斎藤一人の未来は勝手にやって来る話

ひとりさん

はい、こんにちは。
はい、一人さんの独り言のお時間でございます。

未来は勝手にやってくるっていうことなんですよ。

で、これはね、わかる人には凄くいい話です。
で、わからない人にわからせることは私にもできないぐらいのテーマですから、出来るだけわかりやすく話します。

 

未来からは逃げられない

 

時計の針がですね、カチカチっと前に進みますよね、そうすると、よく過去は忘れよう、人間は未来に向かって進もうっていう言葉聞いたことありますよね、非常に格好よく聞こえるんですよ。

ところがですね、問題はそこなんですよ、ね。
未来へ向かって進もうって言ったとき、じゃあ、進まなきゃ未来は来ないような気がするんですよ。

だから最近家から出ないやつがいるんですよ、ね、家の中隠れちゃってパソコンやったりとかなんかやったりとかする、メールやったりとかしてるんですよ、ね、嫌なことあったら隠れてればいいと思うんですよ。
ところが、問題はそうじゃないんですよ、時計が、勝手に人間が作ったとか、ああいう構造に作ったからこう行くように見えるんですよ。

ところが、実際には私がここに座ってるんですよ。
でも、時が向こうから来るんですよ。
で、未来は私のところ来て、今、で、もう、もう、今、今、って言ったところで後ろに下がってくるんですよ、過去になるんですよ、ね。

っていうことはどういうことですかって言うと、未来は向こうから来るんですよ、ね。

で、人生に於いていくつかだけ、勝手に人間が決めたことがある。
それが、普通の人は中学卒業して高校受験、ありますよね、人によっては中学受験する人もいる。
だから、高校受験は何年先って決まってるんですよ。
だから、それに合わして目標に合わして未来に進んでるようなものなんですよ。

でも、そんなの一生の内何回もなんですよ、人間が決めたことで、高校受験なんていうのは、人間の歴史の中でね、本当に浅いんだよ、リンゴの皮よりまだ浅いんだよ、ね。
有史時代あんなの無かったんですよ、ね、そんなのわかりますよね、つい最近の話、最近その方法が出来たんです。

すると、そこに向かって合わして進んでるから、さも自分が進んでるように思いますよね、でも、そんなのは例外です、ね。
ほとんどの子どもっていうのは、何ていうの、明治ですか何かこうやる、カチャカチャやってる、ね、家に隠れて何かやってると、ね、自分は隠れてるつもりでいるわけね、隠れてたって一日経ちゃ一日分歳を取るんだよ、ね。
そんなことやってる間に、あんたに飯食わしてる親は歳を取って死ぬんだよ、ね。
問題っていうのは勝手に起きるようなもの、向こうから来るんですよ。

時間は勝手に進む

ね、だから、怖れるのもいい、みんな怖がりだよね、私だって怖いんだよ、先なんか進まなきゃいいと思ってるんだよ。
ね、人間て死んじゃったって、死んだままじゃないんだよ、一ヶ月ぐらい経って掘り起こしてみな、半分腐って無くなってるんだから。
人間死んだって風化もするんだよ、だから、全部進むんだよって、ね。

その時に、あと一年後に高校行くのよ、勉強しよう。
で、勉強した結果、出た答え、ね、受かることもあれば落っこちることもある。
ね、自分の力、ね、人知を尽くして頑張ったんだからあとは天命を待つだけなの。

そんなのは例外なんですよ、ほとんどの場合はこっちは何も望まなくても向こうが来るんですよ。
ね、誰だって顔にしわができて欲しいとか思ってないんだけど、勝手に進むんですよ。
人によっては諦め、諦めるやつもいれば、しわを伸ばすやつもいる、いろいろいるんだよ。

でも、人生っていろんなことが起きる、仕事でも何でもそうです。
自由化だって来るの。

やっと日本って良くなったなとかって思ったらら、今度は海外の方が良くなったら海外から安いのがぼんぼん入ってくるの。
その結果、潰れちゃったりする会社が出てくるの。
いろんなことが起きるんですよ。

ね、だから今最近ユニクロがあんまり安い物入ってくるんでタオル業界で、だめになりそうで、規制しようじゃないか、って話しが出てるんですよね。
わかります?
で、今のところは規制されない、ね、何故かというと、みんなが安い物買いたいからです。

