斎藤一人の変な人の書いたツイてる話-2

ひとりさん

はめられました

 

お待たせいたしました。ただいまから、始めさせていただきます
始める前に、一分だけちょっと話さしてください。
それから、講演に入ります。

私、テレビも出ないし、当然、講演とかって考えたこともなかったんです。
それが、今日、最初で最後という形で、講演をさしていただくことになりました。
あと30秒で、この経緯だけをちょっとだけ話さしてください。

先ほど、ついてるって言ったシバムラ社長がですね、

社長、ちょっと大阪来てください。
東京のパーティーに行けない方がいますから。
お茶会をやりますから、ちょっと来ていただけますか?

って言われたから、私は、うんっていったんです。

そしたら、ホテルが取れないんで、会場が変わったんですけど、構いませんか?って言われたから、また、うんって言ったんですよ。

そしたらですね、あちらに来ているんですけど、わたしの行きつけの本屋さんが読書のススメさんって方で、いい名前でしょ。
読書のススメ。

それでですね、うちも今度、ドカンのススメみたいな会社を作りたいなと思っているんですけど、読書のススメさんへ行ったら、斎藤さんのことで、今日話題もちきりなんですよ。
なんでって言ったら、講演なさるんですってね。
講演なんてきいたことないないよって言ったら、ちょうどそこに、FAXが流れてて、斎藤一人さん、最初で最後の講演。

その時に、この現象を英語で言うと、はめられたな。はめられた。
はめられたということだけを、分かっていただいて、講演に入りたいなということです。

そのときわたしが出した条件が、すごいです。

わたしは、講演をしないってことは、あまり上手じゃないんだ、カラオケでも、中々歌わない人ってね、無理矢理歌わしても、やっぱし、この人は、歌わないわけが分かった。
大体、そういうものなんですよ。

それで、わたしが出した条件は、わたし出演料なしにしてください。
電車賃はわたしでだします。

タダですから、これ。

わたしとしてはですよ、一応、往復電車賃持ちで、しゃべっとります。
そのことを、一つちょっと言っとくと気も楽になるんですよね。
わたしとしては。

それですね、第一部。
『ついてる話』っていうのと『正しいことより楽しいこと』
それから、『プロになる話』

これを第一部でしてください。
そのあと、フリートークになります。
フリートークで、ここに書いてあることを話してください。

それは、フリートークじゃないんじゃないか。そういうことですね。

もう、人間っていうのはね、逃げられるものは逃げるしかない。
逃げられなくなったら、頑張るしかない。これが、にっかん方式なんです。

今日は、もう、逃げる必要はないし、逃げれない。
そう思ったら、皆さんのお顔見えてたら、わたしは、本当に幸せになりました。

 

ついてる話

 

それでですね、『ついてる話』いきましょうよ。
ツイてるツイてるってなんですかっていうことになると思うんですけれど、ツイてる…

わたしも毎年、納税にのせてもらってます。
それから、わたしは、中学校しか出てないんですよ。
それで、なぜ、中学しか出なかったのかっていうと、非常に成績が悪かったということですね。
大概は、簡単な理由なんです。シンプルですね。

それで、その非常に、わたし成績が悪かったんですけれど、その中で、授業をしながら、成功する方法を知っているんだよ。
それから、サラリーマンのとしても、人生でも成功する方法を知ってるんだよ。

なぜか、知ってるんです。なぜですか?って言われると困っちゃうんですけど。
なぜか知ってるんです。それが、実は、ツイてるという言葉なんです。

物事は感じ方次第

この言葉を言ってると、あとでいろいろ実験してもらったり、いろいろするんですけど。
ツイてるという言葉には、すごい力がある。

朝の出かけにですね、下駄の鼻緒が、プスっと切れる。
そういうことありますよね?ったら、今、下駄履かないとか言われて、難しい時代になってきちゃったんですけど。
それでですね、まあ、例え話です。
下駄の鼻緒がプスっと切れた。そこで、3つに人は分けられる。

1つは、なんか縁起悪いな。やなことが起きんじゃないんだろうかっていうのが1つありますよね。
これ、否定的なんです。

で、普通ってなんですかったら、物理的にですね、そろそろ切れる時期であった。
物理的ですよ。これがね。ほとんど、あの、ひのたま先生と同じみたいな考えなんですけど。
物理的に切れる時期であった。
これが、普通の人なんです。

で、ツイてるひとってなんでしょう。

ツイてるひとっていうのは、今切れてよかったよ。
これ、出かけに途中で切れたら、困っちゃうよね。
今なら、パッパッとつなげるか、別のもん履いてこうってことになりますよね。

だから、3つのことをどちらに考えるかっていうことなんですよ。

人は、なんでも肯定的に捉えるんだ。って思うでしょ?
でも、あたしの話は、もうちょっと意味が深いんです。

ツイてるというと、ツイてることが起きちゃうんです。

ツイてると思うよと言ってるんじゃないんです。
この話はね、説明がね、ちょこっとだけ難しいんです。
後でしますね。

そしたら、あ~なるほどと思います。
半分の人がね。
半分の人は、思います。

でも、この人は、全部思うかもわかんない。
変な人の書いた成功法則なんて、普通買う?
こんなもん買うやついねえだろって思っていたら、買った人がいるんです。

で、驚いたのが、その話を聞きに来た人がいるっていうのがね、わたしも驚いたんですけど。
変な人も探しゃいるもんだ。
さっき、あそこをちらっと見て、同じ顔してるな、わたしと。

言葉には力がある

これがですね、高いところから落ちてく。
ごつんと当たる。

ツイてないなって思っちゃいけないんです。
俺は、ツイてるんだ、ツイてないやつは、これが、頭に当たって、脳みそが砕け散ってと。
蟹みそみたく死んでったんだと。

ところが、俺は、ツイてたから、ここにしか当たんない。
わかります?

