斎藤一人の魂の第三段階の話

ひとりさん

よろしくお願いします。
今日はですね、魂の第3段階っていう話をします。

別に難しい話でも何でもないですから、ちょっと聞いてて下さい。

 

「楽しいもの」が勝つ時代

 

人類が出てきて、500万年っていう話もあるし、1200万年っていう話もあるんです。
一番古いのは1億何千万年。
そうすると、ほぼ恐竜がいたころに人間がいたということになっちゃうんですけど、この話は面倒くさいから止めましょう。

それでですね、魂は第3段階に入ってきたというと今まで2段階目を過ぎてきた。

400万年だとすると、400万年、400万年の間で早い話1段階くらいしか進まなかったんです。
2段階目っていうのが100年くらいあってそれが終わって、今第3段階目に入ってると。

これは非常に大切な話で、覚えとけばもう本当に簡単なことですから。

最初は「強いもの」が勝っていた

で、第1段階って何ですか?っていうと、強いものが勝つ。

絶対権力者、皇帝ですね。
殿様とか皇帝とかっていう、非常に強い力のある人が組織を統率する。
そうなってくると、その人が良い人だとか、悪い人だとかの問題じゃないんです。

猿なんてのはそうでしょ。
強い人間がボスになる、すると同じように強い人間がボスになる。

なぜこれが必要かっていうと人間っていうのはてんでばらばらに色んなことしちゃうんですけど、一番最初はね狩りをしていたんですよ。
その狩りをする時に、獲物を捕る時に人間ってね、1人では捕れないんですよ。
だから集団でこうやって獲物を捕る。

狼もそうですよね、外敵に対抗するのもそうです。
人間って1人になっちゃうと弱いですから、1人じゃなくて大勢でやるって言ったときに、すごい強い指導者がいてね「お前あっち、お前こっち」とか「私はあっち行きます」とかってやっているとバラバラになっちゃって人間って飢え死にしちゃいますから、それがその統率をとる。

誰が統率をとりますか?って言ったときに、非常にやっぱり1番強い人間。
分かりますよね?
非常に動物に近かかった時の話だと思ってください。

「正しい人」についていく

それが農業やるようになったんですよ。
で、農業をやるようになっても実は、畑に種まいたり、田んぼに種まいたりっていうのは、時期があるんです。
その時期にまかないと枯れっちゃったり、早すぎてもダメだし、遅すぎてもダメなんです。

分かりますよね?
特に日本なんていう国は非常にお米なんかも1回しか捕れませんから、これが1年に4回も捕れちゃうような時っていうのは、大体いつまいても捕れるんですよ。

同じような気候の所もあるんですよ。
でも日本っていう国はその時1回のチャンスを逃すと、飢え死にしちゃうんですよ。

天皇陛下も御田植え儀式っていうのがちゃんとあるくらいね。
御田植え儀式っていのは関東方面はこれで丁度いいんですよ。
東北の人は、御田植え儀式から何日後とか、要は決まりがあるんですよ。

分かりますね?
で、それをみんなが守らなきゃいけない。

農業っていうのも実は、ある程度強い権力者の下でないと、統率が取れなかったんだよ。
その頃はまた戦争もしていたから、余計強い人じゃなきゃダメだったんだよっていうことなんですよね。

これが約、ついちょっと前まで、それが続いたんですよ。
その時、次にはどういう時代が来たんでしょうって言うと次は、どっちが正しいか。
要するに強いから言うことを聞くんじゃなくて、正しい人の言うことを聞こうよと。

ここら辺からね、大分人間らしくなってきたんだよ。
動物から人間らしくなってきたの。

色んな動物いるけれど、正しいからこの人の言うことを聞こうとか、正しい行いをしている人を尊うとかはないんですよ、人間だけなんですよ、非常にね。

強いものが統率するっていうのは、洋服来てても飯食ってても気持ち的には猿とかそんなのと変わらないんです。
分かります?魂の段階的にね。

強い奴が弱いものをいじめる。
今は学校でも何でも強い奴が弱い奴をいじめたりしてるってのは、あれは動物と同じだから。
人間的行動ではないんです。

人間っていうのは、そういうことはしないものなんです。
それで遅れてるのもあるし、進んでるのもあるんですよ。

それでところでもう何が正しいか分かったよっていうのが第3段階からの夜明けなんです。

「正しくて楽しい」ものが一番いい

これから21世紀っていうのは、もう分かったと、人を殺しちゃいけないよ、お金がないから盗んじゃいけない、要するにもうある程度の事は段階は過ぎてきたと。
段階は過ぎたんだって、それでじゃあ次はこれが分かった人、分かった人は何をするか。
このことは、できた上に我々がやらなきゃいけないの。

