斎藤一人の悟りの話

ひとりさん

えーとですね、今日は難しくないんだけど、悟りの話ってのをします。
悟りって言うとえらく難しいように思うんですけど、これがね、意外と簡単で、修行もいらなきゃ何もいらない。

お釈迦様も難行苦行っていうの、お釈迦様って日本のお釈迦様って、みんなポチャっと太ってるでしょ。
ところが、インドの方とかね、向こう外国のやつはね、修行中のブッタなんかこんな痩せてね、もうあばら骨出ちゃってね、私みたいです。
それがですね、難行苦行の時に、最終的にね、無駄である。過激な修行は無駄であるという事を言ったんですよね。

で、何故無駄かっていうのをちょっと話せばわかるんですけど、これからその話に入ります。

ちょっと余談になるんですけど、あんまり難行苦行をした時に、やせ衰えて動けなくなっちゃった。
その時に村の娘がね、牛乳で炊いたお粥を出してくれてる。
それを食べて、その村娘がスジャータっていう名前で、今のスジャータとかっていう食品は、その名前でついてんだけど。

修行中の人って昔は女と近付いちゃいけなかった。
だから女性からなんかもらって食べたなんて、全然許されなかった。
御釈迦さんはそれもらって食べたんですけどね。
まぁ、女が好きだったのかもわかりません。なんか親しめますよね。親近感があります。

悟りの話行きます。

 

「悟り」とは「差を取る」こと

 

簡単に言うと悟りっていうのは字で書くとこうです。わかりますか?
これ心です。心を表してるんです。
心に悟ですね。悟りっていうのは手です。それが自分の口に向いてます。わかりますか?

悟りというのは、あなた、要するに私ね。自分の事がわかったら、悟りなんだよっていうことなんですよね。
自分って何だろうっていう事を、追及して追及して追及していくと、悟りに近づいていく。

これは字で書いてそうなんだから、その通りなんですけど、もう一つ言霊と言って、ことたまなんですよね。本当は。
ことたまと言ってね、言葉には意味があるんです。神がつけた意味があるんです。

悟という、悟りというのはどういうことですかって言うと、差取りなんです。
わかります?差を取るんです。
差を取るっていうことは、どういう事ですかっていうと、人間てね、色んな事に差をつけるんです。

女だからどうだ、男だからどうだ、それから学歴がある人、学歴のない人、日本人も昔は、なんていうの日本人は優秀で、ほかの国の人間はそうじゃないんだとかって言って、差をつけたがるんです。

差をつければつけるほど、悟りからは遠のいていくんです。
だから今は段々ね、今の日本人であんまりね、外国人より自分たちのほうが優秀であるとか思ってる人っていませんよね。

それから今の若い人で、男尊女卑とかあんまり思ってる人もいないんですよ。
思うのは勝手ですけど、段々段々そういうのも無くなってきましたよね。
だから段々悟りに近づいてくるっていう事なんです。

最終的にね、一番差が取れるっていうのはどういう事ですかっていうと、自分と神様は同じものなんであるていうこの話、ちょっと難しくて、もうなんかすごい話になっちゃうんだけど。キリストが言ったように、あなたたちは神の子なんだっていうことは、神の子だっていう事は神なんですよ。
カエルの子はカエルですからね。ヘビの子はヘビなんです。簡単な話なんですよ。
だから神様の子は神なんだっていう事ね。

で、神様の子は神なんだから、立派な神様に育っていくんだと。
で、育つ過程に、今、我々はあるんだ。

「我は神なり愛と光なり」と口に出して言う

人間て背骨があるからしっかり立ってられるんです。ほかの動物っていうのは、あんまり直立で歩けないんですよ。
で、人間だけが直立して歩けるんだけど、この背骨がね、曲がるんですよ。
具合が悪くなると、この背骨が曲がってくるんですよね。

で、この曲がった背骨をこう治す。何番目の背骨が曲がると胃が悪いとか、肝臓が悪くなると、っていうその決まりがあるんですよ。
カイロプラクティックオステオパシーとかって技法がある。

