名古屋寺子屋 宇野先生

お弟子さん

―― 続きまして宇野信行先生です。宇野先生はまるかんでは神様仏様宇野様と言われるくらい温和で心優しい方です。

―― 講演のタイトルは大安心(だいあんじん)です、宇野先生お願いいたします。

こんにちは、ドキドキしてるんですよ。

私も最近プレゼントをもらいまして、それは夢という形で私は受け取りました。
今日は夢の話をしたいなと思ってしますのでよろしくお願いします。

 

一人さん天使の話

 

夢の中で私の隣にある男性が立っているんです、あれ?顔をみるとなんとヨン様、ヨン様が立っているんです。
なんで立ってるのかなと思って、そうするとすごい足音が聞こえるんです。
足音の方をみるとなんと私とヨン様を目掛けて千人の女性が走ってくるんです。

ドドドドドドドドドドド。

私も男ですから、わぁ私のところに来るのかなと思ったりなんですけど、ドドドドドドドドドドとヨン様の方に999人、あ、私の前には女性が1人・・・男性ならねわかっていただけると思うんですけど、まぁ文句言いますよね。
同じ男なのにとか、ね・・・ついてるものも一緒だろとか、まぁ足の長さもね、20センチぐらいしか違わないんですけどブツブツブツブツ文句言っていました。
そうすると天がぱっと明るくなって、なんと天使が降りてきたんです。

パタパタパタパタパタ、パタパタパタパタパタ、パタパタパタ。

その天使の顔をみると、あ、一人さんだ、でもねその時笑ってしまったんですよ。
顔は一人さんなんですけど、身体が赤ちゃん体型の天使なんですよ。
それも顔は1の体が1、2頭身天使って言うんですか、うわぁ・・・ちょっと重たそうだなっと思ったんですけど、パタパタパタ、私の目の前まで飛んできていつもの優しい声で、

「のぶちゃんよ・・・わかるよ、のぶちゃんの気持ちはよ、そりゃさ、もうちょっと来ると思ったよなぁ。
 でもさ行っちゃったんだからさしょうがないわな、ヨン様の方向いてブツブツブツブツいうよりもまずさ、のぶちゃんがやらなきゃなんないのは、目の前に立ってくれた女性に私を選んでくれてありがとうございますって言わないと目の前の女性もいなくなっちゃうよ、なあ」

一人さん天使、ありがとうございますというと一人さん天使がじゃぁまた来るよー、パタパタパタパタ、パタパタパタと天に帰って行きました。

あのこれ、くれぐれも私の夢ですので。
場面は変わります。

運転してまして赤信号見てイライラしてるんです、それで青に変わってスタートするとまた1個目の信号で赤信号で停まる、またイライラしてる。
その時また天がパッと明るくなって一人さん天使がパタパタパタパタ、パタパタパタと私の目の前まで来て、

「のぶちゃんよ、そんなに赤信号ばっかり見てても青に変わんないよ。
 それよりさ、ちょっと目線変えてみな、ほら信号機ばっか見てないでもっと下の方見てみな、ほらもっと下もっと下・・・ほら横断歩道にのぶちゃんの好きなミニスカートの女の子が歩いているだろう、ほら歩道見てみな花壇綺麗だよ。
 な、同じ時間、同じ場所、目線を変えると自分が楽しめるものっていっぱいあるよ、な」

一人さん天使、またまたありがとうございます、っていうと一人さん天使がまた来るよーじゃぁね、パタパタパタパタ、パタパタパタと天に帰って行きました。
ぱっとその時目覚めたんです。

またいいプレゼントを頂いて、夢の中も起きている時もいつもいつも助けていただいてありがたいなと思ってました。

私が一人さんと初めて出会った頃は両親の豆腐屋を手伝っておりました。
色は白なんですけど、当時は白衣、ズボンはジャージですね、長靴を履いてはなゑちゃんのやっていたトムソーヤという喫茶店に一人さんが来てるというと、まぁお店のね原付バイクでブーンと出かけてって話を聞いていたと。

初めに教わったのが顔に艶。
でもねその当時はクリームすら顔につけたことがないんですよ、そういう男ですからうちに帰ってこうやってうちの中見渡しておふくろの使っていたピンク色の桃の花っていうクリームをちょっとつけてね、艶出してみたり。

その次は光り物、光り物付けるんだよー、その当時は光り物はつけたことはございませんでした、恥ずかしい恥ずかしい、本当に米粒大、光り物つけて・・・恥ずかしいんです、豆腐屋の白衣の上からつけてました。
お客さんが来るとね隠してみたりして。

でも、素敵な仲間が周りに居ましたんで今度これつけたら?今度これいいよ、今度これどうだい?だんだん言ってた時に今はこういう形になっております。
とても一人ではここまでこれませんでした、いつもいつも仲間が助けてくれました。
艶の時もきらきらの時も今日足んないよ、どうしたの?今日艶いいね、その光り物いいね、今日付け忘れてるよ。
いつもいつも励ましてくれました、本当にありがたいです。

そして2ヶ月くらい、顔に艶、キラキラをつけたときに2ヶ月たったらオヤジからもらっている給料が1万円上がったんです。
でオヤジに聞いてみました、どうしたの?1万円上がってるよ、って言うとオヤジは豆腐屋の売上上がったんだよって。
でいくら上がったのって聞いたらニヤっとしてね、なんにも言ってくれなかったんですけど、その週末オヤジとおふくろは温泉旅行に行きました。

これからね数々夢を見ると思います、その夢の中で、パタパタパタパタ、パタパタパタパタと音が聞こえたら多分それは一人さん天使です、楽しみにしててください。

今日は本当にありがとうございました。

―― 宇野先生ありがとうございました。もう一度大きな拍手をお願いいたします。

 

斎藤一人の貧乏波動の話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 15日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。