名古屋寺子屋 みっちゃん先生

お弟子さん

―― 続きまして、みっちゃん先生です。みっちゃん先生はいつも明るくて素敵な笑顔で会う人の心を本当に幸せにしてくれます。『斎藤一人とみっちゃん先生が行く』の著者でもあります。

―― 講演のタイトルは一人さんとみっちゃん先生のふしぎな話です。みっちゃん先生よろしくお願いいたします。

はい、こんにちは。みっちゃん先生です。

私は他の10人のお弟子さんの中で一番の自慢とできることは、私が小さいとき本当によちよち歩きの時から一人さんとは知ってたということが唯一の自慢で自慢っていうのはそれだけなんですね。

それで、一人さんとはいつも会うときにもいつも優しくて、なんて言うんですかホッとさせる素敵な人だったんですね。
それでいつも褒められていたっていうことが唯一の私の励みでした。

私は一人さんの仕事を今させていただいていますけれどなんと言ってもね、どんな仕事でも良かったということで、一人さんのそばにいられたらどんな内容の仕事でもいいなと思ってついてきましたから、今嬉しいです。
で、今やっている仕事はねホントに楽しいですけれど、なぜ一人さんといるといいかというとですね、ほんとに気持ちが楽になって安心できるっていうことが一つなんですけれど、その他一緒にいると不思議なことがたくさんおきます。

その不思議なことの中から私なりにいろんなシリーズがあるんですけれど、今日はねお墓の話というのをさせていただきます、よろしくお願いいたします。

 

お墓の不思議な話

 

今からですね、20年前にうちにとって大変な事件が起きたんですね。
それはうちの父がですね、急に息が苦しくなって突然苦しがって救急車を呼ばないといけないということになって、救急車は間に合わないからとりあえず自動車で病院に連れて行ったんですね。
そして息が付けない呼吸困難というのになってしまったんです。

で、まだ一人さんの仕事をしてなかったんですけど一人さんにお父さんがこういう状態なんですけど何でだろうってきいたんですね。
そうしたら一人さんって不思議な人ですから私の顔をジーッと見て、みっちゃんの家のお墓のそばに大きな木があるだろうっていうんです。

それで私も田舎のことを思い出したら本当に木があったんですね、それでその後その一人さんがそのお墓の木の根っこが、骨瓶のところを取り巻いてて、締め上げているからそれで苦しがっているんだよって教えてくれたんですね。
もしそうだとしたら掘り返して根を切らないといけないよって言ってくれたんです。
私も父にはまだ長生きしていただきたかったのでシャベルとのこぎりをもって田舎に出かけました。

私には兄がいたんですけれど兄は小さい時に亡くなって、そうですね10日くらいで亡くなったんですね、で、要は普通お墓には墓石っていうのがあるんですけれど、うちは両親まだ若かったので墓石がなくって土の中に骨瓶だけを入れていたんです、埋めていたんですね。
その埋めといて要は私はそれを深く堀りだしました、そしたらその小さな骨瓶がね、出てきたんですけれど、やっぱり一人さんが言っていたようにその骨瓶の周りを絡んでて締め上げるように縛り付けてたんですね。
それをね外したんです、そうしたら本当に嘘のように父が良くなったんですね、ありがとうございます。

で、私はね本当にその時に世の中って不思議なことがあるんだなって思ったんですね、で、お墓の話ってこれだけなんですけれど、まだねいろいろあるんですけれど機会がありましたら一つずつお話させていただきます。

今日は私の体験した本当の出来事っだったので話させていただきました、またこういう機会がありましたらよろしくお願いいたします。
今日はこんないい機会を作っていただきましてありがとうございました。

ありがとうございます。

―― みっちゃん先生ありがとうございました。もう一度大きな拍手をお願いいたします。

 

名古屋寺子屋 宇野先生

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。