車もそうです。
コツンとぶつけられた。
そのとき、ツイてないなって言っちゃダメなんです。
ツイてないなっていうと次は、大事故に遭うんです。

ところが、俺は、ツイてるよ。
コツンで済んじゃったんだ。
あと1秒ずれてたらドカンだよ。

わかります?

ドカンといって俺は、死んじゃったかわかんないって、そういう話をすると、否定的な人間は、お前、ほんとにツイてるんだったら、ぶつかりっこないよとか言うんです。
そういう人間と付き合っちゃあダメ。
友達変えたほうがいい。

ツイてるということが大切なんです。

口に出して言うと波動が出る

ここは、地下ですから。
電波が流れてないと思います。
でも、今地上に出ると、電波がいっぱい流れてます。

波動ですね。波動。

なぜかっていうと、携帯電話、わたし青森に行ってても、例えば、サイトさんのピピピピって鳴ると青森に鳴りますよね。
沖縄でも鳴るんです。
あの電話ね。

てことは、本当は、日本中に、サイトさんというこういう電波がね、サイトさん探しちゃってる電波が、電波が飛んでるんですよ。
だから、ものすごい量の電波が、飛んでるんです。
この宇宙の電波の中に、ものすごい幸せな電波と不幸を呼ぶ電波があるんです。

信じられないでしょ?
半分の人は信じられると思います。
おなじみですから。

よろしくお願いします。
知ってる人が大きくうなずいてくれるとすごいやりやすいんですよね。

それでですね、テレビが第6チャンネルをガチャガチャっと回すと、第6チャンネルへ入ってきますね。
ところが、それが、カチャカチャっと回して、第8チャンネルにすると、第8チャンネルが流れる。
電波は、今もそこにあるんです。

わかりますね?
あるんです。
カチャカチャってやる前から、あるんですよ。
電波はね。

その時にカチャカチャと6にしたときに、実は、6ですよって電波が出るんです。
テレビから。わかります?

受けてるだけじゃないんです。
6ですよって出してるんです。

だから、わたしが、何があってもいいんだ。
今日、車こづらえちゃったけどさ、ほんとにちょっとでツイてるよって言うとツイてるよと最後のツイてるよと言葉と同時に、この人のことだってツイてるのがタァァァ!っと来るんです。

ところが、今日はさ、ツイてなくてって。
ツイてないからツイてないんってつってんだから、いいじゃないか。

ただ、いいんですよ。
ほんとに、いいんですけど、ツイてないよってわたし言っちゃったでしょ?
そうすると、ツイてない方がタァァァと寝ても覚めても、来てるんです。

危ない危ない。
ほんとは、ツイてるんです、わたしは。
わかります?

ツイてないって言っちゃうと、宇宙のエネルギーがドンドンドンドンドンドンドンドン際限なく入ってきちゃう。
わたしは、寝ても覚めても、ツイてることがいっぱい起きてくるんです。

だから、中学校しかで出なくても、十分なんです。
ほんとに優秀な人は、義務教育で十分なんです。
どうしても、足りない人が、補習のような形で、高校行ったり、大学行ったりされると。

わたしは、理解してるんですよ。
あんま、外行って言っちゃダメですよ。
ここだけで通る話ですからね。

困ったことなんて本当は起きない

それで、わたしの身内って商人だから、親が勉強しなさいよって言っても、学校の先生がお前この方程式ができないと困るぞって先生がが言っても、親が方程式やってんのみたことないんです。
だから、困らないって知ってたんですね。
意外と頭よかったのかもわかんないですね。

斎藤、お前、英語ぐらいしゃべらないと外人に話しかけられて困るぞって言ったんだけど、私いまだに、外人に一回も話しかけられたことないんです。
ただの一度もありません。
ツイてる人の人生ってこういうもんですよね。
困らないようにできてるんです。

それで、ほんとに英語が必要な人は、英語を聞くとさわやかに聞こえるんです。
私みたいに、英語に縁のない人は雑音に聞こえちゃうんです。
それが。すっごくわからなく聞こえるんです。
あれが、心地よく聞こえる人は、そういうことをする運命なんです。

人間は、困らないようにできてるんです。
それを親が、お前これやっと困るぞとか。
ほんとに困ると思ってる方が自分が困るんです。

お母さん今から、大学行って下さい。
あなたが困ると思ってんだから。
困らないと思ってる人は、困らないんです。
困ったことは起きないんです。

言葉の力を試してみよう

ツイてるよ。
ツイてるってこの言葉は、ほんとに魔法の言葉なんです。

右手をお金のマーク。見て下さい。
右手ですよ。
左手やっちゃダメですよ。

横の人を見る。
右の人を見る。
右ってこっちか。右の人を見る。

それでですね、じゃ、社長上がってきてください。
いいですか?