骨をね、矯正する。俗にいうカイロってやつですね。
それをやるとね、非常に体の具合がよくなるんです。

ひどくなってくると、脊椎湾曲症っていうの、曲がってきちゃうんだよね。色々あるんですけどね。
で、これがですね、奇跡的に治る方法あるんです。
誰がやっても治るんです。

それは、我は神なり愛と光なりって言うんです。10回か20回言うんです。
でね、我は神なり愛と光なりって言うとね、体からふぁーっと力が抜けるんです。
それで力が抜けると、体の硬直が取れると、骨がまっすぐになるんですよ。

誰がやってもなるんです。不思議でしょ?

でね、自分が神なんだっていう事を言うと、体が柔らかくなるんですよ。

ところが自分一人で頑張んなきゃいけないんだとか、要するに自分に、あんまりにも頼り過ぎちゃって自分が自分がというのは我なんですよ。
我が我がの我が強くなってくると、脊髄に曲がりが出るんです。

だから時々ね、我は神なり愛と光なりって何回か言うとね、おまじないじゃないんですけど、背骨がまっすぐになるおまじないだと思ってればいいんです。
そうやって、そのことをずーっとこう言うんですよね。
そうすると、そういう不思議な現象が起きるんです。

だから誰か背骨が曲がってる人いたら、ちょっと言わしてみると、楽になるんです。
で、だから何なんだとかって言われると、これも困っちゃうんだけど。そういう不思議な事があるんです。
誰がやってもできるんです。

だから、心地よい言葉は体を正常にするんです。癒すんです。

癒す言葉ってあるんです。
それをね、一番体がこう硬くなる、なんていうの、なんでもがんばらなきゃ。ね。人に頼らずにとか、言うとね、言えば言うほどにね、体が硬直して硬くなってくるんです。

ほんとなんですよ。治ったでしょ?

カイロ行っても、いくらやっても治らなかった、針もやった灸もやった、でもそれの時は頑張んなきゃっていう気持ちが強かったの。
そのことより、フーっと力抜いてあげて、我は神なり愛と光なり。
それを言ってると、自分がもし神だとしたら、愛と光の人間だったら、どういう生き方するんだろう。人に何喋るんだろうなって考えてるうちにね、治っちゃうんです。

こんなお安い方法ないでしょ?
覚えといてくれるといいな。

差をつけて考えるのをやめよう

それから、我が神なら人も神なんです。
みんな大切な人間なんです。

それを些細な事で、あの人高校中退なのよとか、それがなんなんだっていうの。
誰でも高校行きゃ偉いんじゃないの。誰でも大学行きゃ偉いんじゃないの。
皆いろいろ事情があるの。

道路工事している人もいるし、家作ってる人もいる、ペンキ塗ってる人もいるの。
色んな人がいて成り立ってるのね。
それを、学校行っちゃいけないって言ってるんじゃないんだよ。ほんとに行きたい人は行けばいいの。ほんとは行きたくない人も行ってるのね。

だから色んな事で差をつける。
その差をつけてる人ほど苦しいよ。

で、人にいちいち差をつければつけるほど、自分がどんなに、下の人間見て差をつけたってそういう人間は、その差の事ばっかり考えてるから、たいがい人間は下見て生きてないのよ。
自分より上見て生きてるから、もっと学歴の高いやつ、もっといい学校行ったやつ、もっと金持ってるやつ、もっと家柄のいいやつ、そんな事ばっかし考えてるから、上が段々段々重くなってくるんですよ。

重くなればなるほど、背骨に負担がかかってきちゃうの。
だから差を取るの。差を取ればいいの。この差を取ればすっごく幸せになれるの。
その中で、自分が真にやりたい事って何だろう、それを追及してったら、ほんとに楽しい事がいっぱい起きるよっていう事なんです。

だから、こんなもん何日間もね、座禅するとか、飯食わないで頑張る様なものじゃないんです。
それよりも人に優しくできる気持ちがあれば、それで十分なんです。

という事で、悟りの話、短くてすいません、終わります。

 

人類愛、宇宙愛

 

