斎藤一人さんのお話〜進化論〜

ひとりさん


最近 アメリカが生まれ変わりというのを全く信じなかったんだけど、最近、
退行催眠やなんかやると、前世の話をする人が増えてきているので、そちらの研究がずいぶん進んでいる。

斎藤一人「魂は死なない」

魂は死なないんだよ

現世にいて、中間世にいて現世にいて中間世に来る、これを繰り返している、ということです

死なないんだということになると、とどういうことになるか、ことなったとき、人間は身体が持つ前から魂があったんだ、ただ、入りやすい場、体を探している。

 

進化論、これはすごい、話で、言うと同時に世界中の学者を敵にまわし袋叩きにあっちゃうけど、
変な人が言ってるから勘弁してください、論争する気はありません、

進化論は嘘

タイ、魚の鯛、鯛は最初から鯛ということなんです。

サルは最初からサル、人間は最初から人間、サルが進化して人間になったのではないということを言いたい

シーラカンスというお魚がいる、シーラカンスが魚の先祖だとしたら、シーラカンスがいるのはおかしい

シーラカンスがいるから、進化論が嘘なんだ
何故かというと、進化してからいるわけがない、進化しないから、いる。

 

ガラバゴスといいう島を見た時、これで進化論が証明された、
進化してないんだから、進化しないんだということですよね

どっちが正しいか、あと何百年かたつとわかるんですけど、それはどっちでもいいんだけど、
人間は人間として生まれたから、人間として進化する、

もしサルが進化して人間になったなら、常にサルと人間の中間がいなくてはいけない。

 

サルは、今ごろコンピュータか電卓ぐらいは持っているということだよね、
サルは、バナナ食っても電卓たたかないという、こういうこと。

必然的に神様が人間の魂が入りやすいものを作ってく
鯛は鯛として作った

諸行無常

昔の魚は時々、会わなくなると絶滅している、絶滅するんです、わかります?

進化ではない、いらなくなった、だんだんいらなくなると新陳代謝される、わかりますか

諸行無常というんです
すべてのものは常ならず無常である

諸行無常とかいうと、坊さんは頑張ってこの世の中はこのくらいあれかと、気になる。

諸行無常とは、古いものがなくなり、新しいものが生まれる、それを生成発展するという、人間が死ぬのは生成発展の過程なんだ

 

ずっと年寄りが生きているわけではない
だから、会社も、古い会社がなくなり新しい会社ができる。

 

古い会社も永遠と大きくなるには、新しいアイディアが出る、そうすると新しいアイディアが出ると、
古いアディアをひっこめていく、、新陳代謝だ、それが生成発展なんだ、

だから、諸行無常ときたら、生成発展のもとなんである、というように思えばよろしいということですね、

だから、諸行無常っていうのは、この世の中、、無常なんだよ、悲しいものなんだ、だけど、お釈迦様がそんな否定的なことを言うわけがない

 

あとから解釈したやつが否定的なんだ
世の中、生成発展して、ここが天国なんだ

話が横道それちゃって、わかんなくなっちゃって、進化論の話…

何が、魂は入りやすいものができるまでなかったかというと、あったんだ

魂は一番最初に何に宿ったか、鉱物に宿った石とか、鉄とかそういう貴金属、そういうものに魂が宿った

その次に植物、植物に宿る

鉱物は全く自分で動けない、たまに動くと火山の噴火くらいでどおんと、それ以外は動けない

 

木も不自由だ、不自由だけど、種をとばしたり、ある程度の自由がある

動物に至ると行動半径がある。

 

ただ動物というのも性欲とか食べることとか、考えが制約される
行動は自由になるけど考えが制約される

あんまりボランティアとかやっていない わかります?
縄張り内で生きている

 

だから、動くのが実は制約されている わかりますよね

それから、あまり物を持ったり、道具を使ったりしない。

 

ラッコが石かなんかで、かんかんやってると、道具使ってるとか、そういうのはなしね
自動車作ったり、人工衛星作ってるとか高度な話ね。

魂はだんだん自由をもらってく
なぜかというと、自由は難しい

究極に自由が与えられた状態、これが人間なの。わかります?