これね、オーリングって言うんです。
よくね、ここに、自分の体に悪いもの乗せたりすると、オーリングがパッと開いちゃう。
良いもの乗せると、自分の体に良いもの乗せてたら、波動が強くなる。

これ知ってる人も、半分はいますね。
ここにね。

いいですか?
これですね?
ツイてないツイてないって連続してて。

(ツイてないツイてないツイてないツイてないツイてない)

わかります?
ツイてないって言っただけで、体の力が抜けちゃうんです。

俺は、なんで、癌になったんだろう?
ツイてないんです。

わかります?
俺は、なんで、胃潰瘍になったんだろう?
ツイてないんです。

なぜだと、同じ生活しててもならない人いるんです。
遺伝だったら、ずーっとね、大体癌の遺伝、家系ってあるわけない。
そしたら、はるか前に、死に絶えてんだから。

よく考えれば、分かる。
じゃあ、今度はツイてるツイてるね。

(ツイてるツイてるツイてるツイてるツイてるツイてるツイてる)

この力。
自分でね。ちょっと試してください。
この言葉が入ってくるだけで、エネルギーが入ってくるんです。
エネルギーが入ってくると、力が違っちゃうんです。

ちょっと隣の人にですね、こちらに向い…こちら。
だから、こちらの人がやるってのはどうでしょう?
誰かちょっとやってみてください。

まず最初、ツイてないからね。
もうね、力が何倍って違うんです。
だから、同じ薬を飲まれる時もツイてるって飲んでると細胞は全然違いますね。

おっけいですか?
大丈夫ですね。
やってみましたね?

成功したのは、運がいいから

ちょっと、あたし、暑くなってきたんで頑張ります。
ツイてるっていう言葉は、今言っただけで、細胞にこんだけ力が出るんです。

仕事もそうなんです。

それもまた、ツイてないと思ってる人は、ツイてないと思ってるから、何もしないんです。
だから、能力がいっぱいあっても、わたしも学生時代ですね。
頭のいい人っていっぱいいたんです。

だから、斎藤さんは、頭が良くて、偉くなったとか出世したとかって絶対ありません。
これは、わたしが、保障します。
学校の先生もこの前、この前力を入れて言ってましたから。
それは、自他ともに認めてますけれども。

それで、働き者かというと、それは、違います。
喫茶店で、会ったとか言いましたよね?
わたし、一年の10か月ぐらい旅行に行ってますから。
働き者だなんてことは、決してありません。

そうすると、残ったものは何だろう?

運なんです。

運ってすごい大切で、その運っていうのは、いくらでも運が良かったっていうのは、たまに来るもんだと思ってる。
ところが、運がいい、運がいいって言ってると、運ってどんどん良くなっちゃうんです。

そうすると、奇跡が起きるんです。
奇跡を起こせばいいんです。

だから、わたしが、納税で一番になるっていうのは、1億2000万分の1なんです。1億2000万分の1ですよ。
2年目っていうのは、1億2000万×1億2000万なんです。
6年連続するってことは、1億2000万×1億2000万×1億2000万…まだか。
1億2000万と。

大変な数でしょ。
いくつになるかわかりますか?
わたしは、知ってるんですけれど、今日は時間がないから発表しません。

ただ、何度でも起こせるよ。
来年も起こすよ、再来年も起こすよ。

なんでかっていうとツイてるんです。

よく、ほかの人で、斎藤さんのことを目標にしたり、ライバルだと思ってます。

やめなさい。
あなた、実力なんだから。

で、わたしは、運なんだ。
運は天が与えるものだ。
天と喧嘩しても勝てないからやめなさい。

俺のこと、やっつけるんだったら、もっとツイてる人間になりなさい。
ツイてる人間、そんな怖い顔してない。

みんなで協力しよう

ライバルっって競争相手だ。
ライバルって敵ですよ。
敵なんかを作っちゃダメなの。

友達を作るんです。

うちの社長たち仲いいでしょ?
仲いいと、みんなで、助け合って、教えあうんです。
競争するより、協力した方がいいんです。
簡単なもんです。

学校の先生も、みんな自力でがんばんなさいよとか、隣みちゃダメとかっていうから、成績が悪かったんですよ。
なぜ、助け合えっていわなかった?
みんなで助け合えば、100点だったんですよ。
1人だけ100点なんてなかったんですよ。

それを、日頃は、助け合えって言ってて、試験の時は、見るなよとか。
斎藤、みたろとか言う、あれが、よくないですよ。

それより、みんな、協力し合ってやるんだよ。
世の中ってそういうもんなんだよ。
そしたら、今みたいにいじめなんか、ないんですよ。

わたし達の頃も、助け合ったんです。
宿題なんかやってくんの、3人くらいしかいなかったんです。
みんなが、そいつの写してて、非常に和気あいあいだったんですよ。

わんぱく坊主は、わんぱく坊主でいたんだけど、そういうやつは、日頃、宿題なんか教わってるから、守ったりして、持ちつ持たれつだったんです。

わたし達の頃に、学校行った人は、知ってるんです。
その頃から、だんだんだんだんだんだんなくなってきちゃった。
それを元に戻そうよ。

それで、ツイてないやつがいくら集まったってしょうがないじゃないか。

今、うちの会社も、この間聞いたら、1000人とか、2000人とか全部でいるんですけれど。
ツイてないやつを2000人集めたら、ツイてない固まりみたい暗い会社が出来上がっちゃって、怖いな。
それだったら、少なくてもいいから、ツイてる人集めようよ。

ツイてるって言おう

ツイてるってなんですか?
ツイてるって言えばいいんだよ。

わたしには、簡単なんです。
よそ行くと、なんていうの?
三位一体、心と言葉と体が伴わなきゃいけないとか難しいでしょ?

言ってんだから、心は、伴ってるんです、ほんとは。
伴ってんのに伴わなきゃいけないっつうと、なんか、やることがあるような気がしちゃうんです。

ツイてるって言ってんだから、心が伴ってるんです。
伴って言ってて、ツイてるって言いながら行動してる人間に、形から入れって、ツイてる形って想像できないんですよ。
どんな形なんだろう?

