さんがきて、「どこ悪いの?」、「だったらこれ飲みな」って同じもの勧めてればいいなっていうことが可能にできるんだよ、っていうことです。

だからそういうことで喋ってるんで、今現在お客さんのいる人は問題ないし、徐々に徐々に変えてけばいいんで。

何かっていうと、新しいものがでたら全部なくすんじゃないんだよ。

これから新しい体系で今のまま引きずってたらこれからのまるかんは苦労の道に入っちゃうけど、新しい総合的な、心からお化粧品までっていう総合的なもの。
例えば、町のちっちゃいまるかんでも、そこ一個で総合商社のような、体に関することは全部できるっていうのものを作り上げて、それでそこ行くと、心のケアまでできる。
考え方までできる、教えてくれるんだ。
喋ってる人間関係まで分かるんだっていうものを作り上げる事ができるんだよっていうことを喋ってるんだよ。

ただ今あるものが全部急になくなるってことじゃないから、そういう心配はいらないからね、っていうことですよ。
返事しなくても大丈夫だよ。

できない人も一生懸命やっている

今から一つ話をします。

それはですね、私が自分で今まですごく苦労してきたことがあるんだってこと。

それは、意外と私自体が色んなことができるから、人もできると思って、やらないのはやり方を知らないか、やる気がないからなんだ。
教えてあげれば誰でもできるんじゃないかなって思ってたんです。

ところが、本当にこの年になってやっとわかったことは、できない人も一生懸命実はやって生きてるんだ。
できない人を見たとき、なぜできないのかって追及するのか、やってるねっていうのか、二つに一つだと思ったのね。

うちの会社って特約業務になってるからお給料払ってるわけではないんだよね。

そうすると、これから特約店をいっぱい集めたときに、例えば手相なんかの場合も、一か月に5人しか見れない人がいたとしても、すごいねって言ってあげる。

例えば、その中には10人見ちゃう人もいるし400人見ちゃう人もいるのね。
そうすると、それはそれで、すごいねって言ってあげるとすると、中には0の人もいる。

0の人も、0でもいいや、自分が聞いてて自分が救われるだけだっていいんだから、っていう0でも許しちゃう、5人でも許しちゃう。

そうすると商売でも本当に、顔パワーセットが月5本しか売れない人もいるの。
だけど本当に100セット売っちゃう人もいるんだよね。
だけどそれを5セットの人を叱っていこうとする、どうしてもやらそうとするから、俺は苦労するんだと思ってるのね。

それが、今まで自分が仕事をしてて学んだことなの。

それを、5セットだって、大したもんだよとか、言ってあげられるようにしないといけないんじゃないか。
ただし、そこで、平等なんだけど差をつけるっって言っちゃおかしいけど、5人しかできない人でもすごいね、よかったねって言ってあげるの。

「何故できないの」はやめよう

だけどやっぱし、100人行った人には額あげるとか、1000人行った人にはスポットライト当てて褒めてあげるとかはしてかなきゃいけない。
だけど、できなかった人を、叱って何かやらそうってんじゃないの。

その人たちはそれしか能力がないの。
だからそれをちゃんとやってかないと、勉強会にも成績の良いひとは来るけど、成績の悪い人は来ないんだよね。

来ないっていうのは、主任達のどこかに、何であんたできないのとか、なんでなのっていうのが波動として伝わってきてるんだ。
だからできないんだ。
だからそれが特約も苦しめるし、実は主任達も社長達も苦しめてんだ。

それを一切合切やめちゃって、5人なら5人大したもんなんだよ、あんたたった一人かも分かんないけどそれ自殺する人救ったのかも分かんないんだよ、って言える会社にしちゃったらね、これはものすごくオールマイティーで本当に魂の会社なだと思うんだよね。

だからそのことをやってかないと、本当に自分たちが苦しむんだ。

俺も、例えば、何故できないの何故できないのって言ってる人生をやめてかないと。
怒る人生から褒める人生にかえないといけないねって。

そういうことが出来たときに、今俺がやろうとしてる事がわかるんだと思うんだよね。

全くできない人も一生懸命やってるの。
あんたをできるようにしてやる、じゃないの。

そのままで褒めてあげるっていうことを可能にするんだから。
私がそこに座ってて「私一人も一歩も踏み出せない」「いいんだよ、踏み出せなくて、あんたが聞いてりゃいいじゃないか。いつかチャンスが来て言う時もあるよ」って言える。
0でも許してあげて褒められる会社にしていかなきゃ辛いねっていうことなの。

これは俺が苦労してきて、この先これをずっと、何であんたできないのっていうのをやめていきたいんだっていうことを言いたいんだよね。

それが出来たらすごいねっていうことです。

 

斎藤一人の基本的な仕事の話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 21日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。