だんだん順番で、人間にすぐなれるか、そうじゃない
植物に移り、動物に移る、動物もだんだん高度になる、
そのあと人間に進化する前に雲になる

雲になってすこし色々見る

こっちも雲を見ると、羊に似てる、でんでんむしに似てる、でんでんむしなんだ、

 

人間に彼はなろうとしている、人間に波動が一番近い、

あの雲消してやろう、雲消したりすると特別な人間なんだと思われる誰でもできるんだけど、人にできないことで、できることは少ない

私ができることは大概できる。

 

雲消したか、百発百中誰でもできるから、雲消したりする、消えたりする、ああ以心伝心できるんだなあ、

さすがにこれから人間になろうとしているやつだなあ、でも、やたら消したらかわいそうだから、よそうよということなんだ

人間になる、人間になったとき、日々起きていることが魂の修行なんだととらえていくと、いろんなことがある

結構楽しいんですよ。

 

魂の修業

ビデオをとるようお願いします、修行だと

機会に向かってしゃべって、この前もパーティーで喋って、あのようにしゃべってくださいって、
まれな人がいるんだよ。

 

大勢いて、こちらものるよね

機械と録音機の前だとついオーバーアクションになる、

ただ、魂の修行だからいろいろやるんですよ、出てきたものをいろいろやる、今世商人になった人は商人を一生懸命やる

前は侍だったから、私。

 

それが魂はどんどん進化しますよ
でもまれに逆戻りする人がいる

浮遊霊になる人がいる

 

人間界の霊が幽界、霊界
幽界にいる人っていうのは何ですか、これが浮遊霊になる

浮遊霊って何ですかっていうと、死んだら終わりだと思っている人はたいがい浮遊霊

生まれ変わりがもっているのは霊界

わかりません、変な人が言ってることはたいして気にしない、そういうことなんだよということなのね

人間としての修行を積んでいかないと、まれにだよ、まれに、もう一回、一からやろうよとか、やりなして、
一からやってみようといわれると、ちょっと嫌かな

ワープ

あのね、ワープ

ここにあったものがここに信じていく、これはなんだろう

 

ここに魚がいる魚がいる、魚がいる
この魚が魂を得ながら人間になるまでにはすごいたいへんなのだ

ところが、一人さんに食べられると、この細胞は魚から一人さんの細胞になる、ワープする

わかります?

魂をいただくとワープするから、あんまに残しちゃだめよ

命いただいて、ちゃんと美味しく食べないとダメなの、残すときは御免なさいっていうの

 

何食っちゃいけない、かに食っちゃいけない、何でも食べてる人は健康ですよ、わかりますね?

なんかをいっぱい食べるより、心が幸せな人が健康。

牛乳を飲んでいる人より、配達している人の方が元気なの、わかりますよね

 

人間っていうのは誰かの役に立ちたい、一生懸命働く
これが健康なんです

そういう人はきっと牛乳も飲んでるんです、で、また元気になる

波動

私たちは魂を向上させている
進化させる波動を上げていく

波動を上げれば上げるほど人は幸せになる

これは何ですか、目の前に現れた人のために笑顔を作る

自分ができることを話する、役に立ちそうなことは頼まれたらいやな顔をしない、一生懸命やる

自分の目の前に現れる人で、そんなにいるわけではない、その人たちのお役に立つ。

 

魂を向上させていくんだよ、
そうすると天国と地獄に分かれていく場所が決まってくる。

もう一回木からやっていこうと言われないようにしていきたいということです、

生まれ変わりは楽しい

こうやって考えるとうまれかわりって楽しいな

おとぎ話みたいななんですけど、このおとぎ話をたよりに、こつこつこつこつ生きていく

非常に楽しいことです

ありがとうございました

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。