難しいことうちの会社は、いらないんです。
うちは、すっごくシンプルです。

ツイてる。

何かにつけてツイてるって言わなきゃダメですよ。
言うこと…いつも思ってんですよ。
思ってたんじゃダメなんです。
言うことなんです。

この会社に入れて、社長ツイてますよ。
日本に生まれてツイてますよ。
それから、あなたがこの会社にいてくれただけで、ツイてるよと思ってくれる人間にならなきゃいけない。

それから、斎藤一人さんが、日本に生まれて、日本国は、ツイてましたよって言われるようにならなきゃいけない。
でも、当人が、ツイてないと思ってるような人間に、そんなことは、できないんです。

わたし、ここんとこ、すごいツイてるつうのは、ツイてるって言いなさいってつったら、一日に2万回ずつ言ってる。
2万回ずつ。
あたしも言って驚いちゃって。

一日千回ずつにしましょうよ。
千回を100日続けたら、わたしが手紙で色紙かいてあげるからって言ったら、わたしもやりますって全国からものすごい数来て、わたしは夜になると、ずーっと色紙…ずーっと色紙を書いてるんですよ。
ツイてるでしょ?

世の中いろんなことが起きるんです。
それもツイてることなんです。
今日、こうやって、呼ばれて話ができることも、すごくツイてるんです。

ああ、いい仲間がいるな。それで、ツイてるって言えばいいんだ。ちょとだけおさらいさせてね。

なんでもツイてる

わたしは泳げないんです。
泳げないわたしが、今日、しゃけを食った。
これはありえないことなんです。

ツイてるんです。

ご飯も食べたんです。
わたしは、一粒の米も、生まれてから作ったことない。
それが、三度三度ご飯を食べれるってのは、すごいツイてるんです。

わかります?
日本に生まれてツイてるんです。

世界が、30億か40億か、わたし数字に弱いからわかんないんですけど。
人間がいる中で、衣食が足りてる。

食べ物、洋服まともに着れるの、5億人しかいないってはなし聞いたことあるんです。
その中の、1億2千万人に日本入ってるんです。
すっごい豊かな国なんです。
ここに生まれたのは、ツイてるんです。

尚且つ、もうちょっとまえに生まれていると、雨が降らずに爆弾が降ってきたんです。
ツイてるでしょ?
我々は、爆弾も降らない中に生きてられるんです。

すごいツイてるでしょ?

ツイてるっていろんなところで思い出すと、道端に咲いてるタンポポを見て、ああ、かわいいいな、俺は、ツイてるな。
あの花を見て、かわいいと思えるんだ。周りは、気が付かなかった。
些細な事、些細なことにツイてるツイてるって思いだしてくると、ハッピーになってくるんです。
幸せなんです。
そうすると、どんどんどんどんツキがくるってこれが大事なんです。

 

正しいことより楽しいこと

 

ほんとは、一個だけで済みゃーいいんですよ。
ただ問題が、もう一個あるんです。

これはもっと簡単なんです。
だんだん簡単になるのが、わたしの話なんです。

学校は、だんだん難しくなっていくでしょ?
わたしの話はだんだん易しくなっていくんです。

それで、もう一つが、ツイてるツイてると、思いながら生きてくと、必ず人生に分かれ道がでる。
判断しなきゃならないことがでる。
そのときに、どちらが正しいかということを、考えないでください。

どちらが楽しいか。
どちらが、楽しいか考えてください。

そうすると、どちらが正しいかで考え出したら、俺は会社行かないで寝てるよっていう方もいるんですけれど、我々は、ちょっと大人の魂だと思ってください。
なんでかっていうと、会社行かないで3日間ばかし寝てると、間違いなく、あなたのイスはなくなるんです。
わかりますよね?

カードをもらって、カードで買い物する。
洋服バンバン買っちゃって楽しいのよ。
間違いなく一か月後には、お勘定来ますからね。
これは、引力の法則よりかたいですから。

それぐらいのことは、頭に置いといて、どちらが楽しんだろっていうことを考えた時に、必ず楽しい方が成功するんです。

正しさを比べようとすると争いが起こる

宗教戦争も、キリスト教が正しいとか回教徒が正しいとか戦争になっちゃうんです。

キリスト教が楽しんだ!
回教徒が楽しんだ!
いや、楽しいやつが二つ集まってもよかったねとか最後、喧嘩になんないですから。

どっちが正しいって始めた時に、必ず戦争になります。
この前の共産主義が正しいか、民主主義が正しいか。
その結果、ずいぶん戦争して死んだんですけど。
どっちが楽しいかっていうことだったら誰も死なないんです。

俺も楽しんだよ!
あんたも楽しいでよかったねと。
こうなっております。

いろんな応用問題あるんですけど、昨日ですね、兄弟で会うとね仲が悪いから、イライラしちゃう。
兄弟だから、全員仲がいいわけじゃないんですよ。
仲の悪い人もいるんです。
そういう人はどうしたらいいんでしょっつたら、どっちが楽しいか考えてごらん。

そしたら、会わない方がいいんです。
兄弟だから、会わなきゃいけないっつうだから、どっちか正しいかなんです。

避けられる争いは避けよう

相性が悪い人が会うと、殺されることがあるんです。
ほんとなんですよ?

通り魔はしょうがないですよ。あきらめてください。
通り魔ですから。
通り魔よける方法急に聞かれても、ダメだけど。

日頃、仲悪いやつはずーっと昔からわかってるんです。
ほんとに、あいつ刃物持ち出すやつって知ってるんですよ。

だから、会わなきゃいいんです。
なぜ、会わなきゃいいかつうと、殺されないだけじゃないんです。
相手は人殺しにならずに済むんです。
どっちかが避ければいいんです。

避けちゃっていいんですか?

