斎藤一人の悟りは脚下にあり

ひとりさん

インドに行っても悟りは開けない

 

ひとりさんの独り言です。
悟りは常に脚下にあり、脚の下ですね、にありって話です。

比較的私はこのところこの話が好きです。

ここんとこそういうことに非常に遭遇することが多いんですよ。
なんですかったら、悟りは常に脚の下にあるんだよと、脚の下というのはなんですかっつったとき、自分が歩いてきた道のり、子供の時から。
人生。そこに常に悟りっていうのがある。

例えば、自分が失敗したこと、思わず人にいじわる言っちゃったこと、それから人を騙すようなやつが出てきた、それから自分の親だとか兄弟だとか、自分の生きてきた過程を振り返って、みたら、反省点がいっぱいあったりとか、そういうものが全部あるはずなの。
自分が経験してるんだからすごくよくわかる。
そのことを忘れちゃって、インドのほうまで修行行ってるやつがいるけど、どこの世界に自分のやってきたことを忘れて、悟りというのはもらえるかなんかだと思ってることがおかしいんだよ。

悟りってのは自分の歩いてきてそのとき出会った人のことやなんかをみたら、わかるようになってるの。
それを飛び越えて、ヒマラヤ行きましただとかチベット行きましただとか言ってっけど、それはチベットのやつがそこで悟りをひらくんだよ。
日本に生まれた人間が、日本で悟りひらかないでどうすんだって。
そのことをしっかり覚えなきゃいけないの。

不思議な運命に操られた天父さんみたいな人もいるんだよ。
だけど普通の人はそうじゃないの、自分の歩いてきた足取りの中に、必ず悟りがあるの。

仕事だってそうなの、自分のしてきた仕事をじっくり研究してみれば、仕事の悟りはひらける。
それを、はるか遠くに悟りというものがあると思ってる。

そういう人間は悟った気になってるの。
インドに行くことが悟りだとか、あたかもなんつうの、自分は、インドまで行ってっからあんたらとは違うのよという。

昔絵描きがね、パリかなんか行って絵描いてあんたらと違うのよとかって、人を、そういうことであんたらと違うて、そういうことで差をつけようということ自体が、悟りから遠いんだよ。
考え方が悟りから遠いんだよ。
そんなやつがインド行こうがチベット行こうが悟れるわけがないんだよ、それよりてめえのやってきたことを反省しろって。

そこにしか悟りの道なんかない。
いつも足元見てりゃいい。
まわり見てもだめなんだよ。

人の経験いくら聞いたってあんた悟れないよって。
あんたが経験したことの中からしか悟れないんだよ、だって人のやったこといくら聞いたってわかんないよ。

自分が食ったかつ丼の中から、味でもなんでも研究するんだよ。
どこでうまいもんがありますかっていくら聞いたってうまいのなんの話山ほど聞いたって、食ったことのないものはわからない。

わかるかい、だから常に悟りは、常に脚下にある。
そのことを忘れて、インド行ってますとか、アフリカ行ってます、そんなの感心しちゃだめ。

空の下なんかにないの、山の上にもない、あんたが過ごしてきた人生の中に、失敗したこと出会ったこと、やなやつに会ったこと、そしたらやなやつに会ったならやなことはしない、いじわるにあったやつはいじわるしない、優しい人見たらすばらしいなと思ったらそういうのまねする、詐欺師に会ったらこういうやつが詐欺師なんだと思い、いじめるやつ見たらこういうやつがいじめやるんだと思い、悟ってくんだよ。

常に自分の足跡を振り返ってみなって。

そこに反省点が全部神様がくれる。

そのことを忘れちゃってるようなやつっていうのは、平気で訳のわかんないこと言ってんの。
あんなもんが悟りだなんて口にすること自体が呪わしいですよ、頭にきますよ。

そういうやつって大概訳のわかんない人に迷惑かける。
汚いの、ほんとだよ、不潔ったらしくてさ汚くてね、訳のわかんない能書きばっかりゆってて、二言目にはインドまで行って修行してるとか、インド行く前に風呂行けって。

一応、これで終わります。

生まれた場所が一番悟りやすい

追伸ですよ今の話の。
神様は、そこに生まれてそこにいなさいってことはそこが一番悟りやすい。
そこで悟れねえようなやつはどこ行っても悟れない。

一番悟りやすい場所があるの、そこに産んでくれてるの、だから日本に生まれた人は日本が一番悟りやすい。
インドに生まれた人はインドが一番悟りやすい、チベットに生まれた人はチベットが一番悟りやすい。

