斎藤一人の商いの話1

ひとりさん

はい、おはようございます。
ひとりさんの独り言のコーナーです。

今日はですね、商いの話をします。

 

商いの話

 

これがですね、あまりにも間違いが多いんですよ。
うちの仕事をしている人でもね、世間の人でも、商いの意味知っていますかって言うと、飽きずに頑張るってことですよねって言うんですよ、みなさんそれは知っているんですよ。

ところがそれが間違いなんですよ。
何ですかって言った時、商いって言うのは、商人ってのは相手のことを思って商売するもんなんですよ。

あんたがいくら飽きなくても、客が飽きているんですよ。

商いとは、客がその店に飽きないようにすると言うことなんですよ。
それを、客がいないのに細々と頑張りましょうってあんたがいくら、飽きなくても客が飽きてるんですよ、商いにならないんですよ。

商いとは、客を飽きさせないこと

本当にこう、自分のお店を見たときにですね、いつ来ても古い貼り紙が貼ってあったりね。

そういうんじゃなくて、1週間前に来た人が今来ても、もう一回来れるんですよ。
一ヶ月に一回来た人がもう嫌になっちゃうような店じゃないの、半年間も全然変わらないでね、店が古くて、そこに古い親父がいて。

古いのがいけないんじゃないんですよ。
問題はね、商いとは、飽きさせないという意味なんですよ、わかりましたか?

自分のことを言ってちゃしょうがないんですよ、お客さんサイドの話をしているんですよ、お客さんが飽きないということなんですよ、わかりますよね?

それと、もう一つの意味は、秋がないんですよ。

どういうことですかっていうと、細々と頑張っています、畑かなんかを耕しているならいいよ、秋になれば実りがあるんですよ。
米実るよね、商いには秋がないんですよ、細々とやってたら、畑が実ったらそんなこと絶対にないんですよ。

その代わり、商人は上手くやれば、毎日が収穫なんですよ、毎日収穫ができるんですよ。
待ってたら、秋になって米が実りましたら、そう言うことはないです。

だから、この我々も商いと言うのは、お客が飽きないようにする。
お客さんさえ飽きないようにしてくれれば、毎日が収穫なんですよ。

それが、お客に飽きられているのに、商いは飽きないで頑張りましょうって何を言ってるんだ。
そういう独りよがりなことを言われたら困るんですよ。
我々には収穫の秋は無いんです、その代わり毎日が収穫なんです。

ただし、お客に飽きられちゃったら無理ですよ。十年経っても実りは無いですよ。待ってるだけだったら三十年経っても、不作が三十年も続かないんですよ。

市場が始まってからね、たまに不作はあるんですよ、三十年の不作なんて無いんです。

商売は、十年の不作なんて当たり前ですよ。それはなんですかって言うと、お客さんに飽きられちゃうんです。
だから、飽きられちゃうんだってことをしっかり覚えてください。

それで、お店を見渡してください。

自分の顔を見てください。

自分の笑顔が飽きられちゃう笑顔かどうか、そこをしっかり見定めて、お店の中、顔、商品、説明、全てにおいて飽きられないようにする。

ということで、商いの話終わります。

 

斎藤一人の商いの話2

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。