なんでも戦わなきゃいけないって人がいるの。

新幹線は300キロで走ってる。
それが、まともにぶつかったら死んじゃうんですよ。
ちょっと避けてごらん。
風ぐらいしかこないから。

わかります?
人生って、ちょっとこれなんですよ。
これができるできないかで、全然違うんです。

なんでも面と向かってね。
トーンと当たんなきゃいけない
特に、男の人ってのは、そういう傾向が強いんですよ。

女の人ってのは、強いですからね。
強い魂が女だ。
弱い魂が男になる。

これ、女はどうしてもわからないんですけど。
これってなんですかって聞かれたら、おちんちんのついてない男なんだ。

我々は、猿から進化したつうんですよ。男ってのは。
女はゴリラから成長したからね。
進化の過程が違うんですよね。

何の話かわからなくなっちゃったんですけど。

ちょいと避ける。

どうしても弱い方の男が、男だから逃げちゃいけないような気がするんですよ。

昨日も、失楽園の話がでて。
失楽園で、最後、女にあれして、青酸カリなんか飲んで死ぬって話だったんですけど。
あの話、おかしいな。
女房がいて、彼女までいるやつが、死ぬ必要がないんだ。

死にたいやつは、一人もいないやつだ。
女房もいない、彼女もいないようなやつが死にたいんで。
なんで、あんな二人もいるやつが死ぬんだ。
そういうむちゃくちゃなことが、わたしは、嫌いなんだ。

それでですね、ちょいと避ける。
人生って、楽しい方がいいんだよ。

魂の段階とは

魂の第三段階。

魂は、第一段階が、ずっと続く。

それが、どういう時代ですかっていうと。
強いものが天下を取る。
強いものが指導する。
なぜかっていうと、狩りやってたから。

バラバラだと獲物が獲れない。
飢え死にしちゃうんすよ。
だから、強いものが統率をとる。

その次に、農業をやるようになったら、農業もそうなの。
一斉に米を植えないと、飢え死にしちゃうんですよ。
わたしは、個性を出して、来月にしますつうと、飢え死にしますからね。

米って植えるとき、植えないとダメなんですよ。
まして、日本って、一回しかとれない国だから。
一回失敗しちゃうと、飢え死にしちゃうんす。

貯えないですから、昔は。
そうすると、統率者がいる。殿様がいたんです。

でも、魂が成長したら、いつ米植えりゃいいかわかったよ。
狩りの方法もわかったよ。
そしたら、強いやつが、なんでも、横暴なこと言ってていいんじゃないんだ。

殿様、昔は、殿様の前にきて、地べたに座って挨拶しないと切り殺されたんですよ。
そういう時代が続いてたんだけど、あと、明治になってから、どっちが正しい論が入ってきた。
どっちが正しい。
正しきが故の正しきって言ってる人間が、非常に良かった時代があるんです。

何が正しいかわからないから。
もう大体わかったね。
人殺ししちゃいけないとか、泥棒しちゃいけない。
わかりますよね?

わたしもいい女だったら、いい女だなと思って、いいケツしてんなとかって思います。
これ、男の人みんな思うんですよ。
だけど、触っちゃいけないは知ってるんです。

わかります?
触っちゃいけないんですよ、あれ。
思うだけ。

正しいものは選ぶまでもなくなった

ここは、もう、そうすると、魂は、第三段階に移った。
第三段階ってなんですかってつってら、もうわかったから、楽しい方選ぼうよ。

うちのスリムドカンとかね、お嬢様夫妻。
今度ね、精力剤で、キンタチキンキンってのを作った。
お父様、くどいって名前にしようよってたら、これは、いいなって。
効きそうだ。

ようするに、ユンケルってのは、1000円とか2000円とか3000円とかああいうネーミングはよそう。

四畳半用と八畳用と。
部屋数でもうね。
すごく楽しいな。

で、なんで、こんなことしてるかっていうと、いいものだから発売するんです。

いいものはわかってるんです。
だとしたら、楽しい方がいいんです。
もっと楽しく、もっと楽しく、楽しさをメインにしていかないと、人生って苦しくなっちゃうんです。

正しさだけでは苦しい

で、いつか、思い出してください。

どうもうまくいかないな。
俺は、そういえば、うまくいってた時は、楽しい方選んでたんだ。

それが、ある日、立派な人。立派な人ってのが危ないの。
立派な人だとその人のいうこと聞こうって気になっちゃうの。
あんまり立派な人の意見を聞くと、正しきが故の正しきの方に引きづられちゃうんですよ。

そうすると、人生がうまくいかなくなる。
もしうまくいかなくなったら、俺は最近ツイてるって言ってないや。

それから、分かれ道に来た時に、またも、どっちが正しいかで決めてた。
どっちが楽しいだろ。

正しくて、楽しいはあるんです。
正しくて楽しい方です。
楽しいは魂が第三段階だから、わかってるんです。

ツイてる。
日常言わないと、言わなきゃいけないこと。
言ってればいいんです。

そして、分かれ道に来たとき、困難に遭ったとき、何かがあった時、楽しい方を選ぶ。
正しい方を選ぶと、苦労が山のように入ってるの。
それ、ブァァァァっと出てきちゃう。

