斎藤一人の渡り鳥経営の話

ひとりさん


おはようございます。
今日は渡り鳥の話をします。

日本漢方は渡り鳥経営です。
すごいでしょ?

世界中いろんな経営者がいても渡り鳥経営ってのは聞いたことないでしょ?

これは世界初、本邦初公開です。

渡り鳥経営とは?

渡り鳥経営ってのは何なんだというと、渡り鳥というのは空を飛ぶときにV字型になる。

わかりますか?
V字型になってスースーっと飛んでくんですよ。

わかりますね。
たまに空でも見てると鶴でもキジは飛ばないな・・・キジは渡り鳥じゃないか。

おおよそ渡り鳥というものはV字型になってピヤーっと飛んでく。

なぜV字型になるかというと、1羽が羽ばたく。
そうすると後ろに上昇気流ができる。

だから後ろにいる人間は楽になる。
そうすると約飛距離が70%伸びる。

すごく軽くなるんです。
わかりますか。

それで先頭が大変です。

先頭が大変だからその先頭に対して、鳥は鳴きながら応援するんです。
頑張ってねって。

わかりますか?
頑張ってね。

大勢の人間が一つの目的になって頑張る。
そうすると飛距離が伸びるんです。

その時にトップがいますよね。
うちの社長たち。

トップがいるんです。
そのトップに対して頑張ってねって、その人が作る上昇気流がみんなを助けるんです。

次々と助けていくんです。
それで、変わることがあります。

そうすると疲れるとずーっと後ろへ行く。

すると元気なのがスッと前に出る。
それでまた羽ばたいてく。

先頭が一番大変なの知ってるから頑張ってねって。
わかります?

飛距離が伸びないとき


ところが人間が集まると、トップのやつの悪口言う。

足引っ張ろうとする。
だから飛距離が伸びないんですよ。

日本漢方は渡り鳥経営ってのは、先頭いってる人間に頑張ってね。

疲れたら言うんだよ、交代するからねって。
わかりますか。

うちは競争なんかしてないんです。

みんなで協力し合って飛距離を伸ばして、この海を渡ってこう。

この不況を渡ってこう。
って言ってるんです。

わかりますね。

だから競争なんてみんなで友活なんかやったりするってのは、あぁこの人が先頭で引っ張ってるんだ。

その人に頑張んなよ。
それからその人たちが作ってくれる上昇気流、いい情報とかあるんですよ。

それをみんなが頂いて一丸となって付いてくんですよ。

がからこれを競争なんて捉えちゃいけないんです。
私たちは、人間は、万物の霊長なんだから。

まさか渡り鳥より知恵がないとは言わせないよ。

渡り鳥より貧しい心は持ってるんだって。

その心やめようよって。
先頭で一番頑張ってる人間に、頑張ってねの声もかけられないような人間にはなりたくないんだよ。

日本漢方は違うんだと。

日漢人(日本漢方の人)は違うんだよ。

渡り鳥ができることを俺たちもやろうよ。

そしてみんなで一丸となってこの海を渡ってこうよ。
言ってるんです。

これが渡り鳥なんです。

渡り鳥経営っていいでしょう?
一人じゃ分からないんですよ。

力を合わして渡ってきましょう。

ありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 20日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。