100人に1人で大成功!してはいけない執着とは?

ひとりさん


おはようございます。
今から話す話は、人は天に可愛がられているという話をします。

これが分かると、あー、そうか、いとも簡単にこんなに幸せになっちゃうのかっていうこと
ですね。
そういう話をします。

相手へ執着してはいけない

まずはちょっと関係ない話なんですけど、やがて繋がってきますからね、聞いててくださ
い。

世の中には執着しなきゃいけないものと、しちゃいけないものがあるんだよ。
テレビやなんか見てて、こう、殺人とかあるんですけど、意外と多いのは別れ話。

お互いが最後にはこう言い合って、俺が正しいいとか、お前が正しいとかってなっちゃうん
ですけど、あまり相手に執着しちゃだめなんです。

どういうことですかっていうと、こっちが正しい、あっちが正しいって言ったって、仲が悪
くなってきたら別れれば良いだけの事で、あまり執着しちゃいけないんだよねっていう事を
言ってるんですけど。

どっちが正しいとかって言いだして執着しちゃいけないんだけど、執着しなきゃいけない
事って男女間で何があるんですかって言った時、相手が幸せになればいいんだ、人を幸せに
したいって事に執着すれば良いんだよね。

だからその人が一生懸命幸せになる事でがんばっていくじゃない、そうすると、それでも別
れたいんだったら、別れりゃ幸せになるんだよね、相手が。

だから相手が幸せになる事に執着しなきゃいけないんだよっていう事を言いたいんだよね。

仕事に一生懸命執着することが必要なので、一生懸命仕事に執着するのは良いんだけど、執
着しちゃいけないものってなんですかって言った時、仕事って人様の役に立つ事が何かある
ようになっているんだよね。

ところが、それが儲からないとすると、今まで古いやり方に執着しちゃいけないんだよね。
常に新しいやり方を出していかないといけないんだよ。

あまり執着しちゃダメだよね。
ところで、なぜ人は変な事に執着しちゃうんだろ。
自分の意見に執着する。

男と女でも、どうしてもお前は俺のそばにいてほしいだとかっていう、結局、自分に執着し
ているんだよね。

この世の中って間違いは自分に執着しすぎると間違いが起きるんだっていうことをいってい
るんだよね。

で、このテープのあなたは天に可愛がられてるって、何が言いたいんですかっていうと、あ
なたは自分の事に執着してるけど、自分は実は神に守られているんだ。

いいですか。
あなたがどのくらいい守られているか言いますよ。

あなた今、息しているけど、その空気、吸おうと思って吸っているんじゃないよね。
黙ってても吸っているんだよね。

もうちょっとたってくると、きっとあなた、お腹減ったって言い出すんだよね。
お腹が減るとお腹が減ったって分かるように出来ている。

でね、食べたものが勝手に排出、消化吸収してくれておしっこになったり、うんこになった
りして出てくるんだよね。

別にあなた努力してないんだよ。

努力してなくてもちゃんと消化吸収して、おしっこがしたくなるとおしっこって、うんこが
したくなるとうんこってわかる。

暑けりゃ汗をかくよね。
寒くなれば寒いなあって。

寒いのが分かんないで、そのまま凍死しちゃいましたって、それは山の中で極限的な状態で
もあればおきるけど、寒かったら服着るよね。

暑けりゃ脱ぐよね。
おおよあなたの事はほっといてもちゃんとそういうふうになるように出来てる。

分かるかい。
そうすると、それ以外の事は周りにいる人、愛情ってのは愛と言って自分をあまり愛する必
要ないよって。

あなたは神に愛されている。
あなたが愛さなきゃいけないのは周りの人なので、周りの人にその愛を分けてあげなって。

よく一生懸命テープを入れてて、何か得があるんですかって。
別にいないの、売るわけでもなきゃ、何でもないんだよ。

頷く話だって、こうやって頷いてたりいろいろするんだよ。

自分ではなく周りを愛する

執着って話になるんだけど、ひとりさんの話はよく聞いてくれるけど、よく話聞いてもらえ
ない人っているんだよね。

それってなんでだろ。
もったいつけてしゃべるとか、偉そうにしゃべるんだよ。

だから、そう会話を通じて自分を偉く見せようとするんだよ。

あまりにも相手の為に一生懸命、一生懸命ねしゃべってる人と、自分を偉く見せようと思っ
てしゃべってる人ってえらい違うんだよ。

だからそんなことをしなくったって天はあなたを可愛がっているんだから、もうあなたは周
りの人に出来ることをすればそれで良いんだよ。

わかるかい。
天は我を可愛がってくれるんだから、だから余ってる力は人様の役に立とうって。

自分の事を考えないで人の事を考えてやんなとかって言うと、一銭にもなんないことしたく
ないって言うけど、そういう考えだからお前一銭も持ってないんだよ。

いくらか貰ったら、人が感心するような話出来るのかって。
試しに1万円やるから喋ってみろって、ろくな話できないんだよ。

くだらない事言ってないで人様の喜ぶようなことしろって。
いいかい。

さっき会社でも、うちの会社古い体質だから、いや、俺は年寄りだから、っていう人いるん
だよ。

だけど、人間は成長する動物なんだよ。
千年も立っているような木だって、縄文杉だって、去年と同じ葉っぱがついているわけじゃ
ないんだよ。

千年前と同じ葉っぱが付いているわけじゃないんだよ。
楠木千年今年も変わらぬ若葉かなって。

新しい葉っぱが出るんだよ。
で、木にとって葉っぱだよな。俺たちにとっては言葉なんだよ。

言葉っていう葉っぱなんだけど、これが去年と同じ事言ってたら死んでる木だよ。
10年前でも常に新しい言葉、新鮮なのが出ていれば、古い会社だってのびのびしているん
だよ。

のびのびしている会社は必ず、新しい事が出てくるんだよ。
天に俺たちは可愛がられているんだから。

天に可愛がられている自分の力を使って、すべてで自分を可愛がっていると、天から見てよ
うが、周りからみてようが、見苦しい。

自分は天から可愛がられているんだから、少しは周りの人のね、事を考える。

いいかい。
オシャレしちゃいけないんだ。

オシャレだって自分の事だけ考えてる人と、人が不愉快にならないように、人が爽やかに思
うようなオシャレ。

それがへたな奴だと、私のやつ、このオシャレどうだと、人に自慢して人をやっつける事ば
かり考えるのよしなって。

人をやっつけたいってのは自分が可愛いからだろって。
あなたはすでに天から可愛がられているんだから、そんなにまでして自分を可愛がる必要な
いの。

それで周りに向かって愛情を出して。
それでもう一つ、毎年毎年もう年だからとか、もういくつだからとか言わないで。

木だって新しい葉っぱ出しているんだから。

まして万物の霊長の人間が常に新しく青々して、みずみずしくて、あの若葉を見たときに、
うわー、きれいだなって思うような言葉を出してください。

それが天から可愛がられている俺たちが出来る事なの。

なんかこのテープ支離滅裂になっちゃったかもしれないけど、とりあえずはひとりさんは今
日も一生懸命喋ってるから、それに免じて、これも百回聞きましょうってことです。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。