開けちゃだめよ、これ。
これ開けるとね、大変なことになっちゃう。

ところが、楽しい方を開けると、成功が待ってる。

わたしのお弟子さんなんかは、みんな楽しい楽しいってついてきてくれる。
それで、みんな、現在、立派な社長さんになっていられるんです。

苦しい方開けるなよ。
苦しい方開けたら、えらいことになるよってこの二つ。
これだけ、覚えててくれれば、おそらく、困ったことは、全く起きないんです。

いくら、あの本、わたしの成功法則の本読んで、思ったことは起きないんだっつっても、お、社長いつも楽しそうですね。
楽しい方を選んでるから楽しいんですよ。
それが、苦しい方いったら苦しいですよ。

道は、いつも二つですから。
楽しい。仕事は、楽しいね。
楽しい楽しいってやってるから、成功しちゃうんです。

楽しいから仕事って楽だよね。
ところが、仕事は、苦しいから、楽したいって思うと、5時で帰れるとこ。土日休みのところ。残業がないとこ。
そういうとこばっか探すの。

それで、4時45分になったら、時計見てんだよね。
5時になるまでずーっと。
かばんは帰り支度できててね、ずーっと。
スタートダッシュ待ってる生活ってのは、楽しくもなんともないの。

それで、この、楽な方を極めるの。
楽を極めると、極楽という。

わかります?
この世は、極楽って、天国ことなの。
極楽になれるんです。

どっちが正しいかを判断する。

そしたら、会社行って、さぼってずーっと寝てると、クビになっちゃう。
どうも、楽しくねえな。
飢え死になっちゃて、ホームレスになっちゃう。

これは、あんまり楽しくないな。
じゃあ、会社行く方がいい。

会社行くなら、ふてくされて仕事してるより、笑顔でやった方がいい。
返事するより、返事した方がいい。
究めていくと、だんだんだんだんまともな方にまともな方に人は走ってくんです。

今日もほんとはやりたくなかった。
やるとなったら、頑張りますよ、わたしは。
そういう性格ですからね。
やるとなれば、がんばります。

この二つです。

一応、ここに家庭の奥さんもいるし、なにもいるから、これでいいんです。

 

プロの話

 

ただあの、今日、ヨンカンポの方もずいぶん来てるんで、一番リクエストが多かったプロの話してほしい。
プロの話っていうのが、これを聞いていただくと、よくわかると思うんですけれど。
人生って、プロにならないと、つらいんです。

わかりますか?
プロにならないと、つらいんで。

わたしは、商人なんです。
商人って何ですかっていうと、商人とは、金儲けのプロなんです。
プロだから、今不調だから儲からないとか、そういうこと言っちゃダメなんです。

プロは常に仕事のことを考える

わたしたちは、金儲けのプロです。
違う人いたらごめんね。
わたしたちの話。
商人としての話してますからね。

商人は、いつもお金儲けを考えなきゃいけない。
いけないんです。

なぜかっていうと、相撲取りは、明日の試合に勝つことに全力をあげるんです。
わかります?
ずーっと考えてて、あいつをどうやって、投げてやろうか。
考えるんですよ。
相撲取りはね。

相撲取りじゃないのに、あいつどうやって投げてやろうかって考えてるやつは、おかしいですよ。
危ない人ですからね。
でも、相撲取りで、考えないのは、もっとおかしい。

坊さんってのは、くわすてなさい。
あれ仕事ですから。
坊さんのくせに、野別金儲けを考えてるやつも、危ないんです。

屋根屋はしっかり屋根瓦を貼ることを考えなきゃいけない。
基礎屋はしっかり基礎を作ることを考えなきゃいけない。
商人は、しっかり、金儲けをしなきゃいけないんです。

なぜかっていうと、わたしたちは社会の心臓なんです。
この心臓が、ドックンドックンドックンって動くから、血液が流れるんです。
その、心臓が弱ってきちゃうと、血液が余分に流れないんですよ。

お金儲けがみんなを支える

いま日本が苦しいのは、血が流れてないんです。
なぜ流れなくなっちゃったかっていうと、商人が金儲けを一所懸命しないからです。
あたかも、金儲けをすることが悪いことだと思ってるんです。

お金儲けをすると、社員につつがなく儲かってる会社って、社員に給料やんない会社は、わたしはみたことないんです。
儲かってりゃ社員に給料って払うんです。
儲かってる会社にリストラなんてないんです。
わかりますよね?

それから、支払先に払わないってことないんです。
商売っていうのは、一生懸命やると、正業が生きられるんです。

ところが、正業を忘れて、あたかもボランティアをやることの方が正しいように思っちゃう人がいるんです。
ところが、ボランティアというのは、正業があるからできるんです。
もし、正業がなくなると、その人は、カカロウになっちゃうんです。

わかります?
立場が代わっちゃうんですよ。

ボランティアを支えているのは、事業家なんです。
それで、余ると、税金に払うんです。
この税金が少しを支えてるんです。

事業家というのは、正業を支え、ボランティアを支えるんです。
それから、少しを支えてるんです。
そのことにしっかり自負して、しっかり儲けなきゃダメなんです。

戦争が終わったら、何が儲かるか。
戦争が始まったら、何したら儲かるか。

不景気ときは、何したら儲かるか。

景気に良いときは、何したら儲かるか。
ずーっと考えてなきゃいけないんです。
これがプロなんです。

プロと素人の違いとは

プロっていうのは、すべてが違うんです。
まず、笑顔が違う。
プロの笑顔とプロじゃない笑顔ってのがあるんです。

プロの笑顔だと、プロってねお金になる笑顔なんです。
あの人の笑顔いいわね。
また、あの人に会いたくなっちゃうくらいの笑顔じゃなきゃ、プロじゃないんです。
プロは顔が違うんです。

