斎藤一人の「特別な人の話は役に立たない」

ひとりさん

―― さて、みなさん、大変にお待たせ致しました。最後を飾って下さるのは、もちろん、斎藤一人さんです、大きな拍手でお迎え下さい。

本日はありがとうございます。
今聴いてて、私のお弟子さんの話、ほんとに最高でした、うれしいです。

私はふだんは講演会はやらないんです。ありがとうございます。
最近ファン層が広がってきました。
やらないにはやらないだけの訳が・・・ありがとうございます、最近子どものファンが凄く多くて。

今回、千葉さんが本出しました。

ひとりさんちょっと来て下さい、ちょっとだけ話して下さい、って私岐阜まで呼ばれました。
あぶないな、昔同じような手くったことあるな。
岐阜へ行ったら、「隣まで来てくださいよ、近くまで来たんだから、隣まで隣まで」、私は鹿児島まで連れて行かれました。

それはそれでいいんです。
今日もそうなんですけど、どこの会場でも一番最初に言われる言葉があります、それが「ひとりさん、300円下さい」と。

私は300円払ってしゃべっております。
ちなみに、ほんとに電車賃からホテル代、扇風機私持ってきました。

いいんです、もう、言えば気が済みますから、言やあ、気が済みます。

 

特別な人の話は役に立たない

 

今ね、全国的に寺子屋やってます、ここに書いてあるような。

「ひとりさん何したいんですか」っていう人がいるんですけど、私何もしたくないんです。
本当にね、私、人の話聞くのが好きなんです。
特に普通の人の話っていうのは、ものすごく役に立つ宝物みたいなんです。

通常は、講演会っていうのは、特別な人がするんですけど、実は特別は人の話って役に立たないです。
何故かって言うと、特別だからなんです。
そこへいくとね、普通の人の話しつうのは、普通の人がすぐに役に立つ話ばっかりなんです。

例えばなんですけど、特別な話しって言うと、日本はもう、日露戦争っていうのをやったんです、明治時代ですよね。
もちろん参加した方もこの中におられると思うんです・・・いないね。

日本海海戦っていうのもありました。これはもう歴史に残る、世界の歴史に残るような戦いが日本海で行われたことがあります。
敵の艦隊はね、バルチック艦隊、それを迎え撃ったのは日本の連合艦隊なんですけど、隊長が東郷平八郎さん。
あの人に「すいませんここへ来てちょっと話してください」って言うと、そりゃあもう気さくな方ですから、「いいよ、ここで話せばいいんだね」ってやってくれます。

敵のバルチック艦隊はまっすぐ攻めてきた、我が軍は真横になった、そして敵を殲滅した。
「そうか!」と、いくら感心して家に帰っても、家に戦艦がある訳じゃなし、家で待ってるのはロシア軍より強い奥さんだったりして。

だからね、大体ね、特別の人の話って役に立たないんだよ、そこいくとですね、普通の話は、普通の人の話って違うんです。

私ねえ、うつ病だったんですよ、それがこんなことしたら治っちゃった。
例えば、今の年間3万人くらいの方が自殺してるんです。
皆さんは、生きているっていうことは、どうやったら自殺しないでいられるか本当は知っているんです。

いろんな方が講演会来て話してくれます。

例えばなんですけど、「ほんとに私辛くて、自殺しようと思ったんです、本当に辛かったんです、私は舌を噛んで死のうと思ったんですけど、ちょうどその日、口内炎ができてたんで諦めました」とか、こう、手に汗握るようなすごい話が聞けます。
どこの県でも月に1回ぐらいやってますから、来て聞いてください。

そして、この程度の話しなら私にもできる。
話して下さい、300円払って話しで下さい。
そうすると、私の気持ちが判ります。

ただいまから、講演会が始まります。

 

斎藤一人の常識の上の話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 26日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。