斎藤一人の本気の商い3

ひとりさん

成功オーラとハッピーリーダー

 

はい、おはようございます。
今日はとてもいいお知らせがあります。

今までウチでやってた斎藤一人塾寺子屋講演会というのは、斎藤一人ハッピーリーダー塾っていう名前に変わります。

もう一回言います。
斎藤一人ハッピーリーダー塾っていうのに変わります。

これはどういうことですかっていうと、今までいろんな講演会でいろんな人が素晴らしい話聞かせてくれました。
それを聞いててみんなの波動もどんどんどんどん上がってきました。

そして、みんなの波動が上がったことでいよいよ本当に次の段階に入ります。
みなさんのおかげで次の段階に入れるようになりましたっていうことです。
で、その次の段階って何ですかっていうと、今度は自分の中から素晴らしい波動が出る、素晴らしいエネルギーが出る、素晴らしいオーラが出るっていう方法に入ります。

で、これは物凄く楽しくて簡単なことです。
人の心っていうのは実はですね、物凄い素晴らしい無限の才能があるのに実は心の中にだめの壁というのを作っちゃってるんです。
で、このだめの壁があるおかげで一歩も足を出せないんです。

だから、ロッカーの中に閉じ込められてるようなものなんです。
だから、何かやりたくても一歩足が出ない。
それのドアが本当に神様が開けるようにふゎっと開きます、これをやると。
そうすると本当に広々とした世界に出ていきます。

その時に本当に必要になるのは外に出ていっても悪いことを寄せ付けない幸せバリアっていうのがいるんです。
で、幸せな人は実はその幸せバリアを持ってるんです。

だから、悪いロッカーから抜け出して幸せバリアができると、悪いことを寄せ付けない幸せバリアができて、それから今度成功を呼び寄せる成功オーラ。
だから、自分が歩いてるといろんなところから成功の話がいっぱいくる、成功を呼び寄せてしまう、成功を追っかけ回してるんじゃないんです。

本当に成功する人って成功が向こうからくるんです。
だから、成功を呼び寄せられる成功オーラというのが出せます。

だから、これって本当に楽しいことをやりながらちょっと大きい声を出す。
で、それはコツがあります。

で、これをやるとこの三つが見事にできますよ。
で、あなたが幸せになりますよっていう段階に入れましたから、これをやりますから、で、恐らくこのやり方をこんだけ簡単に教えられ、こんだけ成功率の高いものを教えられるのは私一人しかいないかもわかりません。
だから、みんなは楽しく覚えてください。

それと、この方法を覚えちゃうとその人って自然と人が寄ってきてみんなからその人が話を聞きたがり、自然の形で幸せで自分が幸せで人を幸せにするハッピーリーダーになってしまいます。
だから、塾の名前が今度はハッピーリーダー塾に変わるんだよ。
本当に次の段階に入れたよって、そしてまた次の段階になると、それが必要な人がまたいっぱいそこで集まってきます。

こういういいお知らせができることを幸せに思います。
ありがとうございます。

 

使命感を持つと楽しくなる

 

はい、追伸です。

今言ったような成功例なんかできてくるとですね、自然と人間っていうのは自分が持って生まれた使命感みたいなのができてきます。

で、使命感って言ってもそんな大きいことではないんですよ。
大きくないけど凄くみんな大切な使命を持っているんです。
で、その使命に目覚めてくるんですけど、急に使命って言ってもわからないんです。

で、私が提供する資料とか、ウチが会社で使ってるもの惜しみなく提供するからそれを使ってください。
で、それを使うとどういうことになるかっていうと、やってると、例えばですね、自分は鉄工所をやってるんだ、で、もう大した仕事じゃないんですよって言うような人でも、実はウチはバネ作ってるんです。

このバネっていうのはね、車が100m、何て言うの、100kmで走ると一分間に何回って何万回って回転するんだ。
もしこれがないとエンジンばらばらになっちゃうし、乗ってる人は体がガタガタになっちゃうし、いつ事故起こすかわかんないですよ。
だから、このウチのバネ一個なんだけどたかだかバネなんだけど、人の命支えてるんですとか、その使命感が湧き上がってくるんです。

例えば、自分は製造局なんですと。
ちょっと、なんか、ゴミやさんみたいで恥ずかしいと思ってた人とかそうじゃない。
私の地域は、私の夢は、私の地域からゴミがなくなるんです。
で、私は普段でもゴミがあると拾ってるんです。

ね、自分の受け持ってる地域の人の中から清潔なところでお母さんが子どもを育て、ね、子どもは子どもで清潔なところで自分は育ったんだっていう、そういうことを自分が使命にしてるんですっていうような自分の使命が一人ずつあるんです。

