斎藤一人「1万円の苦労」の話!音声文字起こし

ひとりさん


今度はですね、一万円の苦労っていう話です。

よろしくお願いします。

一万円の苦労ってなんですかって言った時に、よくこういうことを言われるんですけど、「仕事すると大変よね」って、「大変な思いするんだったら、お金はいらないのよ」っていう人いるんです。

悪くないんですよ?別に。

 

だけど、一万円のお金を得るのには一万円の苦労があるんです。

あたり前なんです。

 

十万円には十万円の苦労があるんです。
20万円には20万円の苦労があるんです。

わかりますよね?

その時に、「斎藤さん、ここに10万円あるんだけど、10万円の苦労があるよ。受け取るかい?」
って言ったときに、

もちろん受け取ります私。
現金。

それが才徳のうちですから。

 

私が言いたいのはどういうことですかっていうと、もらわなきゃ苦労がないんですかっていうことなんですよ。

もらわなきゃ、お金がないっていう苦労が。
どっちにしろ、苦労があるんですよ。

 

私が1年でですね、日本で一番お金が入ってくるとすれば、日本で一番の苦労があります。

それはもう、北海道から沖縄まで色んなものがあっていろんな問題が起きると、全部上に上がってくるんです。

大変なんですよ。

 

でも、これを避けて通ると、人間てのはある意味で戦うしかないんです。

それをじゃあ避ける。
勝てと言ってるんじゃないんです。

お金を稼ぐには戦うしかない

戦いを放棄したとき、小さい微生物で言うとね、どんな小っちゃい菌でもなんでも、みんな環境と戦ってるんです。

勝てと言ってるんじゃないんです。
戦ってるんですそこで。

その戦いの末に無くなった時、だから、たたかってりゃ、やってりゃ勝つこともあるし、負けることもあるし。

 

ただこの戦いを放棄してもういいやって言ったときに、どんどん落っこってくる。

例えば、ホームレスになる人いるよね?

ホームレスになったら、戦いはないんですかっていうと、本当はあるんです。
どこへ行っても戦いはあるんです。

 

だからどっかで、「そうだ。日本かんぽうあるから日本かんぽでじゃあ頑張ろう」なんでもいいんですよ。

 

トヨタに入った。
トヨタでじゃあ頑張ろう。

俺はいんだよ頑張らないから。
頑張らないは良いんですよ。

首になりますよ、ホントに。

どこでもそうですよ?

一生懸命やったら意外と見ててくれている

人間というか、日本って意外と見ててくれるんです。

でも、見ててくれるってのは、一生懸命戦ってるから見ててくれるんで、戦いを自分は放棄したんですって、放棄した人間は絶対にこれは無理ですよ?

わかります?

そうすると、神様が、神様の話しちゃってごめんなさいね。

 

何でもいいです。環境でもいいです。

私に今からこれの10倍の、ドンてお金が入ってくることがあるよ。

それを受け取るかい?

 

その代わり今の10倍の苦労が来るぞって言った時、私は今の10倍でも受けとります。

なぜかと言うと、その環境で出されたんです。

 

どういうことですかっていうと、そのお金使うんですかって、使いません。

私も見たこともないです。

 

ただ、今は、これをいりませんって言った時に、うちの会社の発展はないんです。

そうすると何千ていう、うちで働いてる人、
それからうちが修めてる税金、そういうので食べてる人って膨大な人間がいるんです。

 

そうすると、その環境のなかで「僕良いです。」は出来ないんです。

ここに50万で働く仕事があったらって、まともな話ですよ?

 

泥棒に誘われたとか、強盗に誘われたとか、そういう…まともな話してるところだからね、そういう話じゃないんだよ?

ちゃんと仕事の話だからね。

一生懸命働いてお金を得る

そういう時に、3万円なのに、俺に言わせると、「私苦労するならいらない」って、

いかにもお金にタンパクのようなこと言ってくるけど、じゃあ苦労しないんならあんたもらうんだ。

 

ってことは、苦労しないで金だけよこせってんだよね?

あんたが言ってること汚いよね?
汚いものがきれいに聞こえる耳っておかしいよね?

汚いものは汚く見えた方がいいよね?

 

「商人だから、お金儲けるのが当たり前なんだよ」って。

「あの人こういうこと言う人だったの。」

「あれですよね。きれいごとだけじゃ生きられないっていうことですよね。」

 

違うっつったの。

一生懸命働いてお金を得るっていうのは最高にきれいなんだよ。

何言ってんだよ。
最高に美しいんだよ。

人のものとって使ったエステじゃないんだよ?って。

 

自分が一生懸命働いたお金で最高に美しいんだよ。

きれいごとってのは、そういうんじゃないんだよ。
きれいごとってのはね、苦労するならいらないわ。

苦労するならいらないって、苦労しないなら貰うんだ。

お前みたいなのは汚い考え方なんだよ。

 

いやしいいやしい、ハイいやしい。
あーやだやだ。

10万円の苦労ったら、10万円出るの。

それがあって初めて、自分についてくること。

子どもだってそうだよ?だんなだってそう。
奥さんだってそう。

周りの人に「はい分かりました。それいただきます」

その代り自分はそのことで一生懸命戦います。

 

勝てとは言わないです。

でも戦いを放棄しちゃダメなんです。

 

勝つことはできない。新たに勝つことはできないんですよ。

 

だけど、一生懸命やることはできるんです。

 

だから、10万円には10万円の苦労があるんです。
50万稼ぐには50万稼ぐ苦労があるんです。

そのことを放棄しないでください。

放棄した時点から辛くなりますから、それと日本かんぽうに入ってるひとってなんですかって言った時、

「いくらになるんだよ?」
「はい分かりました。それもらいます」

ってことは苦労もついてくるんですよ。

お金が欲しいなら苦労はセット

一人惚れた女がいたとする。

「お前に惚れたから」

その女手に入れた。
そしたら「前に彼氏がいたの」

前はどういう人?って…過去はついてくるんですよ。

 

わかります?

今惚れたら過去がセットなんです。

 

それと同じように、昔お前そんなことしてたのかって、そんなことして用が何して用が、過去は消せないんです。

セットですよ。
世の中セットのものっていっぱいあるの。

 

うどん食って天ぷらうどん食ってお勘定がついてるんですよ。

うどんだけ食いたいけど勘定はらいたくないって、汚い考え方です。

 

「お金だけおいしいけど、苦労はいやなのよ。」

汚いです。

うちの会社はそういう汚い人はいらないんです。
まともに生きましょう。

 

これが、1万円の苦労の話なんです。

それだけです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。