シャッターが閉まってる。
なんで開けないのって壊れてるから。
なんかかけなさい。

「シャッターが壊れてます」
プロじゃないんです。

プロは、「シャッターが壊れてるけど、中で元気で、やってます」
「笑顔で待ってます」とか、いろいろ。

プロってのは、紙一枚見た時に、そこに来たくなっちゃうようなことを書かなきゃいけないんです。

それが、このお知らせ書いときなさいよっていうと、このお知らせどこに貼ったっていうと、あそこです。
人間の目っていうのは、これからいくらか下みるんですよ。
下見るのが、平気で上に貼ってますっていうの。

上見ながら歩いてるやつは、何人いるか、計算したことがあるんですか?
プロとしての張り紙じゃないんです。

それから前に、車がバーバーバーバー通ってて人間がろくに通らないところがあるのに、このいうところで、モノを見て書く。
自分は見えるんですよ。
貼ると車から見えないんですよ。
車しか通らないところに、人間しか見えな貼り紙をするのは、プロとしておかしいんです。

プロって違うんです。

この前も、お好み焼き屋行ったら、ガス栓をいじんないでくださいって書いてあるの。
命令されると、頭にくるんですよ。

わかります?
同じ書くなら、火傷するといけないので、ガスは何度でもやりますから、こちらにお申し付けくださいって書いてほしいんですよね。

プロって貼り紙が違うんです。
商人って思いやりが違うんです。
思いやりの心が全然違うんです。

やるならしっかりやる

商人ってね、商人の頭ってね、深々下げるためについてる。
誰に会っても。
いっつも頭下げてると、打ち出の小づちみたいに、こうやってやってるんです。

たまに、いい考えが出てくる。
だから、よーく降るんだよ。

商人は、深々頭を下げる。
だから、その辺の人でも、頭下げる。
商人の下げ方は、違うんです。

その辺の兄ちゃんでも、姉ちゃんでも笑うんです。
商人の笑い方は、笑顔が違うんです。

自分のとこは、お店の…お店がちょっと引っ込んでてね。
位置悪いのよ。

人が50メーター歩いて、あなたに会いに来るような笑顔なんです。
それが、プロなんです。

そいで、自分はプロになるんだ。
中途半端なプロはダメなの。

ストリッパーになったら、しっかり裸になるんですよ。
今日は、寒いから股引で踊るとか、ふざけたやつは、グーです。
寒かろうが、なんだろうが、プロ意識を持って、パッパッと裸になってもらわないと、お客さんも困っちゃう。

それと同じように、わたしたちも商人の道選んだんだから。
商店街で、あのオヤジ感じ悪いねって言われてるようなやつが、商人なんてとんでもないんです。
そういう人間は、とっととサラリーマンに戻ってもらいたい。

戻ると、サラリーマンもプロにならなきゃ大変なんです。
サラリーマンって立派なプロなんです。
家庭の主婦も専業ですってことは、プロなんです。

プロっていうことは、どういうことですか?

専属の料理作ります。
旦那の料理しか作らない。
旦那の料理しか作らないのに、いつもまずい。

コックなんか、いろんな人の料理作ってるのに、旦那のしか作らないのに、まずいと。
これは、プロとしての自覚がないんです。
大変です。料理屋だったら、潰れます。

子育ても、よその子なんか、保育園なんか預けると、5人も10人も預かってんのに、一人の子も育てらんない。
母親としてのプロじゃないんです。

指導霊が助けてくれる

自分は、プロなんだって思うと、どういうことが起きるか。

人間には、守護霊ってのがついてる。

信じなくていいんだよ。
信じなくていいからね。
守護霊がついてる。

これは、誰にでもついてる。
ところが、プロだと思った人だけは、指導霊というのがつく。

その指導霊が、いろんな本をふって本が。手がいく。
テレビでパッとあれ見る。
要するに、プロとして、自覚すると、気づきが出てくる。
これが、指導霊がやってることなんです。

それで、なおかつ頑張ってるのは、指導霊は、くるくる変わるんです。
一生懸命やってると、だんだん優秀になるんです。
ありがたいでしょ。
だから、わたしも、困らないんです。

もうちょっと頑張ってくと、もうちょっと優秀な人がついてきて。
俺がこっち向くと、グーッと顔をそっちに向けてくれたり、いろんなことしてくれるんです。

みんなも、プロなんだ。
自分はプロですから。
当たり前ですよ、これくらいってゆってる人間になれば、大概のことは怖くないんです。

人生は、50です。
50ですよ。

50ってなんですか?
平均50だと思ってください。

50のところへ70の覚悟でいったやつは、楽でしょうがないんです。
ところが、30の覚悟で行くと、もうひどい目に遭うんです。
残りの20ぶんがえらい目に遭うんです。

隣の京都のMKタクシーの社長がね、この人すごいなって思ったのが、あの方は、朝鮮から出てきて、1代でタクシー会社作ったんだけど。
そのときに、同じ朝鮮人の仲間でも、朝鮮人だって馬鹿にされる馬鹿にされるって言ってる人がいるけれど、そうじゃないんだ。

日本人だって、アメリカに移民に行ったり、ブラジルに行ったり、ものすごい馬鹿にされたんだ。
人の国行くってのは、そういうことなんです。

日本人が飯くってたら、俺たちは、麦飯くってたらいいんです。
日本人が9時間寝たら、わたしたちは、7時間寝て、頑張ればいいんですよって言うんですよね。

ああいう、50のところに90の覚悟されて出てこられちゃうと、世間が参ったするしかないんです。
わかりますよね?
だから、ちょいと覚悟を余分に持っとけばいいんです。

