名古屋寺子屋 斉藤一人先生 不幸は勘違いから

ひとりさん

不幸は勘違いから始まるっていう話をします。

私東京の砂町という所に、一人さんファンが集まる店通称「ついてる神社」ってのをやってるんだけど、知っている人いるかな。
こんなに居たありがとうございます。
行ったことある人、行ったことある人。
こんなに居てくれてありがとうございます。

いった人ならご存知だと思うんですけど伊勢神宮がちょっとちっちゃくなったていう、そんな感じの神社です。
総面積6坪、見渡す限り神社という。
6坪のちっちゃいお店です。

そこの中にテーブルが一個だけあります。
そこに皆腰かけて全国から来た人で一人さんの話したり、テープの話したり、そんなことしてます。
入場無料です、お茶菓子代は私が出してます。

そこにちっちゃい神社があります。
ほんとにちっちゃい神社なんですけれど、ジョークで作ったもんですからお賽銭はいらないけど御利益がありませんていう紙が貼ってあります。
紙のほうが神社よりデカめです。

不幸は勘違いからって話なんだけど御利益ありませんって書いてあるのに、そこにお参りしてお茶の水女子大を受けて受かった人がいるんです。
それで、お母さんとわざわざお礼に来てくれたの。

あれは間違いなく実力です。
うちの神社をお参りして受かった人は間違いなく実力ですから、自信を持って生きてください。

今日の話はそれじゃないんです。
今日の話なそれじゃないんですよと。

 

不幸な人は「許す」ことができない

 

不幸な人はね、誰か許せないんです。
誰か許せないか、自分が許せないの。
それで、許せない状態で幸せってなれないんだよ、ね。

だからもう許してやんなっつって。
え、許せないんです。

もういいじゃないか許してあげなっつうと、でもね、一人さんね、あの人私にね、こんなことしたんです。こんなこと言ったんです。だから私許せないんです。

あの人のこと考えると夜も寝られなくなっちゃうんです。
ご飯も食べれなくなっちゃうんです。
だから私許せないんです、と。

ああそう、はっきり言うよ、相手は寝てるよ。

自分のね、魂のステージあげてとかね、心を広くして人を許そうとかっつってんじゃないの。
あなたにね、傷つけるようなことを言ったような人間ってどこでもやってるの。
そういうことしか言えないの。
そういう性格なの。

ホントにね、自分がそういう風に生まれなかっただけでありがたいなぁと思うしかないんです。

そういう人間あっちもこっちも言ってるからね。
あの人私にこんなこと言ったの、謝りにも来ないの。

来ないよ。覚えてねぇんだから。

人間てね、自分のこと悪いと思わない性格があるの。
まったくあの人悪いんだから、みんなもこうやって言ってるよっつっても、当人はなんつってるかっつーと、当人は、だめだよ俺も人が良くて。

だからやめなって、ね。
3年許せないんです、5年許せないんです。
許せないってことはその人のこと考えてるんだよねって、ね。
なんで、嫌いな人に自分の大切な時間を捧げる必要があるんですか。

3年許せません、5年許せません、10年許せません、ね。
許せない許せないと言いながら、自分の大切な時間をなぜその人に捧げるんですかって。
ホントは愛してるんでしょう。

大切な時間を捧げながら、嫌って嫌って嫌って、呪って呪って呪って、ホントに呪っちゃう人いるんです。
一人さん、ずーっと呪ったら、呪いって効果があるんですかって言う人いるんです。

残念だけど呪いは効かないよ。
ホントに毎日毎日毎日相手を呪って、相手にこの呪いが届くまでに、実は100年かかるんです。
それで「のろい」っつんですよ。

自分を好きになろう

人生ってね、公園散歩してるようなもんなの。
公園散歩しててきれいな花壇があるな、こっちの花もきれいだな、こっちの花もきれいだな、あ、犬のクソがあった。
今日は敢えてクソという言葉を使います。
犬のクソがあった。

でも、10年間の間にはあなたに親切にしてくれた人もいたはずだよね。
あなたに優しくしてくれた人もいたはずだよね。
それなのに、そういうことは一切忘れちゃって、この犬のクソのことだけをずーっと考えて、あのウンコこういう色してたのよ、こういう形だったのよ。

色、ツヤ、形。
詳しく説明されても、聞いてる人も辛いんです。
だからやめよう。

大切な時間を嫌いな人間に捧げるのはよそう。
自分の、自分に優しくしてくれた人に捧げよう。
ただそれだけです。

あと自分が嫌いな人います。
好きになりなっつって。

だめなんです、私こういうことがあります、親にもこう言われました、学校の先生にもこう言われました、先輩からもこう言われました。
私ってだらしないとこがあったり、駄目なとこがあるんです。
だから自分をね、好きになれないんですと。

ああこの人も勘違いしてる、人間ってしっかりした生き物じゃないの。
うっかりした生き物なの。
だからしっかりしようと思ってもできないの。

あなたに細かく注意してくれたお母さんも実は大したことはないんです。
色々言ってくれた学校の先生もそうです、私たちもそうです。
先輩らなんかもそうです。
得意げに叱ってくれたけど、苦手なことやらせっと逃げちゃうんです。

みんなそんなもんだよ。
だから自分を好きになんなって。

隣のおじさん嫌いでもいいです、引っ越せますから。
自分が嫌いだと引っ越すことができないんです。

でも、ホントに困ったとき、ホントに辛いときに、自分を助けてくれる人って自分しかいないんですよ。

冬の寒い朝です。
眠くて眠くて仕方がないとき、あなたの代わりにおしっこに行ってくれる人がいますか。
最後の最後に頼れるのは自分ですよ。

だから、自分を大切にしてあげてください。

以上です。

 

斎藤一人の好き嫌いの話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 13日

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。