宇宙貯金のはなし1

ひとりさん

よろしくお願いします。

はい、今から宇宙貯金の話をします。

よろしいですか。
非常に良い話です。

この話はですね、聞くとですね、誰でも成功します。
このことを知らないで成功するのは無理です。

その代わり、知った以上は失敗することができません、とゆうことですね。

魅力の話というやつです。

 

なぜこれにみんなが気が付かなかったのかなっていうのが不思議なくらいですけど、私は子どものときからこのことををなぜか知っていたんですよ。

それでですね、話がちょっとそれちゃってごめんなさいなんですけど、なんで話さなかったんですかというと、なんて説明していいか分からない。

続いて、説明しても信じない。
その結果、言っても無駄である、ということですね。

 

ほんとにね、市場満足日本一とか、日本一お金持ちになってはじめて言って、初めて人が信じる人が出てくる、ということですから、ほとんどの人は信じません。

日本一になっても信じられない、そういうような話です。

 

どういうことですかっていうと、この世の中には魅力というものがある。

人間は魅力的なやつと、魅力的じゃないやつが。

魅力ってなんですかっていうことなんです。

 

引力があるから地球がある

大きく言うと、魅力というのは引力に似ているんです。

地球には引力があるっていうけど、それは違うんです。
引力があるから、地球があるんです。

 

この、これで、宇宙にはね、塵とかいろんなんがころげ、色んな物質が飛んでた。

それを、1個吸引力の高いものがあって、それにボコボコボコとくっついたら、もうちょっと吸引力が強くなる。

周りがボコボコボコボコくっついてって、地球ができたんだ。

引力が無くなると、地球がまた元のようにバラバラバラってなっちゃうんだっていうことだよね。

当たり前のことなんだよ、こんな話はね。

 

それに似たようなもので、魅力っていうものがある。

地球には引力、人には魅力ってのがあるんだよ。
魅力のいいやつと、ねえやつがある。

 

人間の魅力は足すことも無くすこともできる

魅力って何ですかっていうと、魅力の良いところってのは、後で足すことができるんだよ。

いくらでも魅力的になれる。

そのかし、いくらでも魅力的じゃないこともできる。

無くなっちゃうこともできる。

 

例えば、普通の男がいる。

だからこれは、どう見ても普通だなって思うんだよね。

 

でも、あの人慶應一番で出たんだよって、ああそうかってね、違ってくるんだよね。

お父さん、大阪で市長やってるんだよ、ああそうかってね。

一人息子で、お母さんいないのとか、だんだんだんだん魅力的な話って、期待するんだよね。

 

何に魅力を感じるか知らないよ。

ようは、見るものをプラスすると魅力になるんです。

 

だから、人間的魅力ってのはどういうことですかっていうと、顔かなと。

まあ、うちは顔かと、化粧しだすと。

顔は魅力度1万点だとするよね。

そこに、人間的魅力度が1万点のやつが販売してると2万点になっちゃうから、すごい勢いで売れちゃうんだよね。

ところが、魅力度がマイナス1万点みたいなやつがいるんだよ。

そうすると、総裁するとゼロになっちゃうから売り上げが上がんないってことになっちゃうんだよ。

 

だから同じものを売っていて、売れる人と売れない人がいるんだよ。

それって、魅力度の違いなんだよっていうことなんだよね。

 

魅力とは良いことのプラス

この魅力っていうのは実は、良いことのプラスなんだ。

だから簡単に言うと、今自分が出してる言葉が魅力的か魅力的じゃないかっていう話なんだけど、例えばこう、魅力のねえやつっているんだよ。

魅力のないやつは、実に魅力のないことを言う。

 

例えば、ステーキですねとかって。

ステーキですねって、それは良いんだよ、1回くらいは。

ステーキだ、ステーキだって何回も言うと、魅力がないんだよ。

 

政治が悪いとか、官僚が悪いとかって、そういうのも分かんないんだよ。

だから、ずっと言ってるあんた魅力的ですかっていうと、絶対魅力ないんだよ。

それより、いくら不況だってね、何も考えんわけじゃないんだし、繁盛したらなんとかなんだから、本当に頑張んなきゃねとか言ったほうが魅力的だよね。

 

魅力は貯金できる

そうすると、魅力的なことを言うとどうなりますかっていうと、魅力貯金ってのができんだよ。

魅力的なことを、語学でいうと、この宇宙に宇宙貯金ってのもあって、語学的にガチャガチャガチャってプラスされんだよ。

 

マイナスなことを言うと引っ込むんだよ。

 

良い大学出ました。

良い大学出たってのは、良い大学出たんだからプラス100点ですよ。

分かるかい?