覚悟を持つこと

わたしも中学しか行かないよっていったんです。
中学しか行かないってことは、高校出より、ちょっと苦労するんです。
当たり前なんです。

だから、苦労させたくないから、高校いけいけ言うんです。

大学出ちょっとたいへんなの。
当たり前なんです。
そんなことは知ってるんです。

まさかこうだとは、思わなかったとは、思わないんです。
その通りなんです。

買い物すれば、お勘定くるのと、同じように、当たり前のこと。

プロって何ですかっていうと、プロの覚悟を持てばいいんです。

プロの商人なのに、挨拶が悪い。
笑顔が足りない。
こんなんで、プロって言っちゃいけないんです。

わたしも、ときどきわたしのビデオ見たことある人いると思うけど、ビデオいきなり出されて、大社長、お願いします。
この前、えみこ社長が、大社長は、ホテルで話してくれた話が一番いいですね。

それは周りにほんとにいるんだもん。
周りにいるのに、あなたそうでしょっていうのと。
ここにビデオがあって、あなたそうでしょってやっても。

いかないの。
いかないけど、やらなきゃいけないんです。
それが、わたしの仕事なんです。

だから、仕事となったら、プロなんだから、逃げられないんだ。

で、商人は笑顔なんだよ。
それから、愛のあることは、しゃべるんだよ。

でも、これって、人間として当然のことなんです。
だから、商人じゃなくても、やるべきなんです。
プロ意識っていうのは、商人じゃなくても、持つべきなんです。

大工さんだろうが、お母さんだろうが、プロ意識を持ってほしいんです。

元を取るのは当たり前

さっき言ったおまたさんの息子さんのかんちゃんってのが、非常に頭がいいということで、ほんとに東大っていうぐらいよかったのが、お母さんが一生懸命家庭教師つけたりね、塾行かせたり、一生懸命やってた。
そんときわたしが、おまたさんのお母さんに、この子にこんなお金かけて元とれるってつったら、びっくりした。

えー、子供から元とろうなんて思ってません。

それを聞いて、わたし驚いたの。
なんでかっていうと、サラリーマンじゃなくて、自分の跡継がせなきゃいけないんですよ。
会社の跡継がせなきゃいけない子供を、商人って元とっただけで、儲け出さないといけないんですよ。
それを、親が儲けがいいような形で育てたら、みんな子供の代になったら、潰れちゃいますよ。

わたしたちって、使命が違うんです。
あの、大勢を食べさしていかなきゃいけないのよ。

かんちゃんにとって、一番大切なのは、元とった他に儲け出す。
その話をこんこんといったら、かんちゃん高校出て、働いて、立派に働いてるんですけど。
ほんとに元がとれるかを考えなきゃいけない。
そのときに、親は、お前を大学にやると元をとれないんだよ。

計算してごらん。それぐらいだよ。

この計算、パパ。
そうだね、お母さん、元とれないね。
それなら、俺、かっちり働くよ。
その方が、元とれるもんね。

わかります?
元とるのは、当たり前。
利益を出すのが、プロなんです。

笑顔ってのは、大変なお金になるの。

ここがホテルだとする。
ここを儲け出さなきゃいけない。

そのときに、ルームサービスを揃えて、何揃えてってやるだけで、膨大なお金が掛かっちゃう。
利益が出ない客が来ても。

皆さんは、社員だとすると、ルームサービスありますかつうと、寿司でもなんでもとれますよ。
よそからとっちゃう。

それで、尚且つ相手に、最近お客さん少ないんですけど、いい方法ありませんかねってニコニコってすると、こいつ俺を頼ってるな。
頼ってるなと思ったで、ああしなさい、こうしなさいつってるだけで、仲間だから。
だんだんだんだん仲間が増えてきちゃう。

自分の仕事を全うしよう

笑顔と相談ってのは、途方もないお金になるものなんです。

我々は、お金一生懸命儲けて、一生懸命使う。
余ったら、税金払う。
それが、仕事なんです。

我々は、心臓なんです。
心臓が腎臓みたいなこと言っちゃダメよ。
心臓が肝臓みたいなこと言っちゃダメなんです。

世の中の肝臓…肝臓ってのは、毒を消してって。
これは、お巡りさんみたいなしごとなんです。

お巡りさんは、金儲けばっかし考えちゃダメよ。
その代わり、商人で金儲け考えない人間は、侍で剣術できないのと同じなんです。
これは、ろくな侍じゃないんです。

自分の仕事は何か。
自分は立派な大工なのか。
自分は立派な主婦業なのか。
自分は何なのか。

それを、びっちり見極めて、そのことに没頭する。
そのことを、突き詰める。

だから、わたしは、テレビ出てください。
やだ。
俺はタレントじゃないんだ。
わたしは商人なんだ。

商人は商人として生きるのが当たり前なの。

無理矢理だぜ。この前お面かぶって出たでしょ。
お面こんなちっちゃいお面だから、かぶってたら、太りましたねって。
太ったんじゃなくて、お面がちっちゃいんだって。

みんなが、プロになりましょ。

そいで、プロになったと同時に、指導霊がついてくれる。
そのことを信じるんです。

そうすれば、あたしのように、学業がですねあまりよくなかった人も、成功できる。
けして、働き者じゃなくても、成功できる。
で、その現実が、皆さんの前にいるんです。

じゃ、休み時間に入ります。

 

斎藤一人の金持ちになる方法1

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。