あのね、これは続きの話なんですけど、じゃあ続けてこの話しちゃいますね。

兄弟で差をつけちゃう。お兄ちゃんだから。わかりますよね。
同じケンカしてても、お兄ちゃんなのにって、これって差ですよね。こういう差っていうのはねつけちゃいけないんです。

兄弟の問題もある。親子の問題もある、親戚の問題もあるんだけど、色んな形で差を取ってって。

もっと大きなね、愛って昔は家族愛だったんです。
アメリカ行くとマフィアっていうのがあって、それはね、仲間内の結束がすごいんですよ。
そのかわし、仲間以外殺しちゃってもいいと思ってる人っているんですよ。

それが段々段々この、もっとね、家族愛から大きくなってきて、自分のところの、日本だと昔は豊臣家とか何とか家ってね、一つの集団、一国の国みたくなると、そこの中は異常に仲がいいんだけど、隣の国と敵対するんですよ。
で、今、昔、国政主義って、愛国主義ってのがあったんですよね。

愛国って言うのは、国を愛するんだけど、別に隣の国の人間愛してる訳じゃないから、結構無茶苦茶な事するんですよ。
それと同じように、その差が段々無くなってきて、今は人類愛みたくなってきてるんです。
で、今、人類愛はもうじき終わるんです。

何でかって言うと、人類なんか愛してたって、あんまり木やなんか切っちゃうとね、おかしくなっちゃうんですよ。
そうすると、一つ、宇宙愛とか自然愛みたくしないと、人間だけがいいなら、生きてける時代じゃなくなっちゃったんです。

人類のことだけ考えればいい時代は終わった

だからここんところテンポがすごい速いんだけど、人類愛から自然愛、宇宙愛のようなものにもう一つランクが上がる時代なんです。
じゃないといくら便利だからって、工場からボンボンボンボン排気ガスやなんか出すと、地球の温度が上がってっちゃうんですよ。
で、ここんところ、北の海で温度が1度ぐらい上がっちゃったら、プランクトンができないんですよ。それで鱈やなんかの子供が餓死しちゃうんです。

たった1度違っちゃっただけでね、私達なんか素人だから、考えると、暖かくなったらプランクトンなんかどんどんできて、とかって思いますよね。
ところが寒いところにいるところは、あれが良くているから、あったまっちゃダメなんですよ。
わかります?

だから、我々今は、人類愛だけではいけない、ほんとに時の事も考えなきゃいけない。

プランクトンの事も考えなきゃいけない。
結局、皆で助け合って生きてたんだっていう、宇宙愛みたいなとこへ行く。
それも一つの差なんです。

一つの国家愛よりは、人類愛のほうがいいんですよ。
人類愛ってやってたら、人類だけ愛しててもダメなんだ。色んなものをトータル的に愛していく時代を作らなきゃいけないよ。
だんだん差が取れてるんです。

ここんとこあれでしょ、車でも排気ガス出さないようにしようとかね、工場でも出さないようにしようとか、木はあんまり切っちゃダメだよとか。言うようになってきたでしょ?
これはすごく差が取れてきてるなっていう事です。

兄弟の話から人類愛にまでちょっとおかしいんだけど、細かいところで、心の中でどっかに差をつけてないかとか。
で、その差を取ってく、これが自分達の悟りの修行なんだ。

だから、弟のほうお兄ちゃん見て、俺はお兄ちゃんにはあいつには勝てないんだとか、あいつには負けたくないとか、差があるんだよね。
同じ人間てのは、個性の問題なんですよ。

それぞれに良さがある

最近ジャニーズ系の子が踊り、嵐だとか踊ってるんですね。
あそこへもし私が入ったとしますよ。すると、私すごい人気が出ると思うんです。
普通の人より踊りがゆっくりだから、覚えやすいとかね、なんていうのかな、見てて安心感があるとか、いいとこいくらでもあるんですよ。
あの人のあの位の足なら私も上がってできそうな気がする、とか。いいとこは多望にあるんですよ。