母親なら母親として、私はこういう物を食べさせて、お母さんとして、子どもたちをここで育てて、ね、社会に送り出すんだ。
そして、母親としても自立してこういうことをしてるんだって。
それを見せるんだっていうような、子どもに夢を掛けるんじゃなくて、子どもが私を見て育って欲しいんだっていうような使命感が湧いてくるんです。

で、一人一人にそういうものがあるんです。

もし居酒屋さんだとしたら私の夢はねって、私は居酒屋なんだけどここの街の人がウチに来て、そして、自分のところで明るくなってエネルギーを補給して、明日また元気に働けるんだって。
ね、その源なんだっていう、一人一人どんな仕事にもそういうのがあるんです。

それが、湧き上がってくるんです。
そしてそれが本当の成功なんです。っていうことがわかってくると思います。

だから、本当の意味が、あぁ、自分はこの仕事をしてたのはこういうわけなのかって、自分が今ここにいるのはこういうわけなんだとかっていうことは湧き上がるように出てきます。

これは、よく言うんですけれど、あなたを変えるんじゃないんですよ。
あなたが本当にやるべきことがわかったら凄くワクワクして楽しいよっていうことです。

以上です。

 

出し切るといいことがある

 

はい、追伸の追伸です。
すぐ終わるから聞いてください。

不思議なことがあるからお知らせしておきます。

あのですね、出しきるっていうことなんです。
で、今までの自分の持ってるような波動、それと、素晴らしい波動に入れ換えるということです。

だからもう本当に声が出なくなる。
声が出ないぐらいまでもう出して出して出して、出しきります。

頭ふらふらします。
もう、何て言うの、体を、かぁーっと熱くなります。
もう、出して出して出しきります。

そうするとそれも出しきりますと、次の日声が出ない。
その場で出なくなる人もいます。
で、そのぐらいまで出します、声を。

そうすると、今までと違うのは、その、声が枯れるっていっても悲しくて泣くとかじゃなくて、肯定的なこと、自分にとって素晴らしいこと、その言葉だけで、それを出しきって声が枯れます。
そうすると、次の、リーダー塾までには必ず出るようになります。
そうするとまた声が枯れます。

で、それを何回も繰り返してると今度は絶対枯れなくなります。
で、それで枯らした声はすっごく魅力的な声なんです。

もう、いいことだけで枯らした声っていうのは凄く魅力があるから、もうその人が普段しゃべっただけでもう魅力があって、その人の声に惹かれちゃって、魅力のある人ですねって、どんないい話しても魅力のない声の人っているの。
それが、凄い魅力のある声に変わります。

で、まずそれが、一ついいことです。

それと、思いっきり肯定的なことを大きい声で出しきりますと、だめな壁とか、今まで自分を包んでた悪いオーラとか、ね、それから、あ、悪いオーラじゃない、悪い波動をね、で、そういうものが崩れます。
で、崩れた時に不思議な現象が二つ起きます。

もちろん、何にもない人がいっぱいいますよ。
ただ、こういう現象があるのを覚えておいてください。

まず、崩れた壁が、悪い腸の中の便と一緒になってぶゎーっとお腹が、で、もう、トイレ行きたくなる人、それから、悪い壁が燃え出しちゃう人がいます。
で、そういう人で、っていうのは、意外と高熱を出します。

高熱っていうのはびっくりするような話じゃないんだけれど、勿論それは辛ければあれを飲んでくれれば結構ですよ。
熱冷ましでも何でも、ね。
ただ、そういう現象が起きます。

よく言うんだけど、因果とか自分が持ってる悪いものをぶゎーっと蒸してる姿。
あれがお不動様の後ろについてる火炎っていう、背中でもぶぉーっと燃えてあるやつありますよね。
いろんな人の悪い因果をどんどん蒸してるんです、自分が授かって。

それと同じように自分が思いっきり出しきる。
だから、ぜひ出しきってください。
それでもう、声が枯れて出ないぐらい出してください。

で、これを繰り返してると凄くいい声で、魅力的な声で、もう二度と枯れない声になります。
だから、それを繰り返してください。
それで、魅力が出ますよ、と。

それで、ぶゎーっとお腹を下ったら、はぁ、気持ち良かったな、便がぶゎーっと出た、それから、もう、ぶゎーっと熱が出たら、もうしてるんだなっていうことです。
だから、やってみるとこれ、素晴らしい効果があって驚きますよ。

出しきることです。
もう、最後の一声まで出しきってください。

やりきること、いいことをやりきることが自分の運勢を変えますよっていうことです。

どうもありがとうございます。

 

斎藤一人の不思議成功-1

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。