ところが、誰も聞いてもいないのに、実は僕はこういう学校出たよって。

それで、誰も言ってないです、馬鹿にしたりなんかすると、マイナス100万点出すやついる。
100万点。

それで、学校に行ったのは100点だけど、そういうこと言ったら100万点になるんすよ。

マイナス100万点なんだよ。

 

そうすると、宇宙貯金のほうに貯金どころか借金になっちゃうんだよ。

 

ところがね、そういうことしてやらかすわけでもなく、なることでもなく、俺にできることがあればやってやるぞとか、書き物やってやるぞとかさらさら色んなことやってくれたら良い人なんだよ。

そうすると、それはプラス100万点なんだよ。

どっちにしますか。

 

魅力貯金は宇宙貯金へとつながっている

これ、宇宙貯金ってのはとんでもない金利が付くんだよ。

だから、いつも良いことばっかし落ちる人ってのは、魅力貯金をしてんだよ。

それから、宇宙に貯金されてんだよ。

 

だからよく、笑顔でいなきゃいけないよっていうと、客が来た時しかやらないやつがいんだよ。

そうすると、魅力ないんだよ。

 

なんで魅力ないんですかっていうと、客が来た時しか笑わないってことは金もらわなきゃ笑わないってことですねってことだよね。

タダじゃ笑わないってゆう、そういうやつって絶対魅力ないよね。

マイナス100万点ですよ。

 

利子と自身に起こることは比例する

100万点なんですよってね。

いつも笑顔でいる人と、金もらった時だけ笑うやつじゃ、えらい違いなんだよ。

そうすると、あんたのやってることってマイナス100万点だよねって。

 

プラスで300万点あるやつは、それにたいして金利がいっぱい付くから、いいことが日常いっぱい起きるんだよ。

ところが、マイナス300万点の人がいるとすんるだよ。

ところで、金借りると分かるんだけど、つんだときより借りた時のが金利高いの知ってるよね。

 

悪いことがバカバカ起きるんだよ、そいつには。

バカバカ起きんだよ。

 

だけど現実にそういう人いっぱいいるでしょ?

なんでこんなに悪いことばっかし続くの、必ず魅力のないこと言ってんだよ。

 

うちはね、あの引っ込んだとこでやってるからダメなのよ。

なんだからダメなのよ。

 

あそこはいいけどってあそこは人飛び回ってあーだこーだってね、ぐずぐず言うんだよ。

魅力ないんだって。

 

じゃ、あんたのとこより場所の悪いとこで売り上げの高いとこあったらどうすんの?

申し訳ないけど、流行ってる。

なんでもいいんだけど、なんかやってみるかってなるから。

魅力のないことを言い続けるんだよね。

 

それを言うんだったら、下町でもお店を出せて幸せだねとか、こういうとこだって来てくれるお客さんいるんだから、あたしたち頑張んなきゃねって。

ほな、車の時代だから魅力さえあればどこからでもどこからでも来るよ、お客さん。

 

言うと、魅力的なことを言うと、魅力貯金がガタガタガタって、宇宙貯金がいっぱいできるんだよ。

宇宙貯金をいっぱい持ってるやつには悪いことが起きないし、良いことばっかしなんだよ。

 

場所が悪い、何が悪いったって、三春の滝桜でもなんでも、場所が悪くたって桜の魅力があればみんなが行くんだよ。

桜が俺たちを見に来ることなんてあるわけない。

 

魅力は良いことと人を呼び寄せる

すばらしい魅力のあるやつがいる。

山の中だって人は入ってくるんだよ。

そうすりゃ、場所のせいにしちゃいけないんだよ。

 

自分の魅力がたりないんだよ。

桜だって見に来るやつがいるのに、なんであんたは見に来る人いないんですかって。

 

そりゃ、魅力がないからでしょって。

分かるかい?

 

今お化粧補修やってたんだけど、お化粧する、すごいきれいになる。

人がきれいになると、魅力的になるんだよ。

分かるかい?

 

魅力的になったら、ハッピーだよね。

ところが、きれいにしてあげた人は、自分一人がきれいになるより、10人化粧してあげてきれいになったら、みんなにありがとうって言われたとき、自分が魅力的に、バリバリバリって思っちゃうんだよ。

魅力貯金が上がれば上がるほど、良いことが起きるんだよ。

 

なぜお店に、繁盛するお店と繁盛しないお店があるんですかって。

なぜ同じものを売っていて、こんなに売り上げ違うんですかって言ったとき、あーじゃないこーじゃない色々言うけど、そうじゃない、魅力がないんだよ。

魅力があれば来るんだよ。

魅力って何ですかって言ったら、魅力的な発言をし、魅力的な行動をすればいいんだよ。

たったそれだけのことなんだよね。

 

魅力がないことは引力がないこと

あんた今言ってることは魅力がありますか?