ただそれを、もっと早く動きたいとか、私がこの歳になって、あの子たちと同じ速さで動くことはできないんですよ。
差がつくんですよ。差をつけちゃいけない。あれが必ずしもいいと思っちゃいけないんです。
早すぎてダメなんです。覚えづらい。わかります?
ダメあんなせせっこまくしてちゃ。

やっぱ一人だけ私みたいなのが入ってると、安心感があって、癒し系ですよね。今流行りのね。こういう捉え方ができないとダメなんです。
あれもいいけど我もよし。我もいいけど、向こうもいいんですよ。
だから向こうのファンも残りますよ。全員私のとこ来るとは思ってません。

―― それってひとりさん、仕事も同じだと思うんですよ。よく、私はこういう状況だからとか、それから駅から離れてるからとか、条件が悪いからって勝手に差自分でつけてをつけて、ダメに・・・

いくら離れても、周りに人がいない訳じゃないからね。
別に駅が買いに来るわけじゃないですから。それは個人個人の思い方なんです。

だから私も中学校しか出てないんです。
ただ、中学校しか出てないから、どうこう思わないんです。

早くね、高校で3年、大学で4年、7年早く社会に出てんです。
7年、マラソンでも7年早く走ったら、相当先行っちゃいますからね。そりゃ当然で、私は一番独占ですよと。
各自、自分のいいところを、強気にね、思っていく。

それで、じゃあ大学行ってる人はいけないんですか?って。
だから、私みたいのが大学行くと、大学まで行ったんだから色んなものついてますからね。

えー、ものは色々差をつけるよりも、大学へ行ったら行った時の良さがある。
行かなければ、行かないだけの社会へ早く出た良さがある。

それはお互いがいいんであって、我もいいけど人もいいんです。
私はいいけど、相手が劣ってるとか。私は劣ってるけど、相手は優れてるとかって、いちいち差をつける事は、苦しくなりますよ。
で、それはこう、よしましょう。

あの、うちの、んー・・・ま、いいでしょう。この話はよしましょう。じゃあちょっとだけ。ごめんね、すれちゃったらごめんね。

今日テレビ見てたらね、一つの会社の社長さんが出てきてね、電気消せとか細かい事、すごくケチな事言うのね。
うちの会社ってあんまり言わないんですよ。
今ちょっとクーラー消してるのは、音が入っちゃうから。暑い時はクーラー入れるんですよ。

その人が、自分はケチなんだって言ってるけど、無駄が嫌なんです。
それ聞いてた時に、うちの会社って、そういうことはしないんですよ。

そのかわり、大きい無駄で、うちの会社ってビルもなければ社長秘書もいないんです。
で、ほんとにいるのかなって。あの、細かいね、細かい事ばっかしあれダメだ、これダメだって言ってるけど、ほんとに大きいものでいらないものっていっぱいあるんです。
そのいらないものが結構多いんだよね。

だから細かいものをねなんていうの、お茶は色が出てるうちは味がなくても使えとか、そんなくだらない事言ってるよりもね、まぁそれはいいんだけど。それはそれで個性だからね。
で、それが正しいわけじゃないんです。色んなものがあるってそれが言いたいだけなの。

我と人を判断した時、違いはすごくあるんです。
その違いを見た時、ああやってスピード出して、ああやって踊れたり、ローラースケート乗れるのもいいよなって。
だけど、我には我の良さがあるんだって、そうやって思って生きないとね。

いちいち誰かを比較してね、あの子はすごく覚えが良くて勉強もできてとかっていうのがあるの。
それはそれで素晴らしいの。でもできない人にはできない素晴らしさがあるんです。
ていう、それを多々言いたかったんです。

自分のところがどのぐらい世間とか、差をつけてるか。
人をこけ下ろすのもいけない。差をつけるのも悪い事。
自分から勝手に下りて、あの人には敵わないとか、あの人はどうだとか、勝手に差をつけちゃダメなんです。

で、そういう事をすると、苦しくなってね、一生一回しかないですから。この一生はこれで終わりですからね。
差別の目で見るのはやめましょう。という事です。

いかがでしょう?

 

斎藤一人の不幸は勘違いからはじまる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。