ね、そしたらタオル屋の会長さんかなんかが、安かろう悪かろうじゃないんだ、ね、結局安くて良くない物を使ってたらあんたら損じゃないかって言ってるんだけど、この人話し下手だな。
ね、誰だって安くていい物がいいに決まってるとかってみんな言い出すよね。

そうじゃないだろう?
タオル業界が全部潰れちゃうと、就職出来ない人がどのぐらい世の中に出るのかっていう話なんだよね。

だから、アメリカなんかもっとそこまで進んじゃってるから就職出来ない人が十パーセントぐらいになっちゃうと、この業界守らないと就職出来ない人が何人出るか、すると、物は安く買えたとしても、就職出来ない人が膨大に出た場合、経通が物凄く悪くなっちゃうんだっていう、その問題なんだよね、タオルがいい製品か悪い製品か論議してる場合じゃないんですよ。

で、テーマがずれちゃってるな。
ごめんなさいね。

だから、タオル業界の人もそういう時代が来るんだ。
そしたら、商人はそれならそれを読み取って、自分もユニクロみたいなことすれば良かったのか、ね、自分のとこは本当にそれが出来ないんだったら、じゃ、家族でやろうとかっていう対策を考えなきゃいけいんだ。

天命に任せて人知を尽くす

要は、自分が望もうが望むまいが、来るんですよ。
高校受験なんか受けたって受けなくたっていいんですよ。
私は行かないんだったら推薦もらって入れるとこ入るんだ。

で、そんなものはね、人生の内一つか二つしかないんです。
ほとんどの物は向こうからやって来るんです。
その時、我々の心構えは、ね、天命に任せるの、来る物は天命なの。

向こうから来る問題って決まってるんですよ、やって来るの。
で、これがやって来たら、どんな問題が来ても自分が出来ること、全力を尽くしてやる、自分が解決出来ない問題なんか起きっこないんだ、神様が出す問題は全部自分に出来る問題なの。

ね、だから、もう天命に任せる。
来るのはあんたの勝手だ、いくらでも来なさい。
それに対してこっちでは出来るだけのことをする。
天命に任せて人知を尽くす。
ね、その心構えじゃないとやってけないんです。

時はね、こちらから進むんじゃないんです、向こうから来るんです、だから、逃げられないんです。
ね、電柱に隠れても時はやって来るんです。
ね、だから、時を止めることなんか出来ません、タイムマシンもやって来ません。

どんな事をしてもやって来るんです。
その時自分がどうやって対処するかしかないんです。

で、そのことがわからないと、仕事も出来ない、何も出来ない、もう怯えて生きるしかないんです。
怯えてたら来ないんじゃないんですよ、怯えてようが怖がってようが、来るんです。

だから、来たものと正々堂々と持てるだけの力を持って戦うしかないんです、ということなんです。
だから、一人で戦うのが辛いって言ったら、みんなで仲間を集めりゃいいんです。
ね、ウチの会社みたく、みんなで協力し合って戦おう、それもいいんですよ、でも問題は起きないで欲しいんです、誰だって起きないで欲しいですよ。

でも、問題は起きるんです。
だから起きた問題を、レモンを、砂糖を入れれば、レモネードに変えるんです。
とても酸っぱくて飲めないような物をちょっと変えれば、変化とはチャンスなんです。

ね、だからこの変化とはチャンスなんだ、望まなくても来るんだ、それに向かって我々はここにいるだけでも次から次といろんな問題が起きるんです。

ね、私なんかちょこっと話しただけでも今テープ録られてるんですよ。
で、これも起きて来たことなんですよ、で、これも仕方がないんです、で、それを人知を尽くすんです、天命に任せて人知を尽くす。

天命の方はいじれないんです、我々が何とか出来るのは、自分で尽くす人知だけなんです、ということなんです。

このように書いてある未来は、向こうから来るんです。
だからあなたが進まなくても決まってるんです。
望まなくても来ます。
その事を覚えておいてください。

はい、一応終わります。

 

斎藤一人の好き嫌いの話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 20日
  2. 2018年 3月 27日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。