魅力がないってことは、引力がないのと同じなんだよ。

 

引力がないのに、お客が集まってきませんかねって、来るわけないのよ。

引きつける何かがなきゃしょうがないでしょって。

引きつけられて来るんだよ。

 

それから、なんつうの、良いこと教えてあげてもやらない、やってもぐずぐずぐずぐずやってる。

自分でも良いこと考えられない。

それ、全然魅力ないでしょ?

 

それ、自分のことだと思わないで、人のことだと思って考えてごらん。

そういうやつ、魅力があるかどうか考えてみな。

だから、魅力がないんだよ。

だから、色んな形で自分が魅力的だろうか、今の発言って魅力があるだろうかってそういう形で考えていったら、一つ一つの発言が魅力的ですかって。

 

学校でもそうだよ。

後輩が入ってきたとき、先輩として導いてあげる人がいるのか、先輩として悪い人が魅力的ですかって。

普通にどっちが魅力的ですかってあるよね。

いつも魅力的なほうをとってる者が、魅力貯金がいっぱいできるんだよねって。

 

それを、方法論だとかテクニックだとかって言うんだよね。

魅力のないやつが何をやったって駄目だよ。

魅力のないやつが、歌を歌おうが踊ろうがだめだよ、見たくないもん。

 

だからもっと自分の魅力。

それで、魅力的なことを言うと自分が気持ちいいんだよ。

大抵は気持ちいいんだよ。

それでなおかつ、上に貯金がガチャガチャガチャガチャってできるんだよ。

分かるかい?

そしたら、ハッピーでしょ?

 

だから、堀社長がなんで何をやっても成功するんですかって、どうしたら魅力的かを考えているんだよ。

だから、話したことすぐにテープ、テープにして、テープ聞く人もいるんだよ。

だから、俺の話をそのまま本屋にこう持っていくと、本になって出ていっちゃうんだよ。

 

何でですかっていうと、魅力的な話してんだから魅力が多いんだよ。

魅力があるから売れるんだよ。

魅力があればすべてを可能にするんだよ。

 

ハーフディエゴガーガンなんて、足は短い顔はでかい。

それだって、すごい魅力があるんだよ。

だから魅力ってのは、俺は足が短いからなって言ってるやつなんか、魅力なんか出ないんだよ。

で、短いのは短いんだから、座ってるときにバカとか色々言うけどさ、魅力的なことを言うんだよ。

 

それで、自分を魅力的な人間に作り変えるんだよ。

で、そういう話をし、笑顔でい、自分が生きてることを。

自分は病気なんですよ。

病気でもまだ生きていると思えって。

病気じゃなくたって死んだやついっぱいいるんだぞって。

病気なのに、なお生きてる。

 

だから、一日でも生きている以上学ぶんだ。

学んで、学んだことを人に教え自分が笑顔で生きるんです。

たった一言こう言っただけでも、魅力的な人だなって。

 

発言一つで魅力は作れる

この本を読んでごらんって。

いや、あたしバカだから本読まないって、バカだから勧めてるんです。

利口なやつにこんな本読ませたって、いりっこなんだよって。

 

それを、私物心悪いからさって、1回なんていわないで、あたし2回読むよって。

この答えが素晴らしいんだよ。

魅力的だな、こいつって。

 

社会で出世するやつは、そうなんだよ。

それを、あたしこの本読んだことあります、生意気なこと言うんじゃねえ。

人が親切に勧めてるから、ありがとうって言うんだよって。

魅力がねえんだよ、そういうこと言ったら。

 

それを、あたし1回でこうやって覚えられるのよ。

利口ぶってんじゃねえんだよって。

魅力的な答えをしろっつってんだよ。

 

ありがとねとか、あれ読んで勉強になっちゃたよとか、知らないこといっぱい書いてあった。

全部知ってたって、ありがとねって人に親切に言うんだよ。

それが魅力だろっての。

魅力のない発言するんじゃないよって。

だから人が来ないんだよって。

 

客が来た時だけニコっと笑って、客来ても笑わねえやついるんだから。

マイナス貯金200万点よ。

いくらだっているんだから。

それは、客が来た時だけ笑うやつはマイナス100万点だから、200万点ぐらいいいよ。

だけど、そんな借金ばかし。

 

宇宙貯金は魅力貯金の利子

俺たちの出した端分は、宇宙が全部覚えてるんだよ。

で、それが返ってくるんだよ。

何倍になって返ってくるんだよ。

これが宇宙貯金なんだよ。

 

だから、このことさえ分かってれば何やったって成功すんだよ。

だって魅力的な居酒屋やったって、みんなそこに来るでしょ。

 

宗教団体だって来るでしょ。

一番魅力的ならここ来るでしょ。

お前だってそうでしょ。

 

全てのものは魅力があるとこに人が集まるんだよ。

魅力無くして、人を集めたい、商売もうまくいきたい、いくわけねえだろっての。

そういうこと考えてるだけでも魅力ないですよ。

マイナス100万点。

とゆうことで、終わります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 20日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。