今度は判断基準がどっちが楽しいか、正しさっていうのはいくつもあるんですよ、その中で一番自分が楽しい方をやる。
正しくて楽しい方ってあるんですよ。
正しくて楽しいほうを選ぶ。

あのね、1つのことの解決方法っていうのは、実は千差万別いくつもあるんです。
同じ解決の仕方でも、苦しい解決の仕方もあるし、楽しい解決の仕方もある。
その中で楽しい方を選ぶ。

だから魂は第3段階目。
ステップ3に対して、簡単にいうと人間ってどっちが楽しんだろうと。

例えば、うちの会社でいうと、「いろでありんす」とかって名前つけますよね。
あれもどっちが楽しいかってことで名前つけるんです。
どっちが正しいかでつけてないんです。

だから、どうせ中身の良さって変わらないんです。
良いものだから発売してるんだから良いに決まってるんです。
その上に楽しきゃもっといいじゃないかって楽しさをとるんです。

で、魂が第3段階目に入った時、これが流れなんです。
それなのに尚且つ、どっちが正しいんだ、どっちが正しいんだって言ってること自体遅れちゃってるんです。

今、着物着てる人って滅多にいませんよね。
滅多にいないのに下駄屋さんで儲けようと思って下駄いくら作っても、難しいんです。
靴の時代に下駄を売るようなものだから、より難しいんです。
もしそれができるんだとしたら、洋服に合う下駄でも作んなきゃいけないから、要するに昔とは違うんです。

全く新しいことをしない限り無理なんです。
今までやってたことが、正しくても当たらない時が来るんです。
それと同じように、今やってるどっちが楽しいかっていう方に進んでいった人には、なぜか上手くいくんです。

だから第1段階目には、本当に強きゃ上手くいったんです。
少しくらい性格が悪かろうが何だろうが、強いということは絶対だったんです。

その次にでてきた、どっちが正しいかっていうことを、あんまり言えないけど、昔の帝大科とかそんなのでてる性格なんて悪かろうが何だろうがついてかないといけなかったその人に。
英語を読めたり何だりするとどっちがっていう、要するに正しき上に正しきって今そんなのついていったってうるさいだけだよ。
嫌われるだけ。

でも、それが上手くいった時代があるんです。
これは変えられないんです。

でもこれからは、どっちが楽しいかなんですよ。
そのことを分かってないと遅れちゃうんですよ。

あと何十年か何百年かこれが続くかもわからないです。
もうどっちが楽しいかなんて分かったよっていう時、また魂は第4段階目に入ります。

で、またそれはどんな時代になるかっていうのは、機会があったっらこういう時代になりますよって言うことをお教えします。

それと大雑把にこのことが分かっていればもう間違えてないんです。

必ず楽しくないことやった時、学校くらいだよ学校なら暴力ふるってもなんとかなるけど外いってあんなことやってたら社会の落後者だよ。
学校っていう閉ざされた社会の中で守られているから、学校の中ぶっ壊したり、誰か脅して金捕ったりしてる奴いるけど、社会に出てあんなことやってたら、間違いなく落後者だからね。

それはもう強いものが勝つなんて通らないの。
それから理屈っぽくこれが正しいんだ正しいんだって言っても誰もついてこないの。
あの人の下で働きたくないって社員辞めちゃうからね。

それより、そんなこと全部知ってて、正しき上にも正しきじゃなくて、楽しさをプラスするのっていうことです。

ちょっとだけ話がくどくなっちゃってごめんなさいね。

 

全てを経験した上で綺麗に咲こう

 

蓮の花の教えってのがあるのね。
蓮の花の教えって何ですかっていうと、蓮の花って泥水の中からでてくるんです。

この泥水っていうのが暴力もそうです、妬みもそう、嫉みもそう、ぐちゃぐちゃしてるんです。
その中からでてくる、だから必ず蓮は経験してるんです。
経験した中からそれがでてきて、蓮の花をひらく。

だからといって泥はついてないんです。
泥の中から出てきても泥はついてないんです。
非常にきれいなんです。

それで、その妬みとか嫉みとか色んなものがその蓮を支えてるんです。
バックボーンになっている。

だから魂はそこを好いてくるものなんです。

清らかな人がもしいたとしたら、何代か前にそれが過ぎてきただけで、通らなかった魂はないんです。

だからその第1段階目しんどかったねって、でもそれを過ぎてきたから第2段階目に入る。
第2段階目を過ぎたから今、第3段階目に入れる。

だから蓮の花の教えと同じように段々進んでるんです。

その中で不言のものだから日常生活に、やっぱし商売の楽しさっていうのを加味していかないと人がついてこないんです。
で、上手くなぜかいかないんです。
楽しいほうに楽しいほうにっていった場合、ものごとが上手くいくんですよっていう話です。

分かりづらかったかもわかんないですけど、よろしくお願いいたします。

 

斎藤一人の経済の話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。