斎藤一人のそうだよね、わかるよの話

ひとりさん


はい、おはようございます。
今から、そうだねわかるよっていう話をします。

肯定が生む効果とは

これね、そうだねわかるよってなんですかっていうと、例えば、否定的な人と肯定的な人がいる。

自分に反対意見出す人がいる。
そこなんですけど、それ違うよ。

相手を否定しちゃだめだよ。

なぜ、その人がそういう否定的なことを言うかと言うと、そういう人生を歩いてきた。
ね、長年かかってそういう人生を歩いてきたんだから、そう思ってるんです、その当人は。

そのことを否定することは今世全部。
だから、ずっーーと、来世から再来世全部否定しちゃうことになるんですよ。

自分に反対意見を言ったとき。
ね、それ違うよって言う前に、そうだよね、わかるよ、そう思うよね。

なぜかっていうと、そう思ってるからですから相手も。
ね、ただそう思うんですよ。
私がそう思ってるんじゃないですよ、相手がそう思うよ、あんたがそう思うなら分かるよ、っていう意味です。

わかりますか?

そうだよね、わかるよ、って言った後に、でもね俺も実はそうだったんだけどさ、いつまでついてないと嫌だからね、なんか斉藤さんって変な人がついてるついてるっていいます、とか言っていたら心がうきうきしちゃったんだよ。

ね、だからこういう風に言った方がいいよっていうとしますよね。
そうすると相手は、嫌俺はそういうこと言いたくないんだよって言ったとすると、そうだよね、わかるよー。

そうだ、実は俺もそうなんだよ。
これはなぜかっていうと、反対を相手がしてきたときに違うよっていうと、本当にダメなんですよ。

犯罪っていうのは、普通の人間、能力が落ちる人間、何かで追い詰められて追い詰められて追い詰められたとき、最後に行く場所が犯罪になっちゃうわけなんですよ。

わかります?

犯罪が悪いことは分かりきっているんですよ。
そうすると、お前はダメじゃないかとか、泥棒とかしてとかって、白状しろとかって言っても、頑として中々白状しないんですよ。

なぜ中々白状しないかっていうと、実は怒られるのはそういう人は慣れてるんですよ、小学校の時からずっーと怒られて、親にも怒られてるから、鍛えあがってますからね。

中々そういうことを、じゃあ白状しないんです。

 
ところが、分かるよって。

ね、見ててもそんな悪いやつじゃないし、お前がそういちゃったのは、ね、分かるよ、そうだよなって、言ってくれるとどうせ誰かに白状、一生白状しないとは思っていないだよね。

どうせ白状するなら、自分のことをわかってくれる人に白状したいって、犯罪者でも思うんだよ。
ね、だからそれは普通の人間ならなおさらのことなんですよ。
だから、白状するなら、どうせならそうだよね。

白状したやつって、本当にほっとした顔になるんですよ。

ここで犯罪者の話しなんかよく、ちょっと持ち出しちゃいけないんだけど、普通、朝あたしなんかも髭そるんだけどね、髭そるんだからそりゃいいんだよね。

だけど、痛いのよ。

痛いからこう石鹸つけたりね、あのシェービングなんとかってつけたりするの、クリームみたいなのつけて、暖めたり色々してそるんですよ。

ね、じゃないと痛くて血が出ちゃうんですよ。
それと同じように、相手になんか言うときの、その枕詞があるんですよ。

 

それが、それ違うよって言うのから、そうだよね、それ分かるよ。
ね、あんたがそうなった気持ち分かるよ。
人間っていうのは、自分のことをわかってくれる人を探してるし、そういう人の意見を聞きたいんですよ。

ね、だから、クセですから。

ね、あの紙にでも書いて、そうだよねそれ分かるよ、これを口癖にして、そうだよねって言えるようにするんですよ。
そうすると、相手もすごく楽だし、こっちも楽になる。

人間関係の円滑用なんですよ。

それがないと、エンジンオイルなしでね車走らせちゃってるんだから、摩擦がおきるんだよ、だから、人に会うたびに摩擦がおきちゃうの。

わかりますよね?
そうだよねっていうことなんですよ。
それで、もう一個、もう一個あるんです。

これが肝心なんですよ。

いくら、ついてないって言っても、ついてるついてるって言おうねってつっても、ついてないと思っちゃうこと。
それから、人のことを妬んじゃうこと。

悪口言っちゃうこと。
だから思っちゃうこと。

自分であるでしょう?

その時に、自分はなんてダメなんだ。

ね、自分を否定したり責めたりしちゃいけない、自分に対しても、そうだよなぁ、俺なんか真面目にやってんのにさぁ、いつも、ぶらぶらしててね、親に外車買ってもらって、大概頭にくるよな。

ね、でも、俺たちはせっかくこういう魂の勉強したり、そういうことしてるんだから、ね、まあ許してやろうよ。
その、一旦認めてあげないと、これを押さえつけちゃうとエネルギーっていうのはなくならないんですよ。
押さえつけるといつか爆発するんですよ。

わかります?

自分にも肯定する

だから、相手に対してだけやるんじゃない、自分に対してでも、そうだよなぁわかるよぉ。

自分はこう、立派な人間だと思うことがあるのよ。
聖心君子だと思うこともあるんですよ、私でもね。

って思ってるんだけど、いい女が着たりなんかすると、いい勝ちしたくなるとか、見ちゃったりするんですよ。
さっきまでの俺はなんなんだろうって、でもまぁしょうがないよなぁ、わかるよぉ、やっぱし男だもんなぁ。

でも、見るだけにしとこう、それで触ると犯罪になっちゃうからとか、まぁ、こんなことなんですよ。
ね、わかります?

すごくね、いろんな形に自分を同意してください。
人に対してもそうだよ、わかるよ、でも、そうだよねって、もっといい意見になるという。

自分がなったときも、そうだよなぁ、たまには俺だってそう考えちゃうよぉと、分かるよぉ。

自分の心にも分かってやると、嘘のように此処に溜まってるのがボワァって消えるんですよ。
だから、これねぇすっごく覚えておくと、すっごくいい方法なの。

人に対しても。

 

でね、大概ノイローゼなったり死んじゃったりする人っているんだけど、あんまりいじめられて死んじゃう人って半分くらいで、残りの半分以上は自分で自分を苦しめちゃうんですよ。

勝手にノイローゼになったりだとか、よく聞くと些細なことでいっちゃうんですよ。

あれそうだよなぁ分かるよってその、そうだよな分かるよってこの魔法の言葉を知ってると、自分の首を絞めてるんですよ。
でね、人間関係ってね相手とだけじゃないのよ。
自分との人間関係をあるんですよ。

これも苦しみの一つなんですよ。

たったひとつ、この言葉をぽっと言ってあげることによって、すごい楽になるんですよ。
ね、そうだよね、分かるよ、って覚えてください。

はい、終わります。

斎藤一人の渡り鳥経営の話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。