齋藤一人の結界の波動2

ひとりさん

それでですね、続きがあるんですけど、一旦切ります。
何故かというと、聞かせない人もいますから。

では続きをしゃべります。良いですか?

 

実はですね、健康に関する事なんです。

で、これは聞かせられる人と聞かせられない人がいるって言うのは、もっと実は信じられないことを今から話します。

 

で、疑問を1%でも持った人はやる必要がないです。
やろうと思った人にはしっかりと教えられます。

 

 

塩を摂って健康に

先ほどですね、塩を摂ることによって体から悪い霊作用を取っちゃうんだと、っていう話をしたんですけど、それともう1つですね、今の人達がなぜここまで具合が悪いかと言うと、正しい塩を摂ってないから。

それでその正しい塩を摂るって言った時に、塩を、正しい塩を摂れば良いんですねと思いますよね。

実はそうじゃないんです。

 

簡単に言いますと、塩を多めに摂って水を減らすんです。

 

で、ほとんどの人が水をうーんと飲んでも構わないと思ってるんです。出ちゃうから。

ところがそうじゃないんです。

 

塩分がちょっと体の中に多ければ、人間の血液というのはいつもサラサラで綺麗なんです。

ところが、塩分を多めに摂る人って言うのは必ず水も摂るんです。
だから薄まっちゃうんです。

 

これは、解っても解らなくても良いですから。

心配なら、ほんとに血圧が上がるかどうか医者に相談しながらやればすぐに解ることで、土台塩というのは摂りすぎると、うんと摂れば下呂吐いちゃうか、腹下しちゃうんです。

だから摂りすぎは出来ないんです。

 

 

現代の食事は偏っている

それと、もう一つ言います。良いですか?

この話は非常に高度なんですけど、例えば食事には酸とアルカリというのがあるんです。

 

酸性物をうんと摂ります。

そうすると、どういう事になるかって言うと、例えばお肉は酸性物です。

そうすると酸性物を摂るとどうなるかって言うと、酸でありながらお肉は陽性なんです。
いいですか?

酸でありながら陽性だから、これを陰性でとってバランスを取ろうとすると、必ず、カレーライスを食べたいとかって話になります。

カレーを食べない人は、今度は甘いものを摂るようになるんです。

 

ところが、陽性が陰性に混じったから丁度いいと思うけれど、陽が陰に混じって丁度良くなったと思うけど、砂糖もカレーも強陰性、要するに、強酸性なんです。

だから酸性だけが残っちゃうんです。

 

その酸性が残った所へ中和したくなるから水をガブガブ飲むか、それとも無かったらジュースを飲むという形になるんです。

ジュースには砂糖が入ってるから、そうすると強酸性に体が偏るんです。
解りますか?

 

例えば牛乳を飲めばカルシウムがあるって言うけれど、牛乳を飲みだしてから骨折する人がすごく多いんです。

今の人達の方が骨折するんです昔の人達より。

 

それは何でですかって言うと、血が酸性に偏るとカルシウムから、骨、要するに骨からカルシウムを持ってきて中和しちゃうって働きがあるんです。
解りますか?

 

今の人達って言うのは、酸性のうえに肉食って酸性になったものを中和するために、陰性の酸性を入れちゃうんです。

すると残ったものが強酸性になるんです。

 

で、例えばですよ、ここに海水がある。
海水はしょっぱいよね。

しょっぱいからといってこれに砂糖を入れたら、飲みやすくはなるけど真水にはなってませんよね。

 

余計濁ったものが出来上がりますよね。

その濁った状態があなたの体なんだから、そこからどんどんどんどん悪くなってくるよね、っていう事なんだよね。

 

 

塩でバランスを取る

で、日本人って言うのは、本来は野菜とか穀物を食べてる民族なんです。

で、そういう人たちが塩でバランスを取ってたんです。

で、その塩を摂らなくなっちゃうとどういう事が起きるんですかって言うと、体があっちが怠い、こっち怠いっていう。

 

体一つとっても昔から塩というものをすごく大事にし、塩があるだけで魔物がよけちゃうとかって言うぐらい、塩っていうのは大切なものなんです。

 

体一つの話してもそうなんです。

だから、こうやって塩舐めてるときにほんとに体の中に色んな変化が出てきます。

 

それって言うのは、この塩と言うのは色んな魔物もよけるけれど、だからと言ってお猪口一杯飲んじゃうとかそういう事で度外れた話はしないで下さいよ。

まともな人たちがこれ聴いてる物ですからね。

こうやって舐めてみて、しょっぱくてやだなって思ったら辞めれば良いんですよ。

ね、なんかの義務でボンボン飲んでたらおかしくなりましたとかって、あんまり、これ程度の低い人が聞いちゃだめだよ。

当然の事をして舐めてバランスを摂るって事だからね。
ちょっと多めに摂るって事だよ。

解りますよね?
大量に摂れとかって話してないからね。

 

で、それをちょっと多めに摂ってて、水分減らした時に自分の体が凄く調子良ければ、凄く良い事ですよね。

 

例えば首が凝る、肩が凝る、何しても何しても治らない。

そういう人がちょっと摂ってすごく良くなる。

そこにほんとにこうなんつうの、補助食品なんか入れたらバンバン良くなっちゃう、って言う話なんですよね。

 

で、私が何を言いたいのかなっていう事は、塩という物は非常に大切なもんなんだ。

 

昔はお粥に塩入れて食べてるだけで色んな病気治してきたんだよね。

で、その頃はちゃんとした、まともな塩であり、また塩というのは非常に波動やなんかも入れやすい。

 

最高のものができるんだっていう事で、だからここまでテープ聞かして頂けた人は、おそらく相当社長に信頼されてる人だと思います。

信頼って言うのは仕事の面もあるし、精神的な面も兼ねてですよ。

だから別にこれ聴かせてもらってない人はいけないとかって話じゃないんですよ、全く。
趣味の世界ですからね。

 

またこれ終わった後に質問がでたらまた次入れるような形になると思いますけど、一旦はこれで終わります。

 

 

使い終わった塩は

また質問が出ましたんでお答えします。

 

三角にあげてた塩ってどの位で変えたらいいんですか?

それはほんとは毎日の方が一番いいんです。

 

だからって毎日どうしても変えなきゃいけないって事じゃないですよ。

ちょんちょんちょんと変えることによって、心も落ち着くし波動もよくなります。

 

で、その塩は使ってた塩はどうしたら良いんですか?

それはほんとに大切な塩ですから、表にバーッと撒くなり、例えば雑巾掛けするときに中に入れてやったり、ガラス拭いたりとか、色んなことに使えます。

 

なんつうの、ご近所にバーッと撒いてあげたりするのも凄く良いし。

交差点やなんかでなんかここら辺なんかこう事故起きやすいな、なんて所あったらパーパーッパって撒いてきてあげたり。
そういうなんつうの、これは魂的なボランティアですよね。

 

だから、ちょっとあそこら辺暗いなイメージがってとこがあったら、パッパッパってこう撒いてきてあげるとかってそういう事に使えば良いんで、全然無駄はないですから。

 

今のところそんな質問なんで一旦切ります。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 22日
  2. 2018年 3月 26日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。