わかりますか、だからそのこと忘れてうろうろしてる人間は悟りに近づいてるんじゃない、悟りから逃げてる。
ということですよ、以上です。

悟りとは、人に優しくする幸せを知ること

また続きの続きです。

今もちょっと話してるんだけど、インドで悟ろうがどこで悟ろうがいいんだけど、悟った後どうするかつったら、とどのつまりは、生きてるって幸せだね、命って大切だね、それからまわりのいる人にやさしいこと言おうよっていう、極限的にはそれしかない。
だからいろんなとこ行ったときに修行した、第三の目が開いた、第三の目が開いたってじゃあどうするのったら、まわりの人に優しくするか幸せだねって言う、生きてて幸せだ、しかないんだよ。

それを、第三の目が開いてるのに、人に対していじわる言ったりつっけるようなこと言ってんだったら、開かないで優しいこと言ってるほうがよっぽどいいんだよ。

修行の結果、空飛ぼうがケツが30センチくらい浮こうがそんなのはどうでもいいんですよホントに。
けつをうかしながら嫌味言ってんだったら、けつつついてていいから、優しいこと言ったほうがいいんだよ。

それが大切なんだよ、曲芸師じゃねえんだから。
手品師でも曲芸師でもないの。
人をびっくりさせるようなことゆうより優しいことゆって、その方がましなんだよ、それが精神論だ。

悟るっていうことは、命大切で、自然大切で、まわりにいる人が大切で、それが悟りなの。

インドまで行かねえとそんなことできないの、って。
まわりの人に優しくできないんですかってあんた。
観光ならいいよ。

だから極限的に最後にはそれしかないの、生きてて幸せ、俺の命も大切、あなたも大切、みんなで明るい笑顔の話しようよ。
怒った顔してて悟りなんてとんでもないよ。
ゆうことですよ、また追伸が出たらしゃべります、では。

会いたがるやつは金を取りたがっている

追伸の追伸リクエストがきてんで話しますけどね。

えみこさんの本読んだり、それからこういう悟りの本とかあるいは観音様の話ね、奇跡的にそういうのができたよとかってゆうと、急にそういうのに目覚めちゃうんですよ。
そうすると必ず同じようなこと言ってる人がいるとか、こういう人がいるとかってゆうと、ころっと騙されてひとりさんと同じようなこと言ってるわじゃあ、その人はひとりさんと同じなんだって。

で言ってることは同じかわかんないけど、必ずそういうやつは最終的には、いろんなこと言って、おどかされた話されたり暗い話されて、金必ず取られちゃうんだよ。
ひとりさんなんか絶対お金取る気ないから会いたくねえんだよ、んな悩んでるようなやつに。

あたり前なんだよ、それを、金取るやつはやたら会いたがるんだよ、んで連れてらっしゃいってんだよ。
俺なんか連れてくるなよ連れてくるなよっていつも言うんだよ。
だって、本読もうがなにしようが同じなんだもん。

それをやたら連れてきたがるやたら会いたがる。
やたらこうやってね、小冊子配ったりいろいろやってる、あやしいんだよ俺に言わせると。

それから、すごい寺院があってすごい寺院建っててめえが金出したんじゃねえんだ信者が出したんだ、おかしいんだよ絶対に。
もと金ねえんだもん。

神様がついてるって神様が金くれたって一回もない、神様に金出したやつはいても、神様からもらったやつは有史以来一人もいないんだよ。
ってことはみんなが出してんだよ。

だから出してもいいんだっつうんだったらいいんだよ、あんたの金だから絶対構わないよ。
だけど、明らかに違うものは違うんだよ、だけど、入り口から、あやしいことは言わないんだよ。
最初っからあやしかったらあやしいから誰も行かないんだから。

入り口は、入り口は似たようなことをちゃんと言うんだよじゃなかったら、一人も来ねえんだから。
だからよーくその先を考えなよ。

やたら会いたがるとかってゆうのは、ほんとにあんたに必要ならあんたが努力して、会いたいとか、なんとかするのがあたり前なんだよ。
あんたの都合のいい人を向こうが求めて探すわけないんだよ、向こうが探してるってのは必ずあんたを食い物にしようとしてるしかないんだよ。
よーく考えて行動しないと、必ずぐらい出てくるの。

そのときにひとりさんと一緒だっつって向こう行っちゃう、ひとりさんと一緒だって思ったら俺の話だけ聞いてな。
なにもひとりさんと一緒のとこ行って金取られることはないんだから。
それだったらひとりさんの本ゆっくり読んでりゃいいの。

人に言われたらけなしちゃだめだよ、ああ、素晴らしいですね、でも私はひとりさんを信じてるからって。
そうやって言えばいいの。
あなたはそっち信じてんでしょ、私はこれ信じてるんですよ、ハッピーですよって言えばそれでいいの。

それをいちいち、喧嘩なんかすることないんだよ、だけど、はっきり、私はひとりさん信じてんですよ、ハッピーですからねって。

このことちゃんと言えないとだめだよ、っていうことだよ、わかったね。

 

斎